サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

独自のテーマと自由な選書でブックツリーを生み出すブックキュレーター

連載ブックキュレーター

ユニークなテーマで複数のブックツリーを展開するブックキュレーター

朝日新聞「好書好日」編集部

朝日新聞「好書好日」編集部

あさひしんぶんこうしょこうじつへんしゅうぶ

朝日新聞社が2018年6月にオープンしたブックサイト(https://book.asahi.com/)。朝日新聞読書面の書評をはじめとした新聞記事や、ライフ&カルチャーにひもづけて本を紹介するウェブオリジナル記事を掲載。

朝日新聞「好書好日」編集部 一覧を見る

つづきを見る

「好書好日」な日々を送る人のためのブックガイド

『恋する』『旅する』といった読者の行動にひもづく本の分類をしている朝日新聞のブックサイト「好書好日」。読みたい本を見つける道しるべとして、広く本を紹介していきます。hontoブックツリーと「好書好日」が、共通のキーワードで選書し合う往復ブックガイド『選書往還』は、「好書好日」サイトで連載中。

哲学読書室

哲学読書室

てつがくどくしょしつ

知の更新へと向かう終わりなき対話のための、人文書編集者と若手研究者の連携による開放アカウント。コーディネーターは小林浩(月曜社取締役)が務めます。アイコンはエティエンヌ・ルイ・ブレ(1728-1799)による有名な「ニュートン記念堂」より。

哲学読書室 一覧を見る

つづきを見る

今の時代に、敢えて踏み込む思索の森

正解を性急に探すより、逡巡し逍遥する道を。声高に即効を競うより、悩みつつ掘り進む道を。哲学読書室が贈る、気鋭のそして選りすぐりの選者たちによる、必ず滋養となる本の数々。

藤岡みなみ

藤岡みなみ

ふじおかみなみ / タレント

1988年生まれ。上智大学総合人間科学部社会学科在学中からタレント、エッセイストなどとして活動。2015年ラジオ番組表好きなDJランキングAM部門第1位。本屋に住むのが夢で自宅を書店のような空間にすべく少しずつ改装中。特に好きなジャンルは日常SF、ノンフィクションなど。著書に『藤岡みなみの穴場ハンターが行く!in北海道』(北海道新聞社)、『シャプラニール流 人生を変える働き方』(エスプレ)がある。

藤岡みなみ 一覧を見る

つづきを見る

しろくろつけないパンダ書店

こんな人生があったのか!こんな気持ちがあったのか!
いつも新たな扉を開いてくれる本の世界に飛び込んで、白と黒のあいだの無限のグラデーションを見にいきましょう。

井上有紀

井上有紀

いのうえゆき / 港の人 編集者

鎌倉の由比ガ浜にある出版社。2017年に創立20周年を迎えました。詩や文学を中心とした一般書と、日本語学、児童文化などの学術書を手がけています。ちょっと変わった社名は、縁の深かった荒地派の詩人、北村太郎さんの詩集のタイトルからいただきました。会社としてではなく、個人として本を読んだりつくったりしたいと思っているので、「港の人社」ではなく、「港の人」と呼んでください。ホームページ http://www.minatonohito.jp

井上有紀 一覧を見る

つづきを見る

本で遠くを照らしたい、港の人書店

たとえ中身を忘れてしまったとしても、読んだ本は体のどこかに残って、未来のあなたを助けてくれます。長くじんわりきいてくる本を、ジャンルにこだわらずに紹介します。

Pick upブックキュレーター

新規・人気のブックキュレーター一覧を見る

高嶋哲夫

たかしまてつお / 作家

1949年岡山県玉野市生まれ。慶應義塾大学工学部卒。同大学院修士課程を経て、日本原子力研究所研究員となる。1979年、日本原子力学会技術賞受賞。カリフォルニア大学に留学し、帰国後作家に転身。『帰国』で第24回北日本文学賞、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞。2007年、松竹映画・米ユニバーサルピクチャーズ初の共同制作で『ミッドナイトイーグル』が映画化。2010年『風をつかまえて』が青少年読書感想文全国コンクール課題図書(高等学校の部)に選定。2017年『福島第二原発の奇跡』でエネルギーフォーラム賞優秀賞を受賞。

久保寺健彦

くぼでらたけひこ / 作家

一九六九年東京都生まれ。早稲田大学大学院日本文学研究科修士課程中退。二〇〇七年『すべての若き野郎ども』で第一回ドラマ原作大賞選考委員特別賞、『みなさん、さようなら』で第一回パピルス新人賞、『ブラック・ジャック・キッド』で第十九回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。そのほかの作品に、『中学んとき』『GF(ガールズファイト)』『ハロワ!』など。最新刊は『青少年のための小説入門』。

米山公啓

よねやまきみひろ / 作家・医学博士

1952年生まれ。作家・医学博士。専門は脳神経内科。聖マリアンナ医科大学卒。同大学で超音波を使った脳血流量の測定や、血圧変動からみた自律神経機能の評価などを研究。老人医療・認知症問題にも取り組む。1998年に内科助教授を退職し、本格的に著作活動を開始。2018年現在、東京都あきる野市にある米山医院で診療を続ける傍ら、エッセイ、ミステリー、実用書などの執筆、講演、テレビ・ラジオ出演、番組監修など、幅広い活動を行っている。おもな著書に『いつも結果がついてくる人は「脳の片づけ」がうまい!』(小社刊)、『ボケない技術』(かんき出版)などがある。

高井浩章

たかいひろあき / 経済記者

1972年、愛知県出身。経済記者・デスクとして20年超の経験をもつ。専門分野は、株式、債券などのマーケットや資産運用ビジネス、国際ニュースなど。三姉妹の父親で、初めての単著となる本書は、娘に向けて7年にわたり家庭内で連載していた小説を改稿したもの。趣味はレゴブロックとスリークッション(ビリヤードの一種)。

高濱正伸

たかはままさのぶ / 花まる学習会代表

花まる学習会代表、NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長、算数オリンピック委員会理事。1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。『小3までに育てたい算数脳』、『わが子を「メシが食える大人」に育てる』ほか、『算数脳パズルなぞぺー』シリーズなど、著書多数。全国各地で年間約100開催する講演会も好評。ニュース共有サービス「NewsPicks」のプロピッカー。アプリラジオ「ちょっと聞いてよ高濱先生!」を「勢太郎の海賊ラジオ」にて放送中。1959年熊本県生まれ。東京大学農学部卒、同大学院農学系研究科修士課程修了。

倉田真由美

くらたまゆみ / 漫画家

大学卒業後、「ヤングマガジンギャグ大賞」に応募し大賞受賞。 2000年ダメ男を好きになる女たちを描いた『だめんず・うぉ~か~』連載開始。その後も『もんぺ町ヨメトメうぉ~ず』、アイドル漫画『終末アイドルフルフル9』『トーキョーはらへり散歩』『くらたまの恋愛やり直し!!塾』など、多数の漫画や書籍を執筆。 現在は執筆活動のほかにテレビ・ラジオ出演、トークショーと多方面で活躍中。 趣味は読書で好きなジャンルはミステリー、ホラー、好きな作家は貴志祐介、前川裕、小野不由美。

アサトーミナミ

あさとーみなみ / ライター・書評家

平成元年、新宿生まれ、慶應大学大学院修了のフリーライター、書評家。純文学やビジネス本からエンターテイメント小説、漫画、ライトノベルまで、幅広く本を愛し、紙・電子問わず、いつでもどこでも1日1冊は本を読み続ける「本の虫」。大学では近代文学を専攻し、大学院では「本屋のリデザイン」を研究。これからの時代の本との出会いを演出しようと、日々、試行錯誤中。「ダ・ヴィンチニュース」などに寄稿(https://ddnavi.com/author/asatominami/)。

平沼純

ひらぬまじゅん / 花まる学習会

1982年生まれ。埼玉県出身。慶応義塾大学文学部卒、同大学院社会学研究科修士課程修了。2012年に花まるグループに入社。現在、受験部門のスクールFCで国語授業や公立中高一貫コース授業のほか、総合的な学習の時間である「合科授業」などを担当。多数の受験生を合格へ導くとともに、豊かな物語世界の楽しさ、奥深さを味わえる授業を展開し続けている。各種メディアで紹介された『子どもを本好きにする10の秘訣』(実務教育出版)のほか、書籍、雑誌・新聞記事などを多数執筆。読書をテーマにした講演会や連続講座も年間を通して精力的に行い、本を読む楽しさ、物語を味わう大切さを訴え続けている。

のぶみ

のぶみ / 絵本作家

1978年生まれ。絵本を200冊以上出版。NHK Eテレ「うちのウッチョパス」、「みいつけた!」の「おててえほん」、女性セブンで「ごりらかあさん」を連載中。代表作に「ママがおばけになっちゃった!」シリーズ、『このママにきーめた!』、「しんかんくん」シリーズ、「おひめさまようちえん」シリーズ、「うんこちゃん」シリーズ、「うちのウッチョパス」シリーズ、「ぼく、仮面ライダーになる!」シリーズ、『はたらきママとほいくえんちゃん』などがある。「情熱大陸」「世界一受けたい授業」「嵐にしやがれ」などのテレビ番組に出演。毎日インスタグラムを更新中。

辻本達規

つじもとたつのり / BOYS AND MEN

1991年5月17日生まれ。岐阜県出身。名古屋発エンターテイメント集団「BOYS AND MEN」(通称ボイメン)のメンバー。グループとしては、2016年にレコード大賞新人賞を受賞、2017年には日本武道館でのワンマンライブも成功を収め、現在TVやラジオなどでも多数レギュラーを持つ。アーティスト、俳優としてはもちろん、特にスポーツやバラエティ番組で活躍中。ボイメンイチの読書好きとしても知られる。9月12日には新曲『炎・天下奪取』が発売。2019年にはナゴヤドームでの単独ライブも決定。詳しくは、公式サイト(https://boysandmen.jp/)をチェック!

陸秋槎

りくしゅうさ / 作家

1988年北京生まれ。復旦大学古籍研究所古典文学専攻修士課程修了。同大在学中の2014年に短篇ミステリ「前奏曲」を発表し、第二回華文推理大奨賽(華文ミステリ大賞)の最優秀新人賞を受賞した。長篇デビュー作『元年春之祭』がハヤカワ・ミステリより2018年9月5日発売。

高田ゲンキ

たかだげんき / イラストレーター・漫画家

ベルリン在住のイラストレーター/漫画家。1976年生、神奈川育ち。 2004年にフリーランスイラストレーターとして活動を開始以来、Macを中心としたフルデジタルの制作環境を活かして場所や業界慣習にとらわれない自由なワークスタイルを確立。2012年に夫婦でドイツ・ベルリン移住。ブログ『Genki Wi-Fi』(https://genki-wifi.net/)とTwitter(@Genki119)では、自身の仕事術やライフハック術、フリーランス論、人生論、ベルリンの生活の様子、オリジナル漫画などを発信中。2018年8月、初の著書『マンガ フリーランスで行こう!』をインプレスより出版。一児の父。

福音館書店 こどものとも編集部

ふくいんかんしょてんこどものともへんしゅうぶ

月刊絵本「こどものとも年中向き」「こどものとも」を刊行している編集部。『ぐりとぐら』『おおきなかぶ』『だるまちゃんとてんぐちゃん』など、子どもたちに人気の作品もここから生まれました。子どもたちに楽しんでもらえる物語絵本を目指し、1冊にひとつのテーマで毎月刊行しています。

叶井俊太郎

かないしゅんたろう / 映画プロデューサー

映画配給会社「レスペ」プロデューサー。『キラーコンドーム』などのホラーコメディ映画から、日本でも大ヒットした『アメリ』まで幅広い買い付けと宣伝をプロデュース。 ピクトアップ、日刊サイゾーなど雑誌連載コラム多数。 主な著書に映画評論家江戸木純氏との共著『映画突破伝』、『ビッグヒットは五感でつかめ!』、奥様で漫画家の倉田真由美氏との共著『ダメになってもだいじょうぶ—600人とSEXして4回結婚して破産してわかること』など。 ノンフィクションやコミックを中心に1,000冊を超える本を所有。気になる本があれば片っ端から購入するクセがあり、自宅の本棚には本が日々増加中。

栂井理恵

とがいりえ / 作家のエージェント

出版社勤務、舞台芸術ライター、翻訳者などを経て、2005年にアップルシード・エージェンシー(http://www.appleseed.co.jp/)入社。新しい才能やアイデア、埋もれてしまいそうな作品を発掘し、作家のエージェント(代理人)として出版社への売り込みや交渉を行う日々を送っている。この仕事の醍醐味は、自分の興味関心、新しい発見や学びを、作家や本を通じて読者と共有できること。そうして関わった書籍は、文芸・ノンフィクションからビジネス・実用まで、約200冊に上る。これからも個性溢れる作家たちの創作活動の現場を支え、知的好奇心をかき立てられる面白い本を世に送り出していきたい。