サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

hontoレビュー

流転の中将 みんなのレビュー

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac
一般書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

初めて知りました

2021/12/31 20:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ずんのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

松平定敬、歴史好きの人には松平容保の弟で佐幕派の有力大名の一人として知られるが、箱館戦争以降の足取りについて触れられた記録は少なく、自分も全く関心がなかったが大名まで努めた人物が上海まで流れついていたことを初めて知りました。幕末の人物の中で決してスポットライトの当たる人物ではないが、波乱万丈の人生を送った点では有名な偉人と並ぶくらい印象的な生涯が描かれていたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

幕末の混乱ぶりを象徴する大名を描く

2021/11/16 09:07

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

奥山の時代小説なのだが、本書は珍しく幕末モノである。主人公は幕末の桑名藩主であった松平定敬である。といっても幕末通以外にはあまり名の知れていない大名かもしれない。実兄が松平容保で、こちらの方が名が通っている。どちらも王政復古の折に幕府側として抵抗する。

 最後の将軍徳川慶喜を頂点とする幕府は戊辰戦争などでほぼ崩壊していたが、慶喜自身も幕府の総括者としての自覚を失いかけていたようで、幕府側の指揮命令系統は行方が定まらない。主人公の定敬も慶喜について江戸に出てみたり、新潟・柏崎の領地に転じてみたりで腰が定まらない。最後は函館から上海に逃亡するというように逃げ回っていたようにも見える。

 特に定敬自身に問題があったとも思われないのだが、尊王攘夷の運動に翻弄されたのであろう。徳川慶喜ではなく、定敬を主人公に持ってきたところが面白い。この逃亡の過程で様々な史上の有名人とも邂逅する。勝海州、幕府艦隊の榎本武揚などもその例であるが、武揚には相手にされない。

 武士の政権にしては、幕府側に潔さが感じられないが、世間の動きには抵抗できないし、時代の波に呑まれた名門大名だったことが納得させられた。大河ドラマなどで幕末モノがよく取り上げられているが、明治の草創期が為政者達に如何なる混乱をもたらしたかを教えてくれる歴史小説であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

悪あがきの中将

2021/09/07 09:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

幕末期の桑名藩主松平定敬は、神輿となり担がれただけか、あるいは必死に生きようとして、みっともなくても悪あがきしただけなのか。物語を読み終えて、後者だと思う。時代に翻弄されたと言ってしまえばそれまでだが、自ら生きた証は、悪あがきの軌跡でしかないのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/06/20 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/17 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/12 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/12 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/12/29 02:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/05 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。