サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 114件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/12/23
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-764607-3
一般書

電子書籍

輪違屋糸里(下)

著者 浅田次郎 (著)

近藤勇と土方歳三らによる「芹沢鴨一派暗殺計画」は着々と進んでいた。芹沢暗殺は、いわば百姓が真の武士を殺すという凶事。音羽太夫を殺されて芹沢を恨んでいる糸里と土方の心の絆が...

もっと見る

ポイント40倍

輪違屋糸里(下)

03/18まで5pt

税込 641 233pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

輪違屋糸里 下 (文春文庫)

税込 715 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近藤勇と土方歳三らによる「芹沢鴨一派暗殺計画」は着々と進んでいた。芹沢暗殺は、いわば百姓が真の武士を殺すという凶事。音羽太夫を殺されて芹沢を恨んでいる糸里と土方の心の絆が強まる中で、計画を聞いた糸里は、ある決意をかためる。決行の日──予想外の展開が待ち構えていた! 黎明期の新選組の不器用な生きざまと、彼らに翻弄されながらも自らの道を誇り高く生きようとする女たち。運命の糸に操られた男と女の哀しみが滲み出る、浅田次郎ならではの感動傑作!

著者紹介

浅田次郎 (著)

略歴
1951年東京生まれ。日本ペンクラブ会長。95年「地下鉄に乗って」で吉川英治文学新人賞、97年「鉄道員」で直木賞、2000年「壬生義士伝」で柴田錬三郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー114件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

京の女性の芯の強さ。

2010/06/23 00:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンジマリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まず第一に、芹沢鴨の暗殺の成り行きが事細かに記されていて、終始ハラハラしっぱなしだった。時折語り手が代わって違った視点から物語が展開していくのが斬新だと思う。特に、沖田総司の視点から描かれたクライマックス。浅学な私でも、腕が立ったと言われるその沖田総司が若くして労咳でこの世を去ったことは知っていたので、その病が己を蝕む辛さや悲愴が伝わってきた。本当に、その場に居合わせたような緊迫感があり、固唾を呑む。

 読み終えて少し、視界が滲みました。なぜかというと、京の島原の芸妓である糸里と吉栄の心が染み入るから。凶事の片棒を担がされながら、土方の目論見をしっかりと見抜いていた糸里。策士である土方と真っ向に対峙する糸里は同じ女性として格好良いと思ったし、拍手を送りたいと思った。上巻ではあまり登場しなかった糸里が、下巻では凛とした強さを見せる。土方のポーカーフェイスが崩れ、糸里との安穏とした未来を糸里自身が一蹴する場面も印象的だった。これまでは、ひどい仕打ちをうけながらも想いを寄せていた糸里が、袂を分つ瞬間。また、吉栄の葛藤や深い哀しみも計り知れないものだと思う。これから幸せに満ちた家庭で平山吾郎と暮らしていくという淡い夢も自ら蹴散らさなくてはならない。

 非道もまた己の出世のため。コンプレックスに打ち勝つため、お殿の要望を叶えるため、自分が思い描く世を造るためには心を鬼にしなくてはいけなかったのでしょうか。士農工商の身分の元、努力ではいかんともし難い事柄も多々あったと思う。そういう状況に苦しみ、なんとか越えたいと願う隊士たちの思いが汲める文面。芹沢が殺されようという場面で見せた、強さの証である一太刀。浅田次郎さんの巧妙な表現力はやはり確かである。

 解説文を読んで、また腑に落ちる部分もあった。史実に基づいて書かれた書籍だったんだなと認識できたし、あまりスポットライトが当たらない当時の女性たちから見た新撰組、なんとも興味深い試みだった。新撰組が腕に自身のあるお百姓や、武士の家系であっても家を継ぐことが許されない次男や三男たちの集まりであったとは思いもよらなかったので、本書を通じて色々学べました。他の時代小説もどんどん手にとっていきたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上巻に引き続き、下巻ではいよいよクライマックス

2008/10/03 21:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻に引き続き、下巻ではいよいよクライマックスの場面、芹沢鴨の暗殺現場が描かれています。

水戸天狗党の仲間たちと一緒に暗殺される場面は、これまで読んだ新撰組本のなかで最もドラマチック・・・というか、人間のエゴが表現されています。

そこに巻き込まれた女性たちの覚悟。

たぶん、土方をはじめとする新撰組のだれよりも女性たちの方が「覚悟」という点では上を行っていたような気がします。

土方ファンの私としては、彼のエゴと中途半端な覚悟がちょっと残念でもありますが。

歴史の本当の史実はともかくとして、歴史の表舞台にあらわれる男性の陰には女性がいることを強く実感させられました。

女性たちは、そのなかで筋を通すもの、時代に翻弄されるもの様々です。

現代の女性にも言えることですが、「覚悟」をした女性は男性なんかよりもとてつもなく精神的に強いということ。

男性も頑張らねば。

http://blog.livedoor.jp/c12484000/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

。『壬生義士伝』『一刀斎夢録』と合わせて新選組三部作と言われているので、当然新選組が主題と思っていたが、どうも時代の激変期にあっても“女性”という不変の存在としての“女性”たちの生き様が主題

2016/11/22 11:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

武士を頂点とする「武家社会」が崩壊しつつある幕末に、多くが武士階級以外から成り上がろうとして苦悩する新選組を軸としてはいるがその軸は細くてはかない。それに対してそれを取り巻く女性たちは時代の不安定さに翻弄されながらもそれぞれしたたかに生きようとする。『壬生義士伝』『一刀斎夢録』と合わせて新選組三部作と言われているので、当然新選組が主題と思っていたが、どうも時代の激変期にあっても“女性”という不変の存在としての“女性”たちの生き様が主題のような作品であった。下巻後半の芹沢鴨暗殺の辺りは俄然迫力のある展開になるのだが、それ以外は女性心理の描写や、武士もどきの新選組隊士たちの葛藤などが主でどうにも迫力に欠ける。文学としては高く評価されるのであろうが、私にはあまり得意とする分野ではなかったのが残念。よって少々評価は低くなってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

土方が中途半端

2017/02/16 20:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

出番があまり無いせいか、土方歳三の人物像がどうもぼやけてるような。糸里はじめ多くの人の運命に関わった人間には最後まで見えなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/31 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/30 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/28 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/16 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/16 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/05 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/24 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/14 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/03 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/23 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/03 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。