サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

堕ちゆく者の記録

著者 秀香穂里

『9月1日、俺は目覚めると、檻の中に囚われていた――』ある日突然、勤務先の青年社長・石田(いしだ)に監禁されてしまった、デザイナーの英司(えいじ)。「今日から君をAと呼ぶ...

もっと見る

堕ちゆく者の記録

税込 586 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.0MB
Android EPUB 4.0MB
Win EPUB 4.0MB
Mac EPUB 4.0MB

堕ちゆく者の記録 (キャラ文庫)

税込 586 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『9月1日、俺は目覚めると、檻の中に囚われていた――』ある日突然、勤務先の青年社長・石田(いしだ)に監禁されてしまった、デザイナーの英司(えいじ)。「今日から君をAと呼ぶ。これは三十日間の実験なんだ」石田は1冊のノートと鉛筆を渡し、日記を書けと命じてきた!! 名前と自由を剥奪(はくだつ)され、身体も精神(こころ)も支配される――官能と狂気に晒(さら)されて、人はどこまで理性を保てるのか、衝撃の問題作!!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

めちゃくちゃ好きな一冊

2017/06/07 13:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さち - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んだときはすごいものを読んだ!って感じだった。
BLか否かとか監禁がぬるいとかは特に気にしなかった。(最近の作品は結構すごいのが多いですが当時はあんまりなかったような?)
秀先生の書く、ダークなところが上手くでたイッピンだとおもいます。おすすめ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「9月1日、俺は目覚めると、檻の中に囚われていた」

2021/05/25 08:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

「9月1日、俺は目覚めると、檻の中に囚われていた」
って後ろ書きに惹かれて手に取った本

いきなりの監禁状態から始まる
でも良くある監禁ものとは違う。
(これの書かれた年代から言ったら
良くある監禁ものより前の作品か)

BLと言えない作品
だって強い感情はあるけれどそれはLOVEではない。
きりきりと切り刻まれるような精神的陵辱
広義の意味ではストックホルム症候群なのだろうけど
狂気の檻に監禁されているのはどちらなのか。
背徳と狂気の作品

何よりも怖いのは名前を剥奪されていること。
彼らはAであり、Kである。
英司ではなく、敬一でもないのです。
狂気の坂を転がりおちていくような作品なので
読む人をかなり選ぶかと思います。
だって他の感情はあると思うけど、やっぱりLOVEはないもの。

現実味は薄い・・・というかリアルさはほぼないのですが
狂気を描くという点では筆力のある作品でした。
最後の石田が英司のデザインしたスーツを着ているのが秀逸
ラストの狂気に至るまで読み切らせる力のある作品でした。
ただ・・・この後どこまで堕ちていってしまうのかと考えると
鳥肌が立つような終わり方でした。

余談ですが・・・
作者さん、乳○クリップ好きなんだなぁって思って
ちょっと微笑んでしまいました。
(微笑むところではないかと思いますが・・・・)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誘拐監禁モノ。

2016/07/10 16:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙に惹かれて購入。誘拐監禁モノ。目が覚めると檻の中に閉じ込められていた―現われたのは自分の勤める会社の社長だった。「あらゆることに耐え抜けば君の勝ち、一つでも私の勘に狂いが生じれば君の負けだ」なんじゃそりゃ。中身はう~ん…。監禁してるけど陵辱でも躾でもなく。中途半端さが残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

1か月の監禁

2018/06/05 13:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストックホルム物。「あらゆることに耐え抜けば君の勝ち、一つでも私の勘に狂いが生じれば君の負けだ」監禁してるけど陵辱でも躾でもなく。中途半端さが残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キャラのテンポがかみあわない

2017/11/30 14:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

膨らませるところとはしょるところ、そこで抵抗してここでは抵抗しないのか、とことごとく噛み合わなくて楽しめませんでした。
なんて言ったらいいか、気持ちの動きがバラバラで作り物なのだから、もう少し言動に一貫性があってもいいのではと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/09/08 01:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/31 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/11 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/08 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/30 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/04 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/23 04:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/23 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/16 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/17 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。