サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 456件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2019/06/14
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • ISBN:978-4-08-746048-3
一般書

蛇にピアス

著者 金原ひとみ

「スプリットタンって知ってる?」そう言って、男は蛇のように二つに割れた舌を出した―。その男アマと同棲しながらサディストの彫り師シバとも関係をもつルイ。彼女は自らも舌にピア...

もっと見る

蛇にピアス

税込 407 3pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.0MB
Android EPUB 3.0MB
Win EPUB 3.0MB
Mac EPUB 3.0MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

「スプリットタンって知ってる?」そう言って、男は蛇のように二つに割れた舌を出した―。その男アマと同棲しながらサディストの彫り師シバとも関係をもつルイ。彼女は自らも舌にピアスを入れ、刺青を彫り、「身体改造」にはまっていく。痛みと快楽、暴力と死、激しい愛と絶望。今を生きる者たちの生の本質を鮮烈に描き、すばる文学賞と芥川賞を受賞した、金原ひとみの衝撃のデビュー作。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー456件

みんなの評価3.3

評価内訳

おもしろい

2023/12/28 20:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:狂ったチワワ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説は人を描くのが目的である
ルイと、アマ
2人の心理が楽しく踊る

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

徹底された生々しさ

2021/12/20 14:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピアスとタトゥーがこの物語を通してのテーマとなっています。主人公のルイとその周りの人は社会から外れた者たちではありますが、彼らのことが気になって話を読み進めてしまいます。
村上龍による解説の「本質的で普遍的な毒」という言葉がぴったりです。この話を読んであなたはどう思うか、ぜひ確かめてみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

芥川賞を取ってからずいぶんと経過した作品ですが読んでみました

2019/01/13 23:04

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

舌にピアスをしてしまう女の子の話ということだけは知っていたので、長い間、「なんだか痛そうだから読むの辛いな」と敬遠していた作品。確かに舌にピアスをしたまま穴を広げて最後は先を切りとって蛇の舌のように二股の舌にしてしまうという鳥肌のたつような作業が明確に書かれていて読みながら身震いしてしまったのだが、内容は極めてまとも。解説で村上龍氏が、「この作品を芥川賞に推したいが反対する委員が必ずいると思うから反論をいろいろと用意していたが、拍子抜けするほど異論がでなかった」というようなことを書かれていたが、それはそうだと思う。しっかりとこの小説を読んだ人なら異論がでるはずがない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19歳の物語

2006/07/21 13:41

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nanako17girls - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書を読み始めたとき思ったこと「これはマズイな」。とんでもない毒気に当てられて、正直、困った。「はたして読み終えることが出来るのか?」という気分になった。ええ、本書は怖いです。読み進めていっても、その思いは変わらなかった。そして読み終えて感じたことは「やっぱり、怖いな〜」ということだった。しかし、読後の気分は決して悪いものではない。怖いことは怖いが、じぶんの価値観や、モラルに影響を与えるものではなかったからだと思う。それはこの作品が悪いというわけではない。むしろ、だからこそカルト小説ではなく、あたらしい文学として評価を受けたのかもしれない。
 ある批評家はこの小説を「ヤンキー文化」だといっていた。ここでのヤンキーの定義はさまざまだが、いわゆる「不良」ということなのかな?まあ、いいや。この小説を評価したのは村上龍というのが面白い。なんとなく、同じ匂いを感じさせるからだ。はっきりいって、評価の分かれるものだと思う。「ヒリヒリするもの」が好きなひとは絶賛するだろうし、そうでないひとには拒絶されるものだと思う。でもどうだろう?ここで、綿矢りさと比較するとはっきりわかる。綿矢はいままでの文学の延長上に存在した作家だ。金原は違う。はっきりいって綿矢の小説を読む気はしなかった。さんざん読んできた小説だという感じがしたからだ。ぼくは本を読むときに求めるものは「まったく未知のものに出会う」ということだ。本書はぼくにとって「まったく未知のもの」だった。まあ、現実には関わりあいたくないね。追体験で十分ですよ。そんな感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

第130回芥川賞受賞作品

2018/05/01 04:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

ボディーピアスやタトゥーに憑りつかれていくヒロインの姿には、鬼気迫るものがありました。粗暴ながらも彼女に一途な想いを寄せている、ひとりの青年に訪れる悲劇には胸が痛みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

媚びない作家

2007/03/28 00:26

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この人ひねくれてるなぁというのが第一印象。
決して他人にウケようと思って書いてないタッチとストーリーに衝撃を受けました。
心地良い内容ではないだけによく選ばれたなぁと意外な気もしつつ、表現力が凄いだけに当然な気もしつつ。
さらっと書いてあってすぐに読めてしまうけれど、印象は強烈です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読むと決めたら覚悟が必要

2018/11/10 23:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

評価がまっぷたつに分かれる作品である。
星3つとしたのは,平均的な作品と言う意味ではないので注意。
お薦め度は全く不明。過激な描写で徹底的に防御されているので,
乗り越えて主人公の心理を掴むのは骨が折れる。
乗り越えるだけの価値があるかも分からない。

ただし,読むと決めたら心して読むべし。
私の所感が何かの役に立てば幸いである。

まず目を引くのが,作品中にちりばめられる暴力とセックスシーン。
しかし,これに惑わされてはいけない。
この時点でリタイアする人が出ているようだ。
キーとなる文書はひとつだけ。作品の中盤にある。
少し古い意味合いでの茶髪・金髪・ピアス・ガン黒に対し,
著者の気持ちが書かれている。
この一文で,芥川賞を取ったのではないかと思う。
著者もこれを書きたかったのではないだろうか。

私なりの理解がもうひとつ。主人公の無償の愛を理解した。
徹底している。全てをなげうち,相手に全て任せてしまう姿勢は,
残念ながら私には他者への依存と映ってしまった。
表裏一体であり,価値観が分かれる部分だと思う。

芥川賞受賞時の新聞記事を読み,「失礼と思いながら
つい舌を覗き込んでしまった」との紹介があった。
綿矢りささんと並んだ写真は,非常に印象的だった。
読後に,もしこの作品を四十代の中年男が書いたら,
芥川賞を取れただろうかと考えた時,この記事の意味を理解した。
「こんな子が,あんなことまで!」って意味合いで,
それってAVと変わらないじゃん。
これだけはお伝えしなければならない。
そこに目を奪われたら,たどりつけないよ。

反面教師的に自分の大切なものを気付かせてくれた作品として,
私は作者に敬意を表し,速攻で古本屋送りにした。
ゴミにするくらいなら,小銭にでも変わればというところ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

受け入れがたいものはある

2024/02/13 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上龍が解説を書いているが、確かに村上龍の芥川賞受賞作「限りなく透明に近いブルー」に似たテイストがある。描かれた世界はちょっと気持ち悪くて、受け入れがたいものはある。また、主人公の感情にもよく分からない部分がある。衝撃作ではあるが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

芥川賞受賞作です

2023/02/13 20:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みみりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この話は、著者のデビュー作であり、芥川賞受賞作です。
初めて読んだとき、なぜこの本が芥川賞なのか理解できませんでした。
正直今でも理解できませんが、印象に残っている本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これが芥川賞か?

2022/08/01 16:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに刺激的衝撃的な作品ではあるが、逆にそれ以外の要素に何があるかというと考え込まざるをえない。パンクな人々の生態を赤裸々に描き出した というだけに過ぎないような気がする。とは言うものの芥川賞作品というだけあって、文章はこなれていて難解な言い回しもなくスラスラと読めることは読めるが、世界観について行けない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/08/13 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/28 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/02 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/02 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/11 05:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。