サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~7/31

「無料連載ページ」リニューアル 5/23~

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 191件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2020/04/03
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • ISBN:978-4-10-146126-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ちんぷんかん(新潮文庫)

著者 畠中恵

「私ったら、死んじゃったのかしらねえ」長崎屋が大火事に巻き込まれ、虚弱な若だんなはついに冥土行き!? 三途の川に着いたはいいが、なぜか鳴家もついてきて――。兄・松之助の縁...

もっと見る

ちんぷんかん(新潮文庫)

税込 649 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 11.2MB
Android EPUB 11.2MB
Win EPUB 11.2MB
Mac EPUB 11.2MB

ちんぷんかん (新潮文庫 「しゃばけ」シリーズ)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「私ったら、死んじゃったのかしらねえ」長崎屋が大火事に巻き込まれ、虚弱な若だんなはついに冥土行き!? 三途の川に着いたはいいが、なぜか鳴家もついてきて――。兄・松之助の縁談がらみで剣呑な目に会い、若き日のおっかさんの意外な恋物語を知り、胸しめつけられる切ない別れまで訪れて、若だんなと妖たちは今日も大忙し。くすくす笑ってほろりと泣ける「しゃばけ」シリーズ第6弾。(解説・村上健司)

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー191件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ちんぷんかん

2013/05/24 19:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ホームズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズは単行本も可愛いし文庫の方も絵が変わってたりどちらも手元に置いておかないと(笑)『はるがいくよ』がやはり一番いいですね。シリーズの中でも1番いいかも(笑)『ちんぷんかん』『今昔』も良かった(笑)そして金次の登場も(笑)ちょっと怖かったけど(笑) とりあえず新刊も買ったし続きを読んでいこう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あいかわらず面白い

2016/12/10 12:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

今作も短編集なので読みやすいです。
みな面白いですが、とくに、火事の煙を吸って鳴家とともに三途の河原に行ってしまう若だんな危機一髪のお話(危機一髪はいつもですが・・・)が面白い。しんじゃったのかねえと自分の死はあっさり受け入れる若だんなですが、巻き込まれた鳴家は現世に戻したいと、同じく河原でたむろしている子供たちと交流をはかりつつ考えます。ここでも若だんなの人の好さが随所に盛り込まれています。
一方で、桜の花びらのあやかし、小紅とのお話。
こちらは、人間とあやかしの違いを痛感する、綺麗でせつないお話です。普段は出てこない兄や達の葛藤があらわされています。心に残る作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若だんな三途の川を見る

2016/02/17 21:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズも6作目。最初の短編では若だんなが三途の川を見る。
その他広徳寺の秋英や母親のおたえが主役の短編。
松之助に縁談話それに陰陽師が絡む。最後は桜の花の精の登場です。
いつもながら様々な話を楽しめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若だんなと妖たちが織りなす人情喜劇益々快調。

2022/03/28 10:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

若だんなと妖たちが織りなす人情喜劇益々快調。本作はS・5のようにストーリー性のある長編的性格から再び短編連作的性格に戻っているが、各々味わい深い一品である。新たに妖を見ることが出来る、僧侶:寛朝とその弟子・秋英が登場。逆に、兄・松之助が嫁を娶って分家、幼馴染で隣家の菓子屋三春屋の長男:栄吉が修行のため家を出る予定とのこと。S・7ではメンバーが大幅変更になる予感。さて、どんな人情劇が展開されるのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後の桜の妖の短編が悲しい

2021/03/31 19:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜の花びらが赤子になって若だんなの元にやって来て、あっという間に成長して消えて行く話が悲しかったです。兄や達から見たら若だんなも桜の妖と同じくらい短い生なんだよなあ、と。若だんなのお母さんの若かりし頃の恋の話は、今は無敵のおたえさんにもそういうほろ苦い恋をした時代があったのね、と微笑ましく思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/28 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/25 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/31 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/14 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/12 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/04 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/07 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/14 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/18 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/25 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。