サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

  1. 電子書籍ストア hontoトップ
  2. 新書・選書・ブックレット
  3. 新書
  4. 中央公論新社
  5. 中公新書
  6. ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 59件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
一般書

ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か

著者 著:水島治郎

イギリスのEU離脱、反イスラムなど排外主義の広がり、トランプ米大統領誕生……世界で猛威を振るうポピュリズム。「大衆迎合主義」とも訳され、民主主義の脅威と見られがちだ。だが...

もっと見る

ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か

税込 902 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 14.1MB
Android EPUB 14.1MB
Win EPUB 14.1MB
Mac EPUB 14.1MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

イギリスのEU離脱、反イスラムなど排外主義の広がり、トランプ米大統領誕生……世界で猛威を振るうポピュリズム。「大衆迎合主義」とも訳され、民主主義の脅威と見られがちだ。だが、ラテンアメリカではエリート支配から人民を解放する原動力となり、ヨーロッパでは既成政党に改革を促す効果も指摘される。一方的に断罪すれば済むものではない。西欧から南北アメリカ、日本まで席巻する現状を分析し、その本質に迫る。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー59件

みんなの評価4.3

評価内訳

とても明快な文章と構成

2017/01/29 14:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆっくりー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポピュリズムについての入門書として文句なし!純粋に読み物としても面白かったです。

各章数十ページの中でポピュリズム政党の生い立ち〜発展途上〜現状まで端的にまとめる文章構成には感服でした。各国の政治や政党に疎くても必要最低限の情報が平易な文章で紹介されているのでスラスラ読めます。

政治学の本を読みたいけど知識がない、政治学に興味はあるけど躓きたくない、そもそも難しい表現や文章は苦手!そんな人にも自信を持って進めることができる入門書だと思います。新書の第一歩としても最適ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

分断をエネルギー源とする限界

2021/05/22 21:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:第一楽章 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポピュリズムを、「『人民』の立場から規制政治やエリートを批判する政治運動」と定義し(P.8)、ポピュリズムの歴史と変遷を南北アメリカからヨーロッパへとたどる(時々日本にも寄り道し)1冊です。2016年11月、衝撃的な米国大統領選挙と同時期に刊行されて話題になりました。副題に「民主主義の敵か、改革の希望か」とあるとおり、ポピュリズムが既存の政党に緊張感を与え改革を促してきたという一定の貢献を、筆者は否定しません。それでもなお危うさがあるのは周知の通り。
7章後半にまとめられている、ラテンアメリカでのポピュリズムとヨーロッパで広がりを見せるポピュリズムの対比が秀逸でした。圧倒的な経済格差が存在する前者(ラテンアメリカ)においては、政治や経済を独占するエリートへ異議を申し立て、富や権利の再分配を求める左派的な性質を帯びる。これに対し、社会福祉政策が整備された後者(ヨーロッパ)におけるポピュリズムでは、その福祉の受益者を”特権階級”とみなし、そこに批判の矛先がむけられ、故に難民や移民とそれを積極的に受け入れる政治が攻撃の対象となり右派的な性質を帯びるという違いがあるとのこと。
ただし、両者に共通していると思われるのは、ポピュリズムを支持しているのは、「取り残された(left behind)」人々であるということ。それは例えば経済発展から取り残されたラテンアメリカの貧困層の人々であり、社会や産業構造の変革から取り残されたアメリカのラストベルトやヨーロッパの中高年の白人ブルーカラーの人々です。
ハリウッドの映画だと人類的な危機を迎えると一致団結して立ち向かう姿が描かれますが、COVID-19が発見され蔓延してから1年ほどの状況を見るとむしろ逆に、国際的にも国内的にも分断が広がり、「取り残されている」と感じる人が増えているのではないでしょうか。日本でも自殺者の増加という悲しい統計に現れているように思います。こうした状況を奇貨と捉え、爪を研いでいるポピュリストたちがいるであろうこと、そうした彼らのこれまでの歩みをこの本から知ることができます。国連の持続可能な開発目標 SDGs は「誰も取り残されない(No one will be left behind)」というスローガンを掲げていますが、開発だけではなく政治も含めてあらゆる面で本質的なポイントだと、改めて思わされます。分断をエネルギー源とするポピュリズムでは解決できない点であり、ここにポピュリズムの限界がありそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

勉強になる一冊

2017/01/18 00:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーク - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ポピュリズム」というレッテル貼りに多用される用語について、欧米での学説やラテンアメリカ・ヨーロッパの事例を検討しつつその中身について考察されている。
右派ポピュリズムと左派ポピュリズムの違いについても知れたので個人的にとても有益であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ポピュリズム現象に迫った名著

2022/12/31 21:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さすらいのチューバ奏者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

トランプ元大統領の勝利やブレグジットなどのセンセーショナルなニュースを通じて、近年注目を集めるようになりつつあるポピュリズムですが、その本質を理解している人はそれほど多くはないのではないでしょうか。この本は、ポピュリズムの定義から各国での展開まで詳しく書かれており、ポピュリズムの本質を理解する上で欠かすことのできない本と言っても過言ではないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

胡散臭い近年欧州のポピュリズム

2020/11/27 23:00

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者は近年のヨーロッパのポピュリズムは、イスラム系の移民批判をすろ際に、「男女平等を認めないイスラムは問題だ」「民主主義的価値観と相容れないイスラムは認められない」というロジックを展開していると語る(オランダのフォルタイン党やウィルデルス党、スイスの国民党)。でもこれらの政党の言っていることって、フランスやオーストリアの極右政党と何が違っているのだろうと思う。「イスラムの連中やアジア、アフリカの有色人種のことはとにかく嫌いなんだよ」と露骨に言ってのける極右の連中のほうがましかもしれない、ただあまり極右の発言ばかりしていると右の人以外の票を獲得しずらいから「男女平等を認めないイスラムは問題だ」とソフトに綺麗ごとを言っているとしか私には考えらない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

宇野重規『保守主義とは何か』とあわせて読みたい

2017/03/14 14:24

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポピュリズムを否定するだけでは問題は解決しない。グローバル化やヨーロッパ統合といった、エリートが民衆の意見を無視して一方的に進める動きへ反発する人々。既成政治への違和感を強く持っていて、ポピュリズムの持つ「既存の権威への挑戦」「エリートに対する逆転劇」といった要素に共鳴している部分もある、他方で危うさも感じている。20世紀には、人々は労働組合や農協、中小企業団体、専門職団体、地縁団体などの団体に属し、その団体が政党や政治家とつながっていた。団体に属して、つながりのある政党に投票すれば自分は守られているという感覚があった。ところが、そうした既存の団体は勢力を弱め、人々が団体を通して自分の利益を実現するルートが狭まっている。政党は縁遠いものとなり、そこにグローバル化の波が襲ってくると、既成政党に救いを求められない人たちが、ポピュリズムに向かうようになった。本書はポピュリズムをテーマにしているが、ポピュリズムを通して、リベラルやデモクラシーといった価値を再考するきっかけになればと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ポピュリズムについて考えるために

2021/07/29 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ichikawan - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポピュリズムは民主主義の敵か、民主主義を活性化させるものなのか。本書はどちらかといえば後者に近い視点で論じられている。個人的には著者の主張に必ずしも同意するものではないが、ポピュリズムについて考えるうえでまず手にすべき一冊であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

分かりやすく、示唆的

2017/01/30 17:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あや - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても時宜を得たテーマで、理論的にポピュリズムを解説しつつ、現在欧米で何故こんなにポピュリズムが広がっているのか?ということがよく分かった。文章もとても分かりやすく、新書として読むには最適だと思う。中公新書はテーマの選び方がとてもうまいなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読了

2019/12/30 00:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポピュリズムの歴史や、現在の世界におこるポピュリズムの波についてわかりやすく説明されている。日本にいるとどうしても異国のことに思えてしまうが、橋下氏を例にとった話もあり、なるほどなと人ごととは思えなくなった。これから世界がどのようになっていくのか、きちんと学んでおかないと取り残されてしまうと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/12 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/18 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/10 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/13 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/15 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/16 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。