サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

冬の鷹 みんなのレビュー

  • 吉村昭 (著)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本冬の鷹 改版

2019/05/23 22:04

まるで見てきたかのよう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニック - この投稿者のレビュー一覧を見る

氏にとって初となる、江戸時代を舞台にした歴史小説。解体新書に関わった前野良沢と杉田玄白、対象的に生きた2人の人生を描く。まるで見てきたかのうような描写の連続に感服する。それらは膨大な史料を緻密に検証した上で書かれていることが他のエッセイ等で明らかにされている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本冬の鷹 改版

2016/08/09 09:43

我が国の近代医学の礎を築いた『解体新書』の成立過程を克明に再現した感動的歴史長編!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、我が国の近代医学の基礎を築いたともいわれる「解体新書」の作成過程を克明に記した歴史的長編です。わずなか手がかりをもとに、苦心讃嘆、ほとんど独力で訳出した「解体新書」でしたが、訳者である前野良沢の名前はどこにも記されませんでした。出版に尽力した事務方の相棒である杉田玄白が世間にその名を博するのは対照的に、彼は終始地道な薬業に専心、孤高の晩年を貫いてこの世を去った人物です。こうした歴史上の2人の人物を「解体新書」を通して見ていくという感動の歴史的長編と言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本冬の鷹 改版

2015/12/20 18:05

解体新書ができるまで、無名の男のはなし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

解体新書ができるまでの話。教科書に記されるたった一行の歴史でも、ひもとくと、壮大な物語がつまっている。そして何十人、何百人の人間が関わっている。解体新書の翻訳に全身全霊を傾け、やりとげたひとりの男。その男の名は記されていない。教科書にも出てこない。そういった人物に焦点をあて、小説にする吉村さんがわたしは好きだ。有名人のうしろにも歴史はある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本冬の鷹 改版

2017/12/31 09:17

解体新書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ottoさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本史の教科書では、解体新書(ターヘルアナトミヤ)の訳者として杉田玄白、前野良沢、中川淳庵の名前が出ているが、出版時には、前野良沢の名前がなかった。良沢の気性もあり、出版後の二人の生活の盛衰が大きく分かれる。
作者は、終始、良沢に寄り添い、好意的に書いている。
8代将軍吉宗が洋書を解禁し、比較的自由な田沼意次の時代だったから出版できた、平賀源内や尊王派高山彦九郎との交流もあり一気に読める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。