サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. すべてがFになる The perfect insider

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

すべてがFになる The perfect insider(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 1,420件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/522p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-263924-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

すべてがFになる The perfect insider (講談社文庫 S&Mシリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

【メフィスト賞(第1回)】【「TRC MARC」の商品解説】

すべてがFになる The perfect insider (講談社文庫 S&Mシリーズ)

792(税込)

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

648 (税込)

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER

ポイント :6pt / 紙の本より144おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,420件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

手の込んだトリック

2013/06/20 09:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ノン - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんな感じのミステリーが大好きです。
実際には不可能な場面のようにも思えるが、そこは著者の文章力で、容易に場面を想像出来ていしまう。
読んでいて次々ページをめくってしまう没頭感はたまりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

衝撃でした

2013/11/20 17:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アップルティー - この投稿者のレビュー一覧を見る

17年前に講談社ノベルで読んだときは、衝撃を受けました。
今読むと、作中のIT技術が古く感じるかもしれませんが、物語そのものは全く古くありません。
情緒に流されない作品が好みの方は、一読の価値があると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

猟奇的なのだがグロくなく、何とも切ないミステリ

2015/10/08 13:13

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

猟奇的なのだがグロくなく、読み進めるにしたがって何とも切なくなるミステリです。

ミステリの答えは非常に理系ですので、深く悩まず雰囲気を楽しんでください。

犀川先生と萌絵ちゃんの今後の活躍、そして四季、きっと続けて読みたくなると思いますよ。
おススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

理系向け?

2015/01/27 01:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマ化で話題になっていたので、買ってみました。
プログラミング用語が随所に登場するので、若干とっつきにくい文章でしたが、それを補って余りあるテンポの良さと、すべてが「Fになる」爽快感が大きな魅力です。ドラマで結末を知ってしまった人も、原作で丹念に「Fになる」トリックを味わってほしいですね。
また、新装版は白基調のカバーで無機質な作風とイメージが合致してとても良いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

印象的な本。

2015/08/31 01:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人にすすめられて読んだ本です。当時、小説家とは文系(?)の人が創作するものだという、勝手な思い込みがありましたが、その認識をこの本は派手に覆してくれたと思います。思いがけない視点がたくさんありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すべてがFになった,,,,

2015/10/30 05:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もんてぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトル通りのトリックに、、、ネタバレのようですが、たぶんわからないと思います。
文系脳には少しわかりにくい箇所もありましたが、それに関係なく読める本です。

ミステリーとして普通に面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすが

2015/11/27 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミヤキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすが第一回メフィスト賞受賞作品。
謎解きを楽しむより謎に魅せられるミステリー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後まで楽しめました

2015/12/30 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の冒頭から最後まで、グイグイと引き込まれながら読めました。どんでん返し作品を求めて買ったのですが、その意味では期待通りでした。ただ一カ所、無理があるかなと感じる場面があったので、4点としました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いいと思います

2016/01/17 12:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらい - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔から モリさんとアヤツジさんは楽しみです。とても解決編ではびっくりいたします

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エキセントリック。

2016/03/21 12:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななな - この投稿者のレビュー一覧を見る

孤島の研究所で起こる密室殺人。被害者は超天才科学者。更に死体の状態は。。。
と、あらすじをあげてみると、まさにエキセントリック。なのにすらすら頭に入ってくる不思議。
本当に洗練された小説だと思います。…犀川先生大好き!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難しいけど読ませる

2016/04/23 08:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

バーチャルな世界が出てくるので、普通の推理小説では考えられない結末となってはいるものの、読みやすくグングン入り込んだ。頭がいい人ばかりが出てくる小説って案外少ないかも…?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

発表当時に読めなかったのが残念

2016/12/11 18:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こるこる - この投稿者のレビュー一覧を見る

トリックや動機については他の方々が充分書いていらっしゃるのでそちらに任せるとして。

前述のように、この作品が書かれた当初に読みたかったです。
当時の感覚では、仕事もコミュニケーションもコンピュータで済ませ、自室に籠りきりの研究者達が集う孤島の研究所、という舞台にある種の歪さを感じられたのではないでしょうか。
現代ではそんな研究者も珍しくなく、その不気味さも半減してしまったように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大満足の作品

2016/12/20 11:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kissho - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に面白いです。読み終わって大満足です。密室トリックも、なるほどと感心しました。中心人物の二人も中々魅力的で、お嬢様の言動に周りが一々ため息するのも笑えます。ただ、理系の私でもちょっと難しい所もあり(機械系なので)、文系の方、特に制御領域に弱い方は結構イライラするかも。私的には、トリックを構成する部分に、それは流石に・・・、と言いたくなる所は一つ二つありますが、そこを許してしまいたくなるほど全体の構成は素晴らしいと思います。傑作でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すごいレビュー数!!

2017/06/08 09:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:imikuto - この投稿者のレビュー一覧を見る

若年層のミステリーファンには人気が高い。
と思っていたら、メフィスト賞受賞から20年が経ち、昔の若者ファンも50歳を超えているのだなぁ、と感慨深くなってくる。

と、ファンのような言い方をしているけど、じつはそれほど面白いとは思っていない。
それにコンピュータ知識が十分でないとわからないはずなのに、どうしてこんなに人気があるの?しかも神格化するファンもいる。そこが不可思議で仕方がない。
森氏デビューの少し前の第1次新本格の作品にくらべると、凝り方や本格風味は決して引けはとらないが、ラノベ風味やキワモノ風味が強すぎて(案外同じ程度なのかなw)、共感もできない。年齢のせいなのかなぁ。

筆者と同様、批判的な読者も多いらしいが、これだけ読まれれば、それだけで立派なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

またも一気読みに近い面白さでした。

2017/09/23 12:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

またも一気読みに近い面白さでした。真賀田四季博士と西之園萌絵との不思議な緊張した面会場面の後、犀川博士と萌絵との奇妙なコンビのやりとりを経て、一気に不穏な殺人事件へ導入。あとは密室殺人事件を中心に謎解きだが、謎解き過程を科学的・哲学的議論でオブラートに包んで読者の推理する楽しみを最後まで残している。確かに、謎解きのヒントは各所にちりばめられてはいるのだが、決定的なヒントが見つからない。萌絵がかなり良い線までの謎解きを細目に出していくのに対して、主役の犀川博士は最後まで殆ど自分の推理を明かさないやり方はちょっと狡い気もするが、読者の推理する楽しみを最後まで残すという意味では仕方ないのかな。そして、最後で一気に謎が解き明かされるのだが、674:『笑わない数学者[3]』同様、真犯人がどうやら消えてしまうという謎めいた終わり方である。
<以下、蛇足>本作品の初出は1996年というから私がWin95を導入して、インターネットを始めた時期である。よって、PCに対してWS(ワークステーション)という言葉?機械?(笑)が出て来りして時代を感じさせる。その当時、VR(バーチャルリアリティ)は20年位先の技術として考えられていたが、天才科学者にとっては既に基本構想は描かれていたのであろう。本作品では、極めてリアルにVR装置が登場し、活用されているのである。先見の明に感服。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る