サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. チーズはどこへ消えた?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

チーズはどこへ消えた?

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 591件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 扶桑社
  • サイズ:19cm/94p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-03019-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

チーズはどこへ消えた?

著者 スペンサー・ジョンソン (著),門田 美鈴 (訳)

【新風賞(第36回)】「迷路」の中に住み、「チーズ」を探す二人と二匹の物語。時代や状況の急激な変化にいかに対応すべきかといった、人生の様々な局面を象徴している。世界のトッ...

もっと見る

チーズはどこへ消えた?

905(税込)

チーズはどこへ消えた?

756 (税込)

チーズはどこへ消えた?

ポイント :7pt / 紙の本より149おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

ジュンク堂書店那覇店

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【新風賞(第36回)】「迷路」の中に住み、「チーズ」を探す二人と二匹の物語。時代や状況の急激な変化にいかに対応すべきかといった、人生の様々な局面を象徴している。世界のトップ企業が研修テキストに採用している寓話。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スペンサー・ジョンソン

略歴
〈ジョンソン〉医学博士、心理学者。心臓のペースメーカー開発にも携わる。大学や研究機関の顧問を務め、シンクタンクに参加。著書に「1分間意思決定」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー591件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

10年前のベストセラーだが、今でも「新しいチーズ」になりうる1冊

2009/04/24 00:57

8人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

原書"Who Moved My Cheese?"は1998年、
訳書『チーズはどこへ消えた?』は2000年に出版されたのだが、
その10年近く前のベストセラーを原書で手にするきっかけは、
『英語多読完全ブックガイド(改訂第2版)』だった。

Graded ReadersやLeveled Readersなど、
英語学習者用にretoldされた作品はたくさん読んできたし、
もともと児童書読みだったこともあり、
児童書の原書へのチャレンジは早かったのだが、
実は一般書はまったく読んでいなかった。

そこで、そろそろチャレンジしようと手にしたのだった。

本書は、3部構成になっている。

第1部は、高校の同窓会で再会した仲間を前に、
マイケルが物語を語り始めるところ。

第2部は、『チーズはどこへ消えた』の物語部分。

第3部は、高校の同窓生達のディスカッションである。

物語部分は、シンプルである。

最初は、シンプルな話を何でそんなに引っ張るのだ
と思ってしまうくらいである。

2匹のねずみと2人の小人がいて、
今までのチーズがなくなったらさっさと新しいチーズを探しに向かい
新しいチーズにたどり着くことができる2匹のねずみ、
そして、考えてばかりでなかなか動かない2人の小人。

1人は葛藤の末、動き出すが、
もう1人はそれでも何が起こるかわからない迷路に踏み出すよりも
チーズがなくなっても安心なその場所がいいとなかなか動かない。

動いたほうは、ねずみに遅れるが新しいチーズにたどり着く、
果たして、動き出さなかったほうはどうなるのか。

その後動いたか動かなかったままか、答えは、読者にゆだねられている。

動けばたどり着ける、動かなければたどり着けない。

単純にチーズを探す話と思うと、
何をそんなに引っ張るんだ、悩むんだと、思ってしまう。

それに、読者の立場でいると、
外からすべての登場人物の行動が見えるので、
とてつもなくこっけいに見えるし、
自分は古いチーズがなくなったら新しいチーズを
探しにいけると思えるのだが・・・。

これが実際に、自分の人生という名の迷路にいたらどうなのか。

本当に、すぐに次に向かえるのか。

枯渇した場所を掘り返して穴をあけるだけってことはないか、
いつまでもしがみついて動けないことはないのか。

チーズや2匹のねずみと2人の小人の行動が
何を象徴しているのかを考えると、
それはとたんに、「自分の物語」になるのである。

原書を英語のブッククラブで借りて読んだのが最初だったが、
言葉の使い方がおもしろく、原書と訳書を購入してみた。

原文が日本語ではないものは、
原文にあたってみると発見が多いものだと思う。

まずは、この作品、とっても名付けが象徴的なのである。

訳書は、名前をカタカナ表記し、
訳者あとがきの最後で、その言葉の意味を説明しているが、
2匹のねずみ、2人の小人の名前は、彼らの行動を見事に象徴している。
そのまんま、なのである。

彼らの名前は、名詞であり、動詞なのだ。

ねずみは、スニッフ(Sniff)<においをかぐ、~をかぎつける>と
スカリー(Scurry)<急いで行く、素早く動く>、

小人は、ヘム(Hem)<閉じ込める、取り囲む>と
ホー(Haw)<口ごもる、笑う>である。

さて、私たちは「チーズ」に何を見るのだろうか。

第3部のディスカッションや訳書の返し帯にあるように、
仕事、家族、財産、健康、精神的な安定・・・など様々である。

私は、自身の経験や最近読んだ本の影響から、次の2つに思い至った。

ひとつは、虐待やDV等の不利な状況から動けなくなっている状態について、である。

自分も経験があるが、傍から見て、そこから逃げ出したほうがいい、
抜け出したほうがいいという状態であったとしても、
人はその状態に慣れてしまい、苦しい中でも、
安定を見出してしまうものなのである。

そうなると、その状態から逃げ出せない。新しいことが怖いのである。

悪いのは自分だと思いながら、その不利な状態に安住することを
選んでしまう。

「新しいチーズは必ず見つかる」と一歩勇気を持って
そこから踏み出せばそこに新しい幸せがあるということに
気づいてほしいと切に願う。

過去の私には、踏み出す手助けをしてくれた人や状況が
あったということに、改めて感謝したくなった。

もうひとつは、池田晶子さんの3つの問いの影響だと思われるのだが、
肉体としての自分への執着についてである。

動物は死期を悟ったら潔い。

人間はというと、老いと死を恐れて、変化を恐れて、
肉体としての自分に執着してばかりように思われる。

それも「古いチーズ」に執着しているということなのではないか。

ところで、目立つところに、英語にはあって、
日本語には訳出されていないニュアンスがある。

それは、タイトルの訳し方なのである。

"Who Moved My Cheese?"は、直訳すると、
「誰が私のチーズを動かした?」となる。

「誰かが」「私の」チーズを、持って行ったと言っており、
日本語訳タイトルの、いつの間にかチーズが
なくなってしまったというような感じとは
全然違うのである。

思いっきり被害妄想なのだ。

人のせいなのだ。

古いチーズのことはすっかり自分が所有していたと思っているのだ。

ヘムがホーにチーズをもらったときに、
「新しいチーズは好きじゃないような気がする。慣れていないから。
 私はあのチーズがほしいんだ。(I want my own Cheese back.)
 変える気はないよ。」
といってしまうあの気分。

英語タイトルは、短い中で、それを全部表し切っている。

日本語タイトルは、日本語としての語感は良いが、
本当のニュアンスは落としている。

だから、英語併記なのだと思った。

今後は、さらに原典に当たる力をつけて、
元は何だったのかを見ることができる人でありたいと思わせてくれた。

本書は今でも「新しいチーズ」になりうる、
新しい発見をたくさんさせてくれる1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な絵本。

2002/07/29 23:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まるチーズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ねずみと人間が、それぞれのやり方でチーズを探していくお話です。

1回目に読んだときには、私は「?ただの絵本?」という感じでした。
2回目に読んだときには、「そっかぁ!」と心が軽くなりました。

こういうお話は、人によって解釈も様々で、それがいいんだと思います。
私は、2回目に読んだときは、ちょっと悩みを抱えていた時期で、無意識のうちにお話のなかに自分をシンクロさせていました。なので、1回目に読んだときとは違う受け取り方をしました。
「ああ、結果から考えるのではなくて、まずは行動してみることはとても大事なんだな」と感じました。とてもすっきりしました。本に励まされました。

同じ人でも、読んだときによって、解釈も違ってくる本だと思います。
5年後、10年後に読んだとき、自分がどう感じるのか、楽しみです。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

変化する勇気

2017/05/17 23:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J・P・フリーマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生自分の思い通りにはならないことは多々ありますよね。今までの仕事のやり方が通用しなくなったり、会社から異動を命じられたり、人生には新しい展開がつきものです。でも、そういった変化を受け入れられずに、今までのやり方に固執していないでしょうか。本書では、二匹のねずみと二人の小人がチーズを求める姿を例にして、新しい一歩を踏み出す勇気を説いています。ここで出てくるチーズとは、私たちがほしいもの、つまりお金や成功、健康といったものを表しています。なくならないと思っていたチーズがなくなったとき、ネズミと小人たちはそれぞれ別々の行動をとります。そして、あなたはどのタイプですか?と問いかけられます。もし、ヘムのようになくなったチーズを悔やんでばかりで何も行動を起こさなかったら、人生を豊かにするために、今すぐ変わる必要があります。作中に出てくる数あるメッセージの中で、私は「もし恐怖がなければ何をするだろう?」という言葉が一番印象に残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

性格で道も変わる

2002/08/23 22:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんぼー - この投稿者のレビュー一覧を見る

2匹のねずみがチーズを探して旅をするのですが、その2匹の性格がまったく反対の性格で、方向性も違うことがとても自分にとっては勉強になりました。
買ってからしばらくたつのですが、地道に歩くことと思いやりの気持ちを大事にしないと…と思わされる、今でも自分の中でのバイブルになっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

実践的な本です!

2002/06/25 13:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:斑鳩の里より - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は時間がかからずにあっさりと読めるところがいいですね。
誰でも周りの変化に対して恐れを抱き気がつけば取り残されていたという経験は
あると思います。
そんな時どうしていいのかわからないままに時は過ぎ去り手遅れになることも
あるでしょう。
この物語の主人公である二匹のネズミ「スニッフ」「スカリー」二人の小人
「ヘム」と「ホー」の生き方を自分に当てはめてみると僕は変化に対応しきれず
古い考え方にしがみつく「ヘム」でしょうね。
この本を読んで変わることのすばらしさを知りました。
この本のいいところは構成が物語だけではなく「ある集まり」「ディスカッション」
というタイトルで前後を固めることにより物語の内容を客観的に知ったり有益さを
認識したりできる点です。
これらにより変化への対応を自分の生活にどのように取り入れるべきかを知ること
ができると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛読書になりそう

2001/02/21 10:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:remi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本を読んだのは、私の人生(といってもたかだが二十数年ですが)で最大の意思決定に迫られているときでした。そんなときだったからこそ、この本から得ることは多かったような気がします。
 この本の登場人物(動物?)は、ネズミ2匹と小人2人。この4名が、迷路に迷いながらも「チーズ」を探します。「チーズ」とは、地位、お金など、自分が得たいものの代名詞です。
 本書の主張は明快です。新しいチーズが欲しければ、新しい道に進め、それだけです。しかし、われわれが意識しつつも実行できないこと、あるいは気づかなかった視点に気づかせてくれます。
 ただなんとなく読むと、得るものは少ないと思います。「ここぞ」というときに読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

企業のテキスト!いやいや恋のテキストです。

2001/01/19 03:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジョー駿府 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 恋してるOL。ルーズの女子校生。不倫している女子大生。そんな恋してるのに失恋が恐い全ての人のテキストです。
 いつまでも、もう、そばにいない相手を思い続けても、

「変わらなければ破滅することになる」
「大事であればあるほどそれにしがみつきたくなる」

そんなあなたが、この本の主人公です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

チーズの品質が問われる時代となって

2009/01/18 05:51

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 米国発の金融危機が世界を覆い尽くそうとしている2009年1月に本書を再読してみた。

 まさに 現在は「チーズが消えた」状況にある。あれほどまでに時代を謳歌した米国の金融界が これほど苦しむ時代が来るとは誰も想像できなかったに違いない。
 但し「チーズが消えた」理由は 比較的はっきりしているのではないかと思う。やはり米国式の金融資本主義は 実は「毒入りのチーズ」を作っていた点にある。毒は食べない間は問題を起こさなかったわけだが 結局 改めて まじまじと品質を見極めると その毒では食べようが無いことがはっきりわかり 誰も買わなくなったわけだ。

 そう考えると かつて たとえば本書を読んで 新しいチーズを探してきた人たちが 工夫を重ねた末で とんでもないチーズを自ら作ったというのが 最近の物語だ。

 本書は 「チーズを探す点」において感動的だが そもそも 「そのチーズとはどのような品質であるべきか」という点が盲点になっているのではないかと 今思う次第だ。そう考えると 本書で食べ物であるチーズを例えで使ったことは なかなか象徴的なのだと思う。
 一連の食品を巡る偽装や原材料の問題を見るにつけても「チーズの探し方」だけでは片手落ちであることが次第に見えてきている。本書を乗り越える新しい寓話が期待されているのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

話題再燃の大ベストセラー!

2017/03/25 14:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UG7729 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二匹のネズミ スニッフとスカリー、二人の小人 ヘムとホーの前から消えたチーズ。それぞれがチーズが消えたことに対して取る行動から自分を振り替える自己啓発本。日ハムの大谷選手の愛読書として紹介され話題が再燃しています!とても分かりやすくお手軽に読めるので、気軽に読んでみてはいかがでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時折読み返すとその時々で答えが見つかります。

2004/10/01 12:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:秋の空 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は、最初の一回だけでもためになるのですが、時折、思い出して読み返すと、その時々の発想の行き詰まりや壁などを見つめる際に障害となってくれているものを整理する効用があるようです。
 簡単な本なので時間はかかりませんし、客観的に置かれた環境を見つめなおす視点を得るには非常に良い本だと思います。
 一回きりで終わらせてしまって、「あ、その本、読んだ! 読んだ!」という知人同士の話題の一つでおしまいにするとちょっともったいないかな。と思わせてくれる本ですね。
 最近、出版数も多い反面、絶版になるのも早いのですが、時折手に取れるように、いつもどこかで販売していてほしいと思います。
 ちょっとした心の迷いに整理役となってくれる効用に感謝しています。
 細かいところに入り込んで迷ったり、重箱の隅をつつくだけで答えの出ない日本的な発想に困った時に、アメリカ的な発想で自分自身に切り返しをするのも、時にはいいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

みんなの人生の手引書

2003/04/12 23:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容はとてもシンプル。ゆえに、年齢、その人の置かれている状況により解釈が変わってくると思いますが、老若男女、読む人を選ばない本です。人生の中で穴にはまってしまったような時に思い出せば、その穴から抜け出すのが楽になりそうな手引書的な本。もっと早くこの本に出会っていれば、あの時、この本に出会っていたらよかったのにと思える経験があるので、子供にも読ませたいと思います。そして、自分も折にふれ、読み返したいと思っています。マーフィーのゴールデンルールを思い出したのは私だけでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさにその通り!

2002/06/10 22:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:AEZ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まず、1時間で読めるところがいいですね。会社や学校が遠い方なんかは通勤・通学時間で読めてしまいそうです。
 それでいて内容は深い…。しばらくいろいろ考えさせられました。
 世の中にいろんなビジネスや精神論を唱える本がありますが、結論の結論は全てこの1冊に凝縮されているのではないでしょうか? それでいて分かりやすく読みやすい。手軽な感じもまたいいですね。
 普段鞄の中に入れておいて、時間が空いた時に何度でも何度でも読んでみるといいかもしれません。かさばる本じゃありませんし…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恐怖がなかったらなにをする?

2002/05/17 18:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

もし恐怖がなければ何をする?という一説がとても好きだ。
この本ではユーモアに隠してはいるが、たいそう深いことをいっていると思う。売れるわけだ。
またいつもどこかに新しいチーズがあると信じること、それもすごく希望を与えてくれると思う。
もともとの英語の題は「WHO MOVED MY CHEESE?」だったと思う。これは誰が俺のチーズを動かした?という、俺の物を、どこのどいつが、という怒りを含んでいる気がする。日本語のタイトルとはちょっとニュアンスが違う気がするのだけど、そこだけが気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

“チーズ”を置き換えてみれば…。

2002/02/25 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 一通り目を通して、なんだか分かったような分からないような…とぼやく私に妹が言った。
 「仕事に置き換えてみれば?」
 なんて具体的。なんて露骨な…と思いながらも、現在、転職しようか考えている最中の私にこれほど分かりやすい例えはない。現在の状況に笑えるほどに当てはまってしまって、その後しばらく友人達との間でチーズを欲しいものに当てはめてみるのがブームだった。
 言われてすぐに実行できるわけではないけれど、的を射た話ではあるとしみじみ納得。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

チーズはどこへ消えた?

2002/01/26 17:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すいか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あまりにも有名なベストセラー。読んでいると変化を恐れ、その場にとどまろうとするヘムははがゆく感じますが、実際ヘムのような人が多いのではないでしょうか? ねずみ達のように瞬時に行動を起こすことは無理でも、せめてホーのように、勇気を出して新しい事に挑戦したいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む