サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 講談社の通販
  6. 講談社文庫の通販
  7. 有限と微小のパン The perfect outsiderの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

有限と微小のパン The perfect outsider(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 302件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/868p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273294-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

有限と微小のパン The perfect outsider (講談社文庫 S&Mシリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

有限と微小のパン The perfect outsider (講談社文庫 S&Mシリーズ)

税込 1,298 11pt

有限と微小のパン THE PERFECT OUTSIDER

税込 1,045 9pt

有限と微小のパン THE PERFECT OUTSIDER

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.1MB 無制限
Android EPUB 4.1MB 無制限
Win EPUB 4.1MB 無制限
Mac EPUB 4.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー302件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

舞台に幕を引く

2009/01/19 16:36

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 萌絵の幼なじみ塙理生哉が社長を務めるナノクラフトの招待で、テーマパークを訪れた三人。空港で偶然再会した島田文子から、目的地で死体が消失するという不可思議な事件が起きていたことを聞かされる。そして実際に萌絵たちは死体が腕だけを残して消えてしまう現場を目撃する。犀川や萌絵を観客と見立てたように次々と起きる事件。その背後に見えるあの天才の影。いったい誰が何のために事件を引き起こしているのか?
 シリーズを通して1話完結の形式を取りながら、作品構成としても、作中人物達にしても、それぞれに関連性を持ちながら全体として1つの作品群を作り上げたと言える。これをなしえた理由の一つとして、シリーズを一貫する思想の存在が挙げられるだろう。
 すなわち、謎の全てに常に解答が用意されているわけではない、と言うこと。そして、読者は事件の直接的な観測者にはなりえないと言うこと。だからこそ、どこまでが事実でどこからが作中人物の意見なのかを見極め、解くべき課題設定を行い、事実に基づく仮定を組み立て、事実との突合せをする必要が出てくるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

存在の行方

2005/01/16 13:52

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こう - この投稿者のレビュー一覧を見る

見事でした。
真賀田博士の登場や言動から来る森ワールド独特の雰囲気もさることながら、<S&M>シリーズ前9作全てがここに到るまでの伏線であり、要素だったのですね。 10冊読み終えてみると、やはりこのシリーズの中で一番好きなのは第1作『すべてがFになる』と本作『有限と微小のパン』ですが、かといってこの2冊だけではストーリーが完成しなかったというのもよく分かりました。
ないものをあると信じること、綺麗とか美しいということ、名前というもの、1つであるということ、一瞬で消えてなくなるもの、時間という概念、生と死……前9作で提出されてきた主題が、本作で集約され、本作で「存在の意味と行方は?」というテーマの下に完成されています。好きだなあ、こういうの。

「どこから来た? 私は誰? どこへ行く?」
存在というものがどこから来てどこへいくのか、とは、もうずっと昔から使い古されているにも関わらず繰り返し問われ続けているテーマですが、それに対してこんな答を返したお話って他には知りません。
不完全だからこそ愛しい/大切だとか、逆にまったく意味などないのに生きていかなければならないという悲愴さとか、色々あるけれどこれはどちらでもない。単に意味はない。でも意味があるかないかということすらも、たいした差ではない。ただそこで生きている。そんな感じです。

このシリーズを途中で投げ出してしまった方もいるでしょうが、なんとかこの最終作まで辿りついてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

My favorite

2019/05/08 22:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:A - この投稿者のレビュー一覧を見る

森先生のSMシリーズ完結編ということで、これから読むのが楽しみです。
テレビドラマで放送されてましたが、この本を読む前にドラマを見返すのも良いかと思ってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ最後、分厚い!

2019/02/23 23:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズも最後ですね。さみしいです。(短編はありますが)
犀川先生大好きです。萌絵との今後が気になります。次のシリーズ以降でも、二人のことが分かることもあるかと思うので、そこは楽しみにしたいです。

今回は某ラスボスが出てきている関係もあってか、文学的(?)要素が強いかもしれません。そこがまた楽しかったです。
正直、この作品が書かれたのが90年代ということに、驚愕しました。さすがは森博嗣と言いますか…

今回は、本当に「すべてがFになる」を読んでいないと、何も分かりません。要注意!
分厚い文庫にビビっていましたが、すぐ入り込めて、読みやすかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最終巻

2001/12/29 10:38

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なんだ、この厚さは! 最近は厚い文庫も珍しくないけど、重いことには変わりない。通勤とか持ち歩きには全然向いてないです、ほんと。しかし、9巻まで読んで来た人にはなにがなんでも読まないと気が済まない最終巻である。

 もしこのシリーズをはじめて読む人はこの本を読んではいけない。そういう意味では評価を★1つにしておくべきかもしれないなあ。そして「すべてがFになる」を★5つにする。9巻まで読んでる人なら、★1つでも読むだろう。

 萌絵がロケットパンチを知らないなんて。これは笑えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

S&Mシリーズ

2017/12/14 14:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Keito - この投稿者のレビュー一覧を見る

この長編ついに読み終えました
現実にあるテーマパークをモデルにしているので想像しやすかったですが、読み終えてなぜか分からないですが作者は早くこのシリーズを終わらせたかったのかも?と思ってしまいました
ふと、他に書きたいものが出来たのかな?なんて思ってしまいました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ま、これだけのボリュームですから、読んだ記憶がない、というのは分からないではないんですが、要は、記憶に残るレベルの作品じゃあない、っていうことで

2007/03/29 22:02

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めるまで確信をもてませんでした。何が、って、1998年に出た単行本のとき読んだんじゃないか、っていうこと。そして驚いたんですね、ノベルズ版と文庫版と値段。前者が1386円、後者が1200円。もう価格差はないといっていい。あるのはブックデザイン、サイズと出版時期の違いだけ。ふむふむ、弁当箱本の宿命か・・・
文庫のカバーデザインも、ノベルズ同様に今は亡き辰巳四郎。個人的には、ノベルズ版のクールな感じが好きだったなあ、なんて思いながら読み始めました。そう、再読かどうか不明のままに。
カバーの内容紹介は
「日本最大のソフトメーカが経営するテーマパークを訪れた西之園萌絵と友人・牧野洋子、反町愛。パークでは過去に「シードラゴンの事件」と呼ばれる死体消失事件があったという。萌絵たちを待ち受ける新たな事件、そして謎。核心に存在する、偉大な知性の正体は……。S&Mシリーズの金字塔となる傑作長編。」
目次ですが
第1章 パンドラの箱
(Pandoras’ Box)
第2章 下界の神殿
(Pantheon)
第3章 渾沌の魔殿
(Panddemonium)
第4章 拡大の作図
(Pantograph)
第5章 追う野獣
(Panther)
第6章 三色すみれ
(Pansy)
第7章 全景の構図
(Panorama)
第8章 過度のゆらぎ
(Pannic)
第9章 慈悲の手
(Panhandler)
第10章 神の薬
(Panacea)
解説「森博嗣は何故本格創作に参加したか」
島田荘司
とあります。最初は日本語表記だけを写そうと思っていたんですが、途中で気付きました。英語のタイトルは全て頭の三文字”Pan”が共通なんですね。日本語だけではさほどの面白味は感じなかったんですが、分ってみれば森さん、楽しんだんだろうなあ、なんて思いました。
中盤あたりで再読がはっきりしてきたんですが、正直、以前読んだときは少しも楽しめなかった。それが今回は、それなりに付き合えます。ま、犀川の少なくとも女性に対するヘタレ、というかカマトトぶりには、思わず「首締めたろか」って言いたくなりますが、萌絵の健気さに免じて許しましょう。
でも、このトリックは、ないかな。現実と非現実というものに対する現代的な見方については共感もし、よく考えていて、さすが工学部の助教授、と思うんですが、それ以上ではない。これなら何でもありだものなあ、なんて思います。で、逆に面白く読んだのが島田荘司の解説「森博嗣は何故本格創作に参加したか」です。
そうか、森って建築じゃなくてコンクリート工学のほうなんだ。そうか、島田にとって森はあくまで「大学助教授」なんだ、多分、そんなに親しくはないんだろうなあ、なんて肯いたり、一人で勝手に思ったり。でも、島田は森の文学性についてよく理解しています。確かに島田の文章からは、文学の香がしないし・・・
ただし、この作品が「S&Mシリーズの金字塔となる傑作長編」というのには賛成しません。ボリュームとしては画期的であっても、内容的には平均以下でしょう。私が森作品の虜になっていくのは、小鳥遊練無が出るVシリーズなんですが、それも含め2000年以降の作品のほうが圧倒的にレベルが高い。量には感心しても、これではね・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/02 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/12 13:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/06 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/28 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/12 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/10 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/11 04:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。