サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

嵐が丘 上(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/313p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-322331-4
文庫

紙の本

嵐が丘 上 (岩波文庫)

著者 エミリー・ブロンテ (作),河島 弘美 (訳)

嵐が丘 上

税込 842 7pt

嵐が丘 上

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 1.3MB 無制限
Android XMDF 1.3MB 無制限
Win XMDF 1.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

1848年12月19...

ジュンク堂

1848年12月19日、エミリー・ブロンテは30歳の若さでその生涯を閉じました。
たった1編の長編小説『嵐が丘』が評価されるのは、それから数十年もの後の事――

荒野に佇む館で出会い、ともに育った二人の子どもがたどる、愛ゆえの狂気と悲劇。
慎ましやかな生活だったというエミリーの内面に迸るイマジネーションが、
たったこの1冊に注ぎ込まれています。

【折々のHON 2010年12月19日の1冊】

みんなのレビュー50件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

2004/03/04 04:54

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

(あらすじなど書かない。ただ、バタイユが『文学と悪』のトップで取り上げてるぐらいだから、「甘い恋愛ドラマ」ではなく「悪の香りが濃厚な物語」であるということだけは、断っておいたほうがいいかな。礼儀として。)

『嵐が丘』という小説は、とても「読書空間」という感じがある。それは何より作者のエミリ・ブロンテが「読書空間」をとても大切にする人だったからだろうと思う。作品のなかに、とても素敵な「読書空間」が用意されている。もう、そうとしか思えないのだ。

ヒースクリフといい、キャサリンといい、リントンといい、ヘアトンといい、キャサリン(娘のほう)といい、リントン(息子のほう)といい、怒涛の如き「恋の嵐(甘くはない、まったく甘ったるくなどない)」であるが(で、そんな中、くそ爺のジョーゼフがいい味を出している)、少々気取ったところのある紳士ロックウッド(個人的には嫌いではない)にヒースクリフの物語を語る「語り手」のネリーが、とにかく素晴らしいのだ。一読者として言わせてもらえば、単にネリーの話をその場で聴いている感じがするという意味での臨場感だけではなくて、彼女の語る「ヒースクリフ物語」そのもののなかに、「一読者」に過ぎない「自分」が「存在」しちゃってるような臨場感さえ醸し出してくれる(そんな場所、特等席を用意してくれているのだ、たぶんエミリ・ブロンテが……スゴイ!)のだから、ただものではない。しかも、まったく破綻がない(と思う)。

キャラクターの描き分けが、とても素晴らしい。しかも、全員、とめどもなく(ポジティブな意味で)魅力的なのである。ふつう小説っていうと、「こいつ、いけ好かない奴」と思えるキャラクターが一人はいるものだが(いても悪くはないのだが、もちろん。で、ジョーゼフは嫌いな人は嫌いかもしれない、うるせーし。でも僕は愛すべきキャラクターだと思うし、そう思わせるだけの描写がなされている)、これはつまり、エミリ・ブロンテの「愛」以外の何物でもない。ここで安易に「作者」を出してくるのは、小説の読み方として間違っているのかもしれないが、『嵐が丘』が傑作であるのは、やはりエミリ・ブロンテが自らの作り出したキャラクターを情熱的に愛していたからであるとしか考えられない。いかに悲劇的な結末であろうとも、「愛」に包まれている。読み終えて……「愛に包まれた世界にいること」を、これほど強く感じさせてくれた小説はない。(僕には)

ぜったいに、おすすめ。(実は僕が今回読んだのは新潮文庫の旧版、田中西二郎さんの翻訳だけど、たぶん翻訳云々ではなくて、この作品はとにかく最高に素晴らしいと確信している。)

もう一度読み返して(岩波文庫で。原書も参照しながら)、細やかな、厳密な分析をしてみたいと思う。でも、しばらくは、この世界にとどまっていたい。(「また甘いことを書いてるなあ、おれ」と心の片隅で少し反省しつつも。でも、甘いのはこれで最後のつもりだから。)


               <追伸>
『嵐が丘』を下敷きに書かれた水村美苗さんの『本格小説』もすごく好きだけど、やっぱり『嵐が丘』の方が上かな、と思う。今の僕には「どこが」とは言えないし、だからって『本格小説』の価値を貶めるつもりはないけど(というか、貶めることにはならないと思う)、やっぱり「物語」というのはこうでなきゃ、という「究極」なものが、ここにはある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地上の嵐。

2002/07/10 00:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 虐げられ恋人を失った男が数年後に舞い戻り、かつて己を痛めつけた者どもに壮絶な復讐を果たす。陰鬱と愛憎が全面を支配した物語──と聞いていて、中学生の頃から読みたいと思っていたのだが、何故か今まで読む機会が無かった。
 物語の始めからクセのある人間たちが登場し、これは普通の小説ではない、と思わせる。ロックウッドがキャサリンの幽霊に出会う場面は、ゴシック風で何とも不気味で印象に残った。
 ヒースクリフのキャサリンへの強烈な愛情は読み取れたのだが、壮絶な執念を燃やすほどの憎しみや恨みの心情はあまり描かれておらず、少し説得力に乏しいような気がした。だが、これは「第三者からの聞き書き」という形態を取っているゆえ、仕方が無いのだろう。
 ヒースクリフとキャサリンの絶望的な愛は破局し、物語は下巻へと続いてゆく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嵐が丘上

2001/08/29 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲップ3号 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この話は複雑な構成を持っている。作品はアーンショウ家とリントン家を中心にして進んでゆく。しかし、読者はその物語をたどるのではなく、家政婦のネリディーンの話を聞く聞き手のロックウッドを通して物語を読者が読み取るという二重の構成なのである。この事によって作品はある客観性をもちながらも内部では作中の人物が自由に動きまわり主観的に行動し、読者はさらにそれを見るという作業を通してひとつの世界を見ることが出来るのある。読者は観客でなければ、役者でもないのである。では、なにかというとそれは作品を読んで自分で考えてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

悪の道をゆく

2018/05/30 06:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒースクリフの生きざまが心に残りました。たったひとりの愛する女性へのピュアな思いも伝わってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

超近距離

2019/01/12 20:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケロン - この投稿者のレビュー一覧を見る

大恋愛物語だと勝手に思っていました。
磯野さんちとイササカ先生のお宅くらいの近さ(物理的な距離ではなく)で繰り広げられる愛憎劇みたいな、超近距離の人間模様。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/02 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/27 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/23 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/30 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/29 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/19 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/30 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/21 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/13 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/13 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。