サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~3/6

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2007/09/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-275821-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

QED〜ventus〜鎌倉の闇 (講談社文庫)

著者 高田 崇史 (著)

「神は三種類に分類される。まず第一が、大自然。次は祖霊。最後は、時の朝廷に対して戦い、恨みを呑んで亡くなっていった人々」。銭洗弁天、鶴岡八幡宮、御霊神社…鎌倉をそぞろ歩く...

もっと見る

QED〜ventus〜鎌倉の闇 (講談社文庫)

税込 726 6pt

QED ~ventus~ 鎌倉の闇

税込 726 6pt

QED ~ventus~ 鎌倉の闇

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.8MB
Android EPUB 3.8MB
Win EPUB 3.8MB
Mac EPUB 3.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「神は三種類に分類される。まず第一が、大自然。次は祖霊。最後は、時の朝廷に対して戦い、恨みを呑んで亡くなっていった人々」。銭洗弁天、鶴岡八幡宮、御霊神社…鎌倉をそぞろ歩く奈々、沙織の棚旗姉妹に、桑原崇が説く、源三代にまつわる謎の答えが、そのとき密室で起こった社長失踪事件をも解き明かす。【「BOOK」データベースの商品解説】

闇に浮かぶ、源三代にまつわる謎の解!

「神は三種類に分類される。まず第一が、大自然。次は祖霊(それい)。最後は、時の朝廷に対して戦い、恨みを呑んで亡くなっていった人々」。銭洗弁天、鶴岡八幡宮、御霊神社……鎌倉をそぞろ歩く奈々、沙織の棚旗姉妹に、桑原崇が説く、源三代にまつわる謎の答えが、そのとき密室で起こった社長失踪事件をも解き明かす!【商品解説】

目次

  • 初夏の夢
  • 北鎌倉の地
  • 銭洗弁天の水
  • 鶴岡八幡宮の火
  • 御霊神社の風
  • 江の島の空
  • 華胥の夢

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

魅力あるキャラクター

2022/08/13 17:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルリノツキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

沙織ちゃんも準主役として馴染んできましたね
今回は奈々ちゃん沙織ちゃんのよく知った
実家の地元という事で
詳しい地図もつけられていますので
いつか訪れてみたいと読者に思わせる要素がいっぱいあります
謎解きも多数あって読み応えあります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

案外行けるかもQED---鎌倉編

2008/04/27 21:50

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 QEDシリーズを初めて読んでみた。とくに鎌倉に惹かれた訳である。ストーリーといえば、次の通りである。友人同士が鎌倉を歩く。その中の一人は鎌倉については博覧強記である。友人に聞かれるままに鎌倉の名所を歩きながら歴史や由緒を説明していく。まさに、仲間に加わって案内されながら歩いている気分にさせてくれる。
 もちろん、小説仕立てだからガイドブックのように関連する情報がすべて掲載されているわけではない。鎌倉案内の一方で、殺人事件がおき、この友人の一人がその殺人事件を追う。そう、彼の職業はジャーナリストであった。
 鎌倉案内があったと思うと、次には殺人事件に場面は移る。交互にこの2つを織り交ぜていく。随分凝った造りだと思う反面、欲張りだとも思う。どっちかにしておけばよいのにと思う。この小説に限って言えば、鎌倉案内は十分に堪能できたのだが、小説の方はその付け足しのような扱いに思えた。
 私はこの鎌倉案内はよくできていると思う。鎌倉検定もこの案内を読んでおけばよい点が取れるだろう。小説に絡めて歴史や由緒を説明していくというのは実によいアイデアだと思う。ただし、ガイドブックとは所詮その果たす役割が異なることは当然である。代用品にはならないが、鎌倉の知識、とくに歴史的な逸話などはこれだけ分かれば十分であろう。旅の楽しみ方の定石である。
 最初の方に、鎌倉特有の「やぐら」の説明があった。「やぐら」は簡単に言えば、山に穿たれた横穴である。この用途が武器庫として使われていたとの説明であったが、通常は武器庫という解釈はない。これは中世の墳墓という説が有力である。鎌倉には至る所にこの墳墓があるし、まとめて存在するので、名前が付けられているところが多いのである。
 この部分が気になったが、後は言うことはない。QEDシリーズは旅行ブームにマッチして案外行けるかも知れないと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鎌倉

2020/02/23 19:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

謎解き自体は六歌仙の方が面白かったのですが、登場人物に情がわいてきました。永井路子「北条政子」を読んで、頼朝と政子の子供たちに衝撃を受けたのですが、こういうことだったのかと思えました。永井路子さんの名前も出てきて何だか嬉しかったです。鎌倉の地図もあり、一緒に鎌倉を歩いてみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋の春夏秋冬

2007/09/18 01:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

九段坂の春 北鎌倉の夏 浅草寺の秋 那智瀧の冬 と春夏秋冬に章が分かれており、各章が独立しているようで薄く広く繋がっているオムニバス形式?のシリーズ番外編。
といっても本編を殆ど読んだことがない私にとって、『毒草師』に登場した御名形くらいしか知らないのだが。そんな初読みの私でも十分楽しめる作品だった。すべての章を通じていえるのは恋とその破局とだ。

初恋に始まる「起」の春、鎌倉の南北朝時代を背景にめまぐるしく推理が錯綜し若者達の盛んな会話が熱い「承」の夏、老人の語「件(くだん)」やご本尊の性的な本来のイワクを軸に鎌倉から浅草寺へと話が「転」ずる秋、すべての散らばった箇所が集「結」し恋に始まった物語が一人の女の語りによって終「結」する冬。

各章とも面白く、民俗学ミステリーとしても・・・というか歴史学的にも(あまり日本史に詳しくない私などには)今日意味深く読ませていただけた。難点を言えば、「夏」が弱かったように思う。ここがなくても全体がまとまってしまうくらいに。あとは 普通一般高校生がこんな年号やら人の名前やら出来事やら・・・ましてや本尊の名前やらまで暗記してるか!って突っ込みたくなるくらい。
NHKの放送大学の講師でさえTVの前でカンニングペーパー読みながら放送してんだぞ(笑)これだけのことが言える高校生に会ってみたいものだ・・・
しかし話し運び、読ませるストーリーはさすが。シリーズ化しているだけある。やはり本編を読んでおかなければ!と思うほどには面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鎌倉の暗闇

2022/03/25 14:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史の暗い部分を暴き出す力量は見事のひとこと!
源平合戦後の源氏の運命がなんとも悲痛。
でも、高田氏の書く女性はいつもどうもぎこちない。女性を動かすのが苦手なんだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。