サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

[12/1~12/25] 年末年始福引キャンペーン	~1/13

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀行総務特命 新装版(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 147件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/11/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/429p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277140-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

銀行総務特命 新装版 (講談社文庫)

著者 池井戸 潤 (著)

帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり…スキャンダルに事欠かない伏魔殿を指宿は奔走する。腐敗した組織が...

もっと見る

銀行総務特命 新装版 (講談社文庫)

税込 765 6pt

新装版 銀行総務特命

税込 765 6pt

新装版 銀行総務特命

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.8MB 無制限
Android EPUB 3.8MB 無制限
Win EPUB 3.8MB 無制限
Mac EPUB 3.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり…スキャンダルに事欠かない伏魔殿を指宿は奔走する。腐敗した組織が、ある罠を用意しているとも知らずに—「総務特命担当者」の運命はいかに!?意外な仕掛けに唸らされる傑作ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

◆2015年7月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」ドラマ化エピソード収録作 主演:杏◆ 帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり。腐敗した組織が罠を用意しているとも知らずに、指宿は奔走する。「総務特命担当者」の運命はいかに!? 意外な仕掛けに唸らされる傑作ミステリー。


◆2015年7月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」ドラマ化エピソード収録作! 主演:杏◆

指宿、お前どうするよ。
メガバンクの醜聞を隠し通せと言われたら。

帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平(いぶすき・しゅうへい)。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり……スキャンダルに事欠かない伏魔殿(メガバンク)を指宿は奔走する。腐敗した組織が、ある「罠」を用意しているとも知らずに――「総務特命担当者」の運命はいかに? 意外な仕掛けに唸らされること間違いなし! 
ある事件をきっかけに指宿とコンビを組むことになる美貌のキャリア・唐木怜(からき・れい)の活躍にも注目。【商品解説】

目次

  • 漏洩
  • 煉瓦のよう
  • 官能銀行
  • 灰の数だけ
  • ストーカー
  • 特命対特命
  • 遅延稟議
  • ペイオフの罠

収録作品一覧

漏洩 9−63
煉瓦のよう 65−93
官能銀行 95−137

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー147件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

銀行内の事件捜査を描く

2018/01/21 21:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

銀行出身の作家、池井戸潤の描く銀行に勤務する主人公の事件調査簿である。この前にオムニバス形式で『銀行狐』という短編集があった。この短編の中にタイトルと同名の銀行狐があった。この主人公は帝都銀行総務部の調査役で指宿修平調査役である。本編はこの指宿の事件簿である。

 内容は8つのエピソードに分かれている。個々に論評する気はないが、行内の部署同士、この場合は指宿の属する総務部と人事部の対立である。8つの中で『特命対特命』が最も面白かった。

 調査役レベルで対立することはよくあることかも知れない。解決すればそれで済むのだが、そうでない場合は指揮命令系統の上に上がっていく。するとよくあるケースは派閥である。よくあるというのは、この辺りは読者にはよく見えない。というよりそんなものが幅を利かせている金融機関はもはや生き残れないであろう。どうもピンとこない。

 池井戸の銀行小説を読んでいると、行内の人脈が豊かで助けたり、助けられたりで、この人脈がなかれば仕事が回っていかないようだ。銀行自体は定期的に異動があるところなので、人脈形成も自然に出来ていくのかもしれない。

 小説の内容は、いずれの短編も鮮やかで、とくに指宿の上と下の両方への配慮が見事である。これなら将来が約束されたも同然のように書かれている。いずれにしても、銀行絡みの池井戸の物語は展開も含めてなかなか楽しませてくれるものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

池井戸氏の意外な仕掛けに驚かされる傑作ミステリーです!

2016/08/11 09:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、池井戸氏の作品の中でも非常によくできています。帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任されていた指宿修平ですが、彼は、顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金作りといった数々のスキャンダルのもみ消しに毎日奔走します。しかし、この腐敗した組織は、ある罠を用意していたのです。彼はそれとは知らずに奔走の毎日を送ります。果たして、どうなるのか!ぜひとも、本書をお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数字で評価される世界は厳しくて醜いなあ

2018/05/09 21:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

“花咲舞”の原作だと思って買ったのですが、花咲舞は出てきませんでした。でも、さすが池井戸潤、銀行ミステリーで面白く、かつ考えながら読みました。これはあくまで小説だから、現実はどうか知らないけど、数字で評価される世界は厳しくて醜いなあと思わされます。学校も、数字で評価するようになったら(学力テストの点数が何点上がったとか)そうなるだろうなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

必ずしもいい解決策があるわけではない

2017/06/29 07:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とうふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

全てが綺麗に終わる訳ではない。そう感じる内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

銀行の腐敗

2015/12/03 03:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

銀行内の不正を明らかにすべく密命を託された指宿のかつやくを描く連作短編。銀行出身の池井戸氏が、銀行の恥部を描くのだから期待して読んだが、まさに裏切られることのない面白さだった。とかく銀行は批判の対象にされているし他方、池井戸氏は、そうした恥部を余すところなく明るみに出す頼もしい作家である。今後への期待も大。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさか彼が!?

2016/11/18 11:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

特命対特命が良かった!
まさか彼が味方だったとはね~^^
わずかな幸運が私にも舞い降りてくれますように☆彡
それにしても、どこの職場にもやっかいな輩というものはいらっしゃるものなのね^^;

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

玉石混合の連作短編小説

2014/01/29 20:17

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

銀行の不祥事をテーマにした連作短編集。8話で構成されています。池井戸氏4作目の著作ということで、自分の作風を模索している時期だったのでしょう。凡作と秀作が混在し、登場人物もストーリー構成も何かが足りない残念な仕上がりでした。
 まず登場人物の掘り下げが足りません。例えば、第3話から登場する唐木怜は美人で優秀な銀行員という設定です。氷のような女性で徹底すれば良いものを、身近な男性(同僚)と直ぐに関係を持つ尻軽女であり、いかにも中途半端です。肝心な主人公である指宿修平もクールというだけで、人物像は希薄です。いずれも十分に練られていないため、人間としての深みがなく、中途半端な人間像なのです。
 全体の雰囲気は、江戸川乱歩賞受賞作である「果つる底なき」を引きずっていて、一様に暗く、爽快感は皆無です。ストーリー自体も、誘拐事件やストーカー騒動や傷害事件等々、変化をつけているように見えますが、根っこは同じような不正行為や逆恨みばかり。しかも、結末は尻切れトンボ。好き嫌いはあるかもしれませんが、私には糸の切れた凧のような中途半端な印象しか残りませんでした。
 本作のような試行錯誤を経て、半沢直樹シリーズや下町ロケットといった名作に繋がったという意味では、一読の価値はありますが、爽快感や感動を期待している方は、がっかりするでしょう。同じ連作短編集であれば「不祥事」(講談社文庫)を勧めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/03/31 04:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/03 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/25 09:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/01 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/14 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/05 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/25 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/06 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。