サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

聖女の救済(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 604件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/13
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/424p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-711014-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

聖女の救済 (文春文庫 ガリレオ)

著者 東野 圭吾 (著)

資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれている...

もっと見る

聖女の救済 (文春文庫 ガリレオ)

734(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻には鉄壁のアリバイがあった。難航する捜査のさなか、草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…。驚愕のトリックで世界を揺るがせた、東野ミステリー屈指の傑作。【「BOOK」データベースの商品解説】

資産家の男が自宅で毒殺された。毒物混入方法は不明、男から一方的に離婚を切り出されていた妻にはアリバイがある。草薙刑事が美貌の妻に魅かれていることを察した内海刑事は、独断でガリレオこと湯川学に協力を依頼するが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー604件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

面白い!

2013/07/21 23:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さい - この投稿者のレビュー一覧を見る

内海さんのキレのよさが、光って、話しの、筋もきちんと通ってて、面白い内容でした。

ドラマとは全く違いすぎ、なぜ、ここまで、原作と、変えるのか?
と、逆にドラマ制作への不満が、湧いてきました。

まぁ、ドラマとは全く違うので、ドラマを見た人でも楽しめると思います。オススメです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖い

2015/06/03 00:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近ドラマ化もされましたね。
東野圭吾先生の作品の中では謎解き要素がやや強い作品に入るかな。
人間の残酷さが上手く描かれてます。
人の尊厳を傷つけるとかならず報いがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トリックが雑なのが残念

2015/08/25 02:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエール - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物の心情などは良く描写されており、読み終えた後は、さすが東野圭吾の思いを強くした。ただ今回のトリックはやや雑な感じが否めない。以下ネタばれなので注意お願いします。こんな長期間水道を使用せずにいた場合、水道管に貯まっていた水は一般的にかなり変色(場合によっては茶色に近い)することがほとんどであると思う。しばらく出しっぱなしにしておかなければ使用できるような水はでてこない。普通の人なら何だと不審に思うであろう。まあ、こんな些細な事は置いといて東野圭吾を堪能できる作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

綺麗

2015/08/23 22:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MR北海道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作中の色といい、トリックといい、すごく綺麗だった。
ドラマガリレオでは、(確か)最終回に使われ、本当に面白い。

ガリレオ史上最も大掛かりで美しい事件だと思う。
これしか言えない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです

2015/10/06 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とちうし - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもどおりの安定感です。
最後はなるほど、そうくる、いろいろ感じさせますが、一気に読ませるのはさすがです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

隙あり

2015/11/30 14:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しまんちゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

湯川教授がたどり着いた結論はまさに驚愕の一言。すべてを淡々と実行していく三田綾音だが、人の親切を受け入れた時に初めて隙を見せ、それが災いした。テレビ編も見たが断然原作のほうが良かった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

想像を絶するトリックです!

2016/03/03 08:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、東野圭吾氏のミステリー・エンタテイメント小説の中でも特にトリックが見事です。普通は、殺人などの犯罪において、加賀者は何か準備をするものですが、この作品の主人公は「何もしない」ことで殺人を犯してしまうのです。もはやこれは完全犯罪と思われますが、そこには思わぬ落とし穴があります。トリックを解明するという点においては最高のエンタテイメント作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女の恨みは怖い

2017/01/30 13:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のぉちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルから犯人がほとんど分かるけど、殺した方法を見つけないと罪にならない
フーダニットというよりもハウダニットとホワイダニットの複合型だと思う

犯人は、どんな方法を持っていつ成し遂げたか
それが分かるとタイトルの意味に繋がる
長編で読んでいるのに疲れることなく進められた
ドラマでは二話に渡っていたが長編のままで変に削られることもなかった
ドラマを見たあとにでももう一度読みたくなった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相変わらず

2017/10/08 16:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クレメル鯰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず面白くはないが、トリックについて疑問。
一年前に仕掛ける必要があったのだろうか。前日にでも仕掛ければ良かったのではないか?
読み込みが足りないのかな?
あり得ないことがトリックの持ち味だというのが分かるけれど…。
それと、これだけの事を何で長編にしちゃうんだろうな。
トリック物の作品は短編に限ると思う。
ケメルマンの言う通り、ミステリーというのは結局短編向きでしかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「虚数」の意味

2012/04/15 14:34

18人中、17人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

おもしろかった。読み進むほどに、意外な展開が待っていて、トリックと動機の双方の謎に、最後まで引っ張られた。『聖女の救済』というタイトルの意味も、最後になるまでわからない。わかったときには、そういうことだったのか、と驚いた。

前作『容疑者Xの献身』では、湯川学が友情と正義の板挟みで苦しんだが、今作では、草薙刑事が、恋と正義の板挟みで苦しむ。内海薫刑事は、草薙刑事が恋に目を狂わされて冷静な捜査ができないと判断し、単独で湯川に相談したのだが……。

途中、テレビドラマと映画で湯川学を演じた福山雅治の曲を、内海刑事が聴く場面が出て来たのには、ニヤリとさせられた。小説の内海刑事は、ドラマや映画のときよりも、知的な感じがする。それでも、彼女もまた、草薙刑事が恋に狂わされている分まで自分がカバーせねばと焦って、肩に力が入りすぎていたようだ。

最初に殺されてしまった人物について、ここまで勝手な男がいるものか、と思った。頭が良くて紳士的で、表面的なおつきあいの範囲内では、充分に優しくていい人である。しかし、根本的に自分勝手なのだ。こういう、普通の社会生活においては優れた人でありながら内面的には利己主義の塊みたいな人ほど、その根本的なところで触れ合わざるを得ない恋人や家族が、傷つけられ、苦しめられる。

しかし、「聖女」である綾音という女性も、恐ろしい。彼女は優しい。自分を裏切った夫にも、夫を奪った女に対しても。しかし、彼女の振る舞いは何もかもが計算され尽くしている。その計算を、内海刑事は見抜き、彼女の犯行を証明しようとやっきになる。草薙刑事は、綾音に同情し、綾音の夫の身勝手さに怒り、綾音の夫を奪った女の犯行を証明しようとする。どちらにしても、トリックを見破ることができず、真相にたどりつけず、湯川学を頼らざるを得なくなった。

そこへ、第三の女性の存在が浮かびあがって来る。はじめ、彼女の存在は、なんとしても綾音は無実だと信じたい草薙刑事のむなしい希望でしかなかったのではないかと思われたが……。

湯川学のいう「虚数解」という言葉の意味が、なかなか、考えさせられる。存在しない数、虚数。それは、第三の女性のことではないのか。もっとも、湯川学本人は、第三の女性の存在など知らずに、別の意味で、虚数解と言っていたのだが。

推理小説好きならば、「未必の故意」という言葉も、よく知っている。犯人が現場を離れ、蓋然性に頼って行う犯罪の場合が、その典型だ。綾音には「未必の故意」によって夫を死に追いやる動機がある。だが、その方法がわからない。湯川学は、物理的な理由によって、あるとすればこれしかないという、その方法を見つけるのだが、今度は、それでは、綾音が夫を死に追いやる動機と矛盾する。いや、矛盾しないのかもしれないけど、それにしても、普通、そんなことはありえないだろうという手順になってしまう。

草薙刑事が最初に事件現場に来たとき、内海刑事はベランダの花を見上げていた。彼女は別に事件の真相を解く鍵がそこにあると思って目をつけていたわけではないのだけれど、後々、草薙刑事はそのベランダの花に水やりをするようになり、更にそれが、最後の最後に、事件の解決につながることになる。

それは、悲しい恋の終わりでもあった。

だけど、草薙刑事と湯川学と内海刑事の友情に、最後は、ほっとさせられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/14 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/15 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/21 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/21 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/16 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る