サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 1,432件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2013/06/01
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:15cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-893706-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

著者 原田 マハ (著)

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピー...

もっと見る

本日は、お日柄もよく (徳間文庫)

税込 713 6pt

本日は、お日柄もよく

税込 713 6pt

本日は、お日柄もよく

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.6MB
Android EPUB 5.6MB
Win EPUB 5.6MB
Mac EPUB 5.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

二ノ宮こと葉は、製菓会社に勤める27歳のOL。ある日、結婚披露宴で、伝説のスピーチライター・久遠久美の素晴らしい祝辞に出会い感動したこと葉は、久美に弟子入りすることに…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,432件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

素直に泣けますよ、この作品

2017/02/16 07:26

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今やアート小説の旗手である原田マハさんが2010年に書いた作品が文庫化され大ヒットとなったのがこの作品である。
 ここにきて、ドラマ化までされるのであるから、驚きだ。
 だったら、どんな物語なのか読んでみたいと思うじゃないですか。
 そして、読み終わったあと、この文章を書いている訳ですが、売れる理由がわかるなぁ。
 だって、素直に泣けますよ、この作品。

 ごく普通のOLだった二ノ宮こと葉。普通のといいながらも、おばあちゃんは有名な俳人だし、知人には大政党の幹事長だった人もいるから、ちょっと普通以上。
 そんな彼女が幼馴染で少しは思いを寄せていた厚志君の結婚式で出会ったのがスピーチライターの久美さん。
 これが運命的な出会いというもの、こと葉は会社も辞めて、久美さんの事務所に。しかも厚志君が亡くなったお父様のあとに国勢選挙に出馬することになって、こと葉はそのスピーチライターとなるわけですが・・・。

 正直にいえば作品の中盤あたりで少しダレてしまうところもない訳ではないが、ここでやめたらもったいない。
 終盤に向けて、滂沱の涙となること間違いない。
 つまり泣かせるツボを心得ているんですよね、原田さんは。
 初期の原田作品はそのような感じですが、最近はじんわりとくる書き方になっている。
 どちらがいいかは別にして、最近なんだかもやもやしている人は涙で洗い流してみるのもいいのではないか。
 いいですよ、物語で流す涙も。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本日は、お日柄もよく

2017/01/16 19:25

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MiyA - この投稿者のレビュー一覧を見る

開始30ページですでに涙がでました。
素敵な言葉がたくさんつまった素敵な作品でした

幼馴染の結婚式でであった言葉のプロフェッショナル久遠久美
OLの主人公こと葉がその出会いをきっかけにスピーチライターを目指し
政治のスピーチライターに抜擢され
強くたくましく成長していくお話です
政治のことなんて全然わからないわたしでも
選挙の話や仕組み、政策がスーっと入ってきて
苦になることなく最後まで楽しく読み終えることができました

なにかをまっすぐに取り組みたい人
今の自分を変えてみたい人に読んでほしい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉のイメージを一新させてくれた作品

2015/12/13 21:01

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんしろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初から最後まで感動する場面満載であり、読んでよかったと実感できる作品。自分がスピーチや言葉に対して抱いていた軽佻浮薄というイメージが一新された。舞台は物語の中ではあるが、作り手が読み手に対して抱く思い、読み手が聞き手に対して持つ気持ちによって、言葉とはこれほど力を持つものかと再認識。読後感が実に素晴らしい作品であるが、原田先生の作品を読むと、なぜか三浦作品を思い浮かべてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度もじぃーんとしました!

2013/09/01 21:32

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tacaco - この投稿者のレビュー一覧を見る

スピーチライターと職業があることを初めて知りました。
それだけでも新鮮でした!
さらに、スピーチテクニックというものの重要性や、選挙の裏側など、主人公こと葉の成長ストーリーとともに普段知ることのできない部分に触れることができて、再度まで面白かったです。

こと葉の新しい恋愛の要素は、どうせならまったくなくてもよかったかなと思いましたが(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉

2016/08/29 05:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

政治家や企業の社長らが演説する際、その原稿を作る”スピーチライター”という影の仕事があるとか。目の付け所が一番。笑わせ、泣かせ、最後まで引っ張っていく。スピーチも小説も、言葉で仕事をする点では同じと考えさせられる。もちろん、書き言葉と話し言葉の違いはあるにしても。重厚な作品から、こうした軽い小説までこなす手腕は見事。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心臓が高鳴ります。

2019/10/02 20:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

スピーチというものに対する意識を改めるきっかけとなりました。スピーチって大事ですね。文章もインパクトはありますが、声は言葉で伝える、プラス、声色や音量(熱意)があります。ここが文章より上回る点だと思います。
 朝礼やプレゼンに是非活かしたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣ける

2015/11/26 22:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニーベルンゲン - この投稿者のレビュー一覧を見る

スピーチライターとしての主人公の成長物語。
後半、政治ネタはちょっと安っぽい。自民党や民主党を思わせる。民主党ブームを思い出した。今となっては、私もそのブームに乗せられた一人だ。現実の政治を連想させる点が読者の判断の分かれるところだろう。こういうネタをフィクションに盛りこむのは難しい。
その点を引いても、この作品の本筋、スピーチライターへの弟子入りから苦難の連続、成功まで、思わぬ恋の成就など、じゅうぶん感動させられる展開で、六時間で一気に読んでしまった。
エンディングは少しはしょったように感じ、物足りなかった。だがこれでいいのかとも思った。なぜなら、面白くて泣けて、終わってしまった物語への思い入れの方が大きかったからだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

皆さんに読んで欲しい本

2021/08/29 14:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名希望 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何度も読み返しては、言葉の力、温かさに涙した本。

笑える箇所もあり、どんどん読み進めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉の力

2021/07/15 10:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トモヤン - この投稿者のレビュー一覧を見る

結婚式の披露宴から物語が始まり、あまりにも退屈なスピーチに居眠りをしてしまい、スープに顔を突っ込んでしまうというハプニングからテンポよく話は進み、スピーチの原案を作る仕事に出会い成長していく物語です。
普通のOLが言葉の魔力に魅了されその仕事にのめりこんでいき、成長していく姿はすごく応援したくなる感じで、テンポよく読み進めることが出来ます。
本当におすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スピーチライター言及

2021/05/08 13:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

題名を見ただけでは結婚式の話かな??と思いきや、実はスピーチライターについてその苦労と、一人前になるまでの間やスピーチについてだけでなく、日本の国政にまで言及した深い深い話だったりする。時期的に政権交代だったこともあり面白くまた少しはらはらしながら読んだりもした。でも最後はやっぱり「本日は、お日柄も良く」まとまっているのである。アートライターだけではない原田マハさん、好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

素晴らしすぎる!

2021/05/02 16:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まっすぐに55 - この投稿者のレビュー一覧を見る

涙が何度もあふれ、心が震えました。
言葉の大切さを改めて感じました。

初めて原田マハさんの本を読みましたが、読みやすくて、一気読みしてしまいました。
辛いことがあったときの「あの言葉」私も大切にしようと思います。また再読したいし、みんなにオススメしたい!レビューがたくさんあり、さらに高評価の意味がわかりました。素晴らしすぎる!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉の大切さ

2020/09/22 00:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なご - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分自身、語彙力がないので、言葉で人を動かせる人は凄いな。と思うし、自分の言葉で誰かを救えるって感動するな。と思いました。
めちゃくちゃテンポもよく面白いのでスラスラと読めます!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんな風に言葉に出来たら

2020/06/18 17:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どらやき - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて、あぁ、こんな風に言葉にしたり、こうやって言いたかったと思えるフレーズに出会う度、原田さんの神業的な文章に感動します。
限りある言葉の中で、作られた文章は何て素晴らしいのだろうと、文章を紡いでいく力に、とても羨ましくなります。 言葉の力は、計り知れないのだから、これから、キラキラするような魔物言葉を選んで話したいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スピーチライターという仕事

2020/06/01 15:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Chii - この投稿者のレビュー一覧を見る

言葉の力で人の心さえも変えてしまう、世界さえも変えてしまう。
スピーチライターという仕事をこの本を通して初めて知ったし、その存在の尊さも初めて知った。

会話で生まれる“言葉”でも、
本や手紙、LINEのような文字で生まれる“言葉”でも、
心がある“言葉”に救われた経験がある人は少なくないと思う。
私もその一人です。

人が紡ぐ、心ある言葉は
政治家のスピーチにしても、
企業のプレゼンにおいても、
結婚式のスピーチにおいても、

人を感化することができるツールだと思う。
それは即、人を救うことになる。

そこ(スピーチライターという仕事)に使命を感じて、6年務めた会社を潔く転職し、
謙虚に前へ前へまっすぐと突き進んでいく主人公の女性像に強い憧れを感じました。

候補あっくんのような、国民の目線に立てる議員はどれだけ政界にいるんだろうか...。
様々な難を経験した議員だからこそ、
“心”がある演説ができるんだろうなぁ。

とにかく、もっともっと
人を救えるような言葉を紡げる人になりたい。

久美さんの紡ぐ言葉に魅了されたので
久美さんのスピーチやセリフだけを
読む時間を作ろうかな....

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなスピーチしてみたい

2020/03/11 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

スピーチライターという職業を取り上げていることにまず引き付けられました。スピーチライターはしゃべる本人に代わって原稿を作るゴーストライターにあらず。本人から言葉を引き出し、それをいかに伝わるように構成し、語らせるかをサポートするのがスピーチライター。自分でも、本書の中にあるようなスピーチができるよう導いてもらえるのだろうか。そんなことを想像しながら、主人公の成長やライバルとの競争などのストーリーにどっぷりと浸ることができました。泣かせる小説ではないけれど、スピーチについ涙腺が緩んだりもして、気持ちよく読み終えることができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。