サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

何者(新潮文庫)
何者(新潮文庫) 何者(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 584件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/06/26
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-126931-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

何者 (新潮文庫)

著者 朝井 リョウ (著)

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから―。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいる...

もっと見る

何者(新潮文庫)

702 (税込)

何者(新潮文庫)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.5MB 無制限
Android EPUB 6.5MB 無制限
Win EPUB 6.5MB 無制限
Mac EPUB 6.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

  • 税込価格:65,599607pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから―。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて…。直木賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【直木賞(148(2012下半期))】就活の情報交換をきっかけに集まった拓人たち。自分を生き抜くためにほんとうに必要なことは何なのか。この世界を組み変える力はどこから生まれ来るのか。就活大学生の自意識をあぶり出す、リアルで切実な長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて……。直木賞受賞作。【商品解説】

掲載中の特集

大学生 読むべき本をテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー584件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

こういうことあったな。

2015/10/21 22:52

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅんべぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

就活を思い出して、あぁそういえばこういうことあったなって感じました。
どうしても疑心暗鬼になってしまう、あのデリケートな時期。
一度社会に出てみれば、そこまで深く思い悩まなくても、会社も職場も山ほどあるのに、内定もらえるなんて、その中の一つに過ぎないのに。。。
と感じます。
でも、やっぱりみんな同じことを考えながら、就活するんでしょう。
頑張れ就活生

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひっくりかえされた

2016/05/07 02:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kyou - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公目線で高みの見物をしていたら、最後はえらい目にあいます。
でも、こんな書き方の物語は初めてだったので本当に心に響きました(笑)
とにかく、すごい!
そして、就活真っ最中の自分には、痛いほどこの話の登場人物達の気持ちがわかる・・・
はやく、内定をもらいたい!!
就活生には特に読んでほしい書籍です!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすが直木賞!

2015/09/13 21:46

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RASCAL - この投稿者のレビュー一覧を見る

朝井リョウさんは3冊目、序盤は「んー、これが直木賞か」と思いながら読んでいたのですが、後半一気に盛り上がりました。拓人、光太郎、瑞月、里香、隆良と本人は登場しないが拓人の元友人GINJIの就活という人生の節目のイベントを通じたて明らかになる人間模様。本音を言える人と自分を大きく見せようとかっこをつける人、匿名でないと本音を言えない人。でも、どう自分を繕ったところで、友人も、会社も見ている。所詮、人生、既定路線でも線路を外れても、地に足をつけて努力し続ける人が成功するのです。拓人くん、面接はダウとゲームなんて、面接官の舐め過ぎ。面接官をやっている私から言わせれば、時間の無駄だからダウトと言わないだけ。分かったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初浅井さんです。

2015/08/14 15:38

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み進めるうちに、知らず知らず拓人側に立って読んでいたら、最後どえらい目にあいます。
他の浅井さんの作品も読んでみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若手作家、朝井リョウ氏の直木賞受賞作品です!

2017/03/12 09:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、若手作家、朝井リョウ氏の直木賞受賞作品です。有村架純氏主演の映画にもなったので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。本書は、就職を控えた6人の若者たちが、自分たちは一体どのような人間なのかを、就活を通して考えていくというストーリーです。文体も若者の口語体で書かれ、今どきの若者の気持や感情がよく理解できます。ただ、私のようなシニアにはちょっと文体がくずれているかな~という印象をもちましたが、内容は素晴らしいものです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

就活とは・・・

2016/03/20 00:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ガマガエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり昔ではありますが、就活した時のことを思い出しました。
私の時代は超氷河期とよばれた年代だったので、就職浪人や専門・院への進学者が私の周りに半分くらいいました。
年代は変われど、就活は、勉強の成績や偏差値では測れない、企業・社会からの烙印なのかもしれません。そういった意味では、就活の根底にあるものは、今も昔も変わらないのかもしれません。
私一個人の意見としては、面白い作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静かな物語の中にある激しいドラマ

2015/10/30 19:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sheir - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読みました。
ものすごい事件が起きるわけでもなく、それでもキャラクター一人一人の言葉や行動の裏に重大なメッセージが隠されている、そんな稀に見る作品です。
台詞だけでなく、舞台設定や小道具それぞれにも意味が持たされていて、それを想像しながら読み進めるだけでも大変楽しめます。
繊細な筆致で、クライマックスへ向けて伏線が張られ、緊張感が高められていく、その様はお見事としか言いようがありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

心模様

2017/04/24 00:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おもしろ太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

就活を通して見え隠れする若者たちの本音。就活にSNSと読んでいるとはっとさせられる場面が何度もありました。この本を読んで自分の考え方を見つめ直すいいきっかけになりました。とても読みやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

”いま”の自分って「何者」?

2017/02/04 17:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こまちのパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

就職活動していた頃を懐かしく思い出しながら読み始めました。

「こういう人は決まりそうだな~」とか、「こういう考えだと、きびしいな~」とか。
自分の就職活動を振り返ってみると、確かにこういう時にはダメだったな~とか。
ず~っと、昔の話のように読んでいたのですが・・・。

最後のあたりで気づきました。
「そういう自分は、”いま”は何者?」

ということで、社会人の方も楽しめますよ。
自分を見つめるきっかけを与えてくれた一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後に考えが一変する作品

2017/01/17 12:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えりんぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと思っていたことを全部言葉にしてくれて「そうそうそう!」と大共感しながら気持ちよく読んでいたら・・・最後に今まで自分が考えたこともない考えを突きつけられて、衝撃を受けました。素晴らしい作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やられました

2016/02/27 12:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

みごとにやられました。自分のことかもしれません。桐島の映画はのれなかったのですが、何者にはしてやられました。ネタバレになるので、中味は書きませんが、ぜひ一読して、してやられてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ギクッ!!

2015/11/21 16:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MaX - この投稿者のレビュー一覧を見る

感情移入して読んでいて、主人公同様に他の登場人物を否定的に見ていたら、
後半で一気にやられてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

当事者の目線

2015/10/28 16:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はせ - この投稿者のレビュー一覧を見る

シューカツを今の当事者の目線でクリアに切り取られた点が新鮮でした。昨今のニュースだけではわからない当事者である大学生のスマホやSNSの使い方、使われ方、それに伴う心の動揺の書きっぷりに納得するばかりでした。新しい視点を得られたような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

SNSにのめり込む若者の心境を巧みに表現した一冊。

2015/10/03 15:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UMM - この投稿者のレビュー一覧を見る

「若者」「SNS」「就活」。本書のキーワードだ。

これまで読んだ小説の中で、最も作品の中に引き込まれた。
それは私が、上記のキーワードに当てはまっているからであろう。
ラストシーンでは、まるで自分ごとのようにハラハラドキドキして、読み終えた後には心の中で反省してしまう。
それぐらい、若者の身近に起きている、当たり前の光景をうまく言葉で表現した作品なのだ。
特に、就職活動を終えた大学4年生は共感でき、のめり込んでしまうだろう。
ぜひとも一読願いたい。

個人的に、朝井リョウ氏の作品はこれが初めて。
本書で大ファンになってしまった。
これから彼の作品を読み漁るつもりだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

なんかさぁ…

2016/08/05 17:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:asahiasumoasuka - この投稿者のレビュー一覧を見る

仮面をつける、役を演じる、ってこういうことなのかなと思った
ばれたらひとたまりもないけど。
人生において必ず隠さなきゃいけない時がでてきたり、逆にさらさなきゃいけない時がくる。
でも、何となくわかったり、予想してたりできてるんだよね。あとは覚悟次第
だから、なんかさぁ、いいじゃん他人は他人、自分は自分、が言いあえる世の中になってほしいと、思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。