サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 89件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/16
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/329p 図版9枚
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-04591-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

著者 池上彰 (著),佐藤優 (著)

池上彰、佐藤優のように自分の力で世の中を読み解くには。新聞、雑誌、書籍の読み方からスマホ、SNSなどネットの使い方まで、2人の全スキルを紹介する。人から情報を得る7つの極...

もっと見る

僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

1,512(税込)

僕らが毎日やっている最強の読み方

1,512 (税込)

僕らが毎日やっている最強の読み方

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

池上彰、佐藤優のように自分の力で世の中を読み解くには。新聞、雑誌、書籍の読み方からスマホ、SNSなどネットの使い方まで、2人の全スキルを紹介する。人から情報を得る7つの極意も明かす。折り込みページあり。【「TRC MARC」の商品解説】

【遂に出た!2人が毎日やっている「最強の読み方」最新の全スキルが1冊に!】 
【予約殺到!事前注文多数!発売前から、もう7万部突破!】

★池上彰氏、佐藤優氏は毎日「何を」「どう」読んでいるのか?
★どうすれば、彼らのように「自分の力で世の中を読み解ける」のか?
★「新聞1紙5分」「月平均300冊の読書」はどうすれば可能か?
★「スマホ」「アイパッド」「新聞電子版」「dマガジン」はどう使いこなすか?

■2人の「アイフォン&アイパッド画面」もカラー写真で公開(巻頭カラー16ページ)
■「研究室」「仕事場の本棚」「仕事アイテム」「愛用グッズ」の写真も完全公開

「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」をどう読めばいいのか?
そこから「知識と教養」をいっきに身につける秘訣とは?

みんなが知りたかった「2人の知の源泉」が、いま明らかに!

《本書の5大特色》
【1】2人の「読み方の最新全スキル」が1冊に
■これだけ読めば、全ノウハウがわかる

【2】「普通の人ができる方法」をやさしく具体的に解説
■今日からできる!これなら続けられる!「超実践的な技法」を紹介

【3】「重要ポイント」がひと目でわかり、読みやすく、記憶にも残る
■「70の極意+総まとめ」「重要箇所は色付き」だから、わかりやすく、読んだら忘れない

【4】とにかく内容が具体的――「おすすめサイト全一覧」から「新聞・雑誌リスト」「おすすめ本」まで紹介
■「何を、どう読めばいいの?」知りたい情報・答えが、すべてこの1冊に

【5】2人の仕事グッズも完全公開!見るだけで参考になる!
■「巻末カラー」16ページ!「特別付録」は3つも収録! 巻末では「人から情報を得る技法」まで解説! ここだけでも面白すぎる!

「知の源泉」をここまで公開したのは本書が初!
2人の「共通点」と「違い」が面白い!

この本で、自分なりの「最強の読み方」を身につけよう!
【商品解説】

2人の誰でもできる「インプットの技法」をまとめた読者待望の1冊。共通点と違いとともに、「知の源泉」が初めて明らかに。【本の内容】

目次

  • 序章 僕らが毎日やっている「読み方」を公開
  • 第1章 僕らの新聞の読み方――どの新聞を、どう読むか。全国紙から地方紙まで
  • 【コラム1】海外紙・夕刊紙・スポーツ紙の読み方
  • 第2章 僕らの雑誌の読み方――週刊誌、月刊誌からビジネス誌、専門誌まで
  • 【コラム2】海外雑誌の読み方
  • 第3章 僕らのネットの使い方――上級者のメディアをどう使いこなすか
  • 【コラム3】テレビ・映画・ドラマの見方、使い方
  • 第4章 僕らの書籍の読み方――速読、多読から難解な本、入門書の読み方まで
  • 【コラム4】ミステリー・SF小説の読み方
  • 第5章 僕らの教科書・学習参考書の使い方――基礎知識をいっきに強化する

著者紹介

池上彰

略歴
〈池上彰〉1950年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。ジャーナリスト。
〈佐藤優〉1960年東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了。作家、元外務省主任分析官。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー89件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

眼からウロコ

2017/02/25 22:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:フィン - この投稿者のレビュー一覧を見る

情報を自分で探す、そして整理することがとても難しい時代になったと感じている。あまりにも量が多すぎ、なおかつ何が正しいのか判断するのが難しい世の中になってしまったからだ。新聞さえ、なんだか昔とはトーンが違っている気がして、信じていいのかわからなくなってしまった。そこで、池上氏と佐藤氏がどんな風に情報を得、処理しているのか参考にしたいと思って購入。大正解だったと思う。両氏の書斎や、ツールまで全部公開してくれていて、サービス満点。なんとなく感じていた新聞への違和感も、そういうことだったかと納得。紙がいいのか電子版がいいのかの選択もすっきりしたし、速読多読のやり方や本をどう扱えばいいのかも教えてくれる。もやもやしていた事柄がすべてスッキリとおさまるところへおさまった感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とても勉強になる

2017/03/01 09:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しらふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネット漬けになりがちな昨今、思い当たるようなことをずばりお話されています。
検索してもその情報の信憑性や裏づけを取らないし、簡単に得た情報は簡単に忘れてしまう。本の売り上げが伸び悩んでいる出版社の思惑も感じられますが。
対談形式なのでとても読みやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み比べる必要性

2017/03/01 23:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

知の巨人と言われる二人がいかに幅広いメディアの中から情報収集しているのかがよく分かった。彼らと同じ事をするのは難しくても、少しでも真似できることはある。
特に新聞を複数読み比べていくことは是非ともやっていこうと強く感じた。
情報感度を上げていきたいと意識を高めてくれた良本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高!

2017/01/28 00:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うっちー - この投稿者のレビュー一覧を見る

池上彰さんと言えばよくわかる解説で有名ですが、この本も最高にわかりやすいです。
毎日生きていく中で必要な知識がたくさん得られるのでみなさんも読むべきです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知的ルーティン

2017/02/06 06:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

知の巨人お二人の情報収集術にまつわる70の極意の紹介。
インプットの方法を説いてくれています。
しかし、これを毎日限られた時間で、、、は凡人には無理がありますね。
エッセンスを取り入れ、自分流を確立したいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

感服しました

2017/02/25 15:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょひょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

話題の本なので購入(電子書籍)。

池上氏、佐藤氏の知的好奇心・情報収集・勉強への意欲・実行力に感心しました。
具体的に目を通している新聞・雑誌・書籍の具体名のお話もありますが、それ以上に、TVは見ない、という池上氏や、インターネットはネットサーフィンの誘惑があるのであまり見ない、という両氏の時間の使い方(時間への執着)が参考になりました。

記載内容自体は、さほど驚くようなことではないですが、日々の努力を長時間継続して実行していくことに感心させられました。

もちろん、両氏の行動を誰もが実践できるわけではないですが、自分も少しでも近づけるように努力しよう、という気にさせられる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

参考になりました。

2017/02/12 13:49

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

・参考になりました。読んでよかったです。
・自分はこれに触発されて、新聞・本の読書量を増やしました。こういう読み方をすればいいのか!というのがわかって、以前より一段と読書が楽しくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よい◎

2017/01/25 21:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろな面で参考になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読み方を知る

2017/01/08 10:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分がいかに物を漫然と読んでるか、ちょっと恥ずかしいくらいです。こういう知識人は常に自分を高める努力を怠らないんだなあとマネしたいというより感心しきりでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ニュースの参考になる

2017/01/08 16:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シュミドク - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞の読み方の参考になる。ネットに対する見方は確かにそうだなと思わせる内容だった。書籍の章は個人的にはイマイチ物足りない内容だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

参考になった

2017/02/21 09:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hide - この投稿者のレビュー一覧を見る

情報量が半端ないお二人は、独特の手法があるかと思っていましたが、うまく時間を使い必要であろう情報を取っておられるのが、よくわかります。
やっぱり新聞・書籍からの取得って有益なんだと改めて納得。
あとは、それをどのように活用するかなんだと!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/01 08:29

投稿元:ブクログ

どの本屋に行ってもランキング上位で山積みなので買いました。

なんていうんだろう
すんごい知識の持ち主の日々の過ごし方というか
もちろん彼等はそれが仕事だからてのはあるけど時間の使い方に圧倒されるし、日々ボーッとする自分を刺してやりたくなります笑

印象に残ったワードをいくつか
・何を読むかだけでなく、何を読まないかも重要
・大切なのはすべての土台となる基礎的な知識、そして読解力
・同じ時間使うなら無料のネットサーフィンに時間を費やすより編集、制作された雑誌を読む
・ネットは時間の浪費に加え、ほとんど記憶にも残らない
・本の費用対効果は非常に高い
・政治と経済の基本書は公民
・語学に必要なのは、モチベーション、時間、お金

知の巨人に言われるなら
はい、そうですよね、
とスッと受け入れられます

2017/01/03 15:46

投稿元:ブクログ

中々この本に書かれていることを網羅するのは難しいだろう。ちょっとずつでも実践できれば十分だと思われる。「知の巨人」目指すわけでもないので。多くの手法は「なるほど」と思えることも多かったが、ネットに対する姿勢はやや保守的かなあとも。

2017/04/23 17:42

投稿元:ブクログ

■構成
序章
 僕らが毎日やっている「読み方」を公開
1章
 僕らの新聞の読み方
2章
 僕らの雑誌の読み方
3章
 僕らのネットの使い方
4章
 僕らの書籍の読み方
5章
 僕らの教科書・学習参考書の使い方


■感想
池上彰、佐藤優という論客が何を基に情報を入手しているのか、情報源と情報収集方法について語った本。

P30からの引用ですが『世の中を「知る」には新聞、世の中を「理解する」には書籍がベース』
『土台となる基礎知識は「教科書・学習参考書」で身につける』という見解は、
ここ最近、新聞を軽視しがちだった自分を戒めるのにとても役立った。

■自分に取入れたい点
書籍の読み方については取り入れたい点が色々ありました。
P217からの引用ですが『どんなジャンルでもベースになるタネ本はせいぜい3冊以内なので、そこはしっかり読むといい』
というのは、自分の専門分野の勉強法として最適だと思いました。
一方、P229からの引用ですが『自分の専門分野以外については、「通俗化された良書」で時間を節約する。』は、
たしかに当然ですが、二人が声をそろえるととても腑に落ちた。
なので、専門分野やこれから取り組みたい分野と、興味はあるけど専門ではない分野について、明確な読みわけをすることで、
自分の知見を深めたり広げたりするのに役立てたいと思いました。

自分の知らない受験勉強サイトとしてリクルート社の「スタディサプリ」が紹介されていたのでちょっと見てみようと思いました。

P298からの引用ですが『人の話を聞くときは「緩やかな演繹法」でのぞむ』
『「自分で作ったストーリーに縛られないこと」』これはその通りだと思いました。

■参考にならなかった点
二人ともいわゆる「ビジネスパーソン」ではないため、一般社会人からすると参考にならない点もあった。
例えば、二人は毎日、新聞を10紙は読んでいるらしいが、一般社会人では不要だろう。
せめて2紙は読むべきということでその紹介がされていたが、自分にはそれも難しいと感じた。
※2紙を定期購読したら、8000円/1か月程度の出費になるため、さすがに難しい。
新聞の選び方も書いてあったので、例えばこの1紙は紙、もう1紙は無料のXXサイトなどの紹介の方が自分にはうれしかった。

2017/01/17 00:40

投稿元:ブクログ

とてもよかった!心底勉強になると思った。
自分が最近もがいていて、こんなふうに勉強したらよくなるだろうかと思った手法と、ふたりがよいといっていた手法がわりと近くて励まされた!
自分のペースでやっていこう。
あと、ふたりもやはり人間なんだなあと思ったのは、気を抜くとネットサーフィンしちゃうから…というくだり。それを各々の工夫や気持ちで乗り越えてる。特別な人なんじゃなくて、それだけ努力ができる人たちだから特別なんだなと思って非常に感動した。

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む