サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リバース(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/03/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/338p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293586-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リバース (講談社文庫)新刊

著者 湊かなえ (著)

平凡なサラリーマン、深瀬和久の趣味はコーヒーを飲むこと。その縁で、美穂子という彼女もでき、人生に彩りが添えられると思った。だが、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が送...

もっと見る

リバース (講談社文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平凡なサラリーマン、深瀬和久の趣味はコーヒーを飲むこと。その縁で、美穂子という彼女もでき、人生に彩りが添えられると思った。だが、「深瀬和久は人殺しだ」と書かれた告発文が送りつけられ…。【「TRC MARC」の商品解説】

深瀬和久は平凡なサラリーマン。唯一の趣味は、美味しいコーヒーを淹れる事だ。そんな深瀬が自宅以外でリラックスできる場所といえば、自宅近所にあるクローバーコーヒーだった。ある日、深瀬はそこで、越智美穂子という女性と出会う。その後何度か店で会ううちに、付き合うようになる。淡々とした日々が急に華やぎはじめ、未来のことも考え始めた矢先、美穂子にある告発文が届く。そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた――。何のことかと詰め寄る美穂子。深瀬には、人には隠していたある”闇”があった。それをついに明かさねばならない時が来てしまったのかと、懊悩する。


『夜行観覧車』、『Nのために』のスタッフが結集し、『リバース』も2017年4月、ドラマ化!


主人公の深瀬和久には藤原竜也さん。
恋人役には戸田恵梨香さん。
深瀬の親友、広沢由樹には小池徹平さん。
深瀬の大学時代のゼミ仲間には市原隼人さん、玉森裕太さん、三浦貴大さん。
そしてドラマだけの登場人物、村井の妹には門脇麦さん。


今をときめく役者陣がおくる、ヒューマンミステリーです。


小説とドラマ。
それぞれ、違った味わいをもった作品となっています!
ぜひ、双方を存分にご堪能下さい。【商品解説】

著者紹介

湊かなえ

略歴
1973年広島県生まれ。2007年第29回小説推理新人賞を「聖職者」で受賞。'08年受賞作が収録された『告白』を刊行。同作で週刊文春’08年ミステリーベスト10の第1位、’09年に第6回本屋大賞を受賞する。'12年「望郷、海の星」で第65回日本推理作家協会賞短篇部門を受賞。’16年には『ユートピア』で第29回山本周五郎賞を受賞。その他の著書に『少女』『贖罪』『Nのために』『夜行観覧車』『白ゆき姫殺人事件』『母性』『望郷』『高校入試』『豆の上で眠る』『山女日記』『物語のおわり』『絶唱』『ポイズンドーター・ホーリーマザー』などがある。最新作は『山猫珈琲』(上・下巻)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

最後まで、

2017/03/19 00:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナウシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の最後まで、そんな事になっていたなんて、思いもしなかった。やられました。完敗です。今回は、イヤミスではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スクールカースト

2017/03/23 20:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の深瀬は、大学に入るまで心を許せる友人はいませんでした。そして、大学でやっと巡り会えた親友の広沢を不幸な事故で亡くします。その事故の真因に終章でたどり着くという展開でした。
 ハッピーエンドと思いきや、「えっ」というラストが待っていました。ここで本の表題の意味も氷解します。したがって、読んでいる途中で、ラストや解説をチラ見したい誘惑や衝動には絶対に負けないでください。
 4月からドラマも始まるとのこと。配役(特に広沢)が、若干小説の印象とは違いますが、楽しみです。

 なお解説では、物語後の真犯人の心情や葛藤を想像していますが、大きなお世話です。仮に真犯人の善意の行動が原因で広沢の死を招いていたとしても、明らかに不可抗力ですから、真犯人はそのことを気に病む必要はないでしょう。つまり、本人の気持ちの持ち方の問題という程度のことです。
 むしろ怒りの感情に任せ、関係者に嫌がらせをし、更には、その中の一人を電車のホームから突き落とした人物は罪の意識が希薄なことが信じられませんし、この罪の落とし前をどうつけるかの方が重要だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/25 12:31

投稿元:ブクログ

湊かなえっぽくないな、と読んでいくと最後にビックリ。

連続ドラマ化されるとの事なので、映像で観るのが楽しみです。

2017/03/20 11:19

投稿元:ブクログ

これぞ湊さん!というような、後味悪ーい話でした(褒めてます)。
あるお題を出されて、その結末になるように書かれた作品だ、と解説で読んで、このお題でこの話になるのがすごいなあと思いました。まさか、でした。
構想どれくらいだろう。

2017/03/25 15:33

投稿元:ブクログ

あまり読みたい本もなく、皆さんのランキング見て、書店で山積みされていたこの本を買ってみた。
TVドラマ化されるらしく、カバーには出演者の顔写真が並んでいて、最近の若い人たちは誰が誰だか分からないのだけど、さすがに藤原竜也や小池徹平は分かるので、誰がどの役かは見ないようにする。
しかし、なんとも気持ちの良くない話だな。
主人公の性格がイマイチなら、過去に起こった事件の内容も、友人達のいけすかなさも、流石イヤミス。
事件の秘密を知っているかのような手紙が送られてきたのをきっかけに、誰がこの手紙を出したのかを調べだす…という展開に期待したのだけれど、なんだか主人公の自分探しの旅みたいになってネガティヴな性格が更に露わになっただけで、読んでて、どんどんドヨ~ンとなった。
謎解きに引っ張られて最後まで来たが、彼は結局甘ちゃんのままで、319頁11行のように行動しても彼の思う通りにはならないと思われたが、最後の一行となったらば、もはやそのようには動けまい。
思ったような展開ではあったが、最後の落とし方は、流石イヤミス。

2017/03/26 14:14

投稿元:ブクログ

大学時代の友人の死の真相。1枚の告発文をきっかけに、その友人のことを、きちんと知ることになる。

一見、飄々として掴み所のない広沢。争い事をこのまない、こんな感じのひとは自分のまわりにも、普通にいると思う所に親近感を感じました。

どんなに分かってると思えるひとでも、完全に分かりきることはできない。それでも誰かを頼らないと、ひとりでは生きていけない。そう考えると、人間関係ってややっこしいと思う。

最後の最後で、えっと思わせる展開に脱帽しました。

2017/03/25 19:47

投稿元:ブクログ

冒頭でいきなり人殺しと告発される主人公。
主人公が自分の立ち位置や評価みたいなものを気にしすぎてて卑屈。凝り固まった劣等感が痛々しく、その主人公目線だからか周りの人間も軽薄に思えてしまうところがちょっと残念。
でも、ストーリーは続きが気になり一気に読み進めました。犯人はあいつだなと予想しながら答えあわせするように楽しく読め、「ああ、やっぱりな~。」なんて結末を迎えたと思っていたところに、最後の2ページの衝撃。ラスト1行の絶望。
「うわぁ・・・・」って声が出る。後味の悪さがすごい。
余韻が残る。ほんとすごい。

2017/03/18 21:09

投稿元:ブクログ

湊かなえミステリー。
伏線の回収方法が秀逸。
最後のドンデン返しと余韻が最高です。
リバースって、そういう意味だったのね。
とりあえず読んで見て欲しい。
映像化も楽しみ。

2017/03/16 01:40

投稿元:ブクログ

2015年刊行の単行本を文庫化。
巻末解説によると、湊かなえが初めて男性を主人公に据えた長編であるらしい。言われてみれば、これまでの長編は全て女性が主人公だった。
売りである最後の一文はけっこうな衝撃。面白かった。
そういえばこれも映像化される(された?)ようだ。

2017/03/26 23:24

投稿元:ブクログ

もう本当に面白かった。
最初のあたりは、主人公が全然魅力的じゃなくて、どうでもいいような描写でダラダラ進むなー、と思ってたけど、後半犯人の姿がチラつくようになってからは面白くて止まらなかった。


もうラストの文章に、え、エッ‼︎‼︎




驚愕‼︎

湊かなえ、凄すぎる。

2017/03/29 00:13

投稿元:ブクログ

一気に読める。

途中からオチも理由もわかってしまったのは煽り文のせいだと思われる。あと、あの湊かなえがこれで終わるわけがないからという先入観か。

誰かについての評価は人が思うより単純じゃないことがよくわかる本。

2017/03/26 16:10

投稿元:ブクログ

湊作品は初見。
最初の取っ掛かりが入り込みづらかったけど、それからは最後まで一気読み。
コーヒーと蜂蜜の描写、美味しそうだし(笑)

本当に最後の最後の、一行。
それは、頭の上からタライ桶を落とされた様な、水がたくさん入ったバケツを頭からかぶった様な。ズドーン!!!ってくる終わり方。
そのラスト一行のために、それまでの物語が全部序章に過ぎないのかと思ったら、こりゃすげぇや!って。

2017/03/26 23:29

投稿元:ブクログ

主人公の大学時代の思い出の描写のせいか読んでいて伊坂幸太郎のゴールデンスランバーを思い出させます。
深瀬君はコーヒーを淹れるのが特技です。微妙な香りと味の違いを感じ取れるんでしょう。羨ましい特技だと思いました。
それと不慮の事故で亡くなったとされる広沢君の優しさも随所に散りばめられていますね。

最後の一行というか最終章は米澤穂信のボトルネックように、やや不安定な足場がもろくも崩れ去り奈落の底に落ちていく気がします(勿論主人公が!)コレラの作品では主人公に感情移入すればする程ショックが大きくなる!主人公の人間としての脆さは多くの人が持っているものでそのため共感できるのでは?と思う。だからこそいやミスと言うジャンルは後味が悪くてもやめられない!!!

ドラマ化されるという事なので結末がどう描かれるか楽しみです。最終回だけ見たい!

最後に、湊かなえの最近の作品で山女日記を読んだ時『こんな湊かなえも良いなぁ』と思いました。しかし今作品【リバース】のようなエッジの効いたミステリーこそ『これぞ湊かなえ!』と言い切りたい!

2017/03/14 18:08

投稿元:ブクログ

遂にあのことを打ち明ける時がきたのか― 深瀬和久は平凡なサラリーマン。コーヒーを淹れることが唯一の趣味だった。そんな深瀬にも彼女ができ幸せな日々を送っていた。ある日、彼女宛に一通の告発文が送りつけられたことにより、状況は一変する。