サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

弥栄の烏
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 96件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/07/28
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390684-3

紙の本

弥栄の烏 (八咫烏シリーズ)

著者 阿部智里 (著)

失った記憶をさがし求める日嗣の御子・若宮。真赭の薄は、浜木綿の決意に衝撃をうける。宿敵・大猿との最終決戦、八咫烏の軍を率いる参謀・雪哉のとった作戦とは−。 八咫烏の世界を...

もっと見る

弥栄の烏 (八咫烏シリーズ)

1,620(税込)

弥栄の烏

1,200 (税込)

弥栄の烏

ポイント :11pt / 紙の本より420おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.9MB 無制限
Android EPUB 7.9MB 無制限
Win EPUB 7.9MB 無制限
Mac EPUB 7.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失った記憶をさがし求める日嗣の御子・若宮。真赭の薄は、浜木綿の決意に衝撃をうける。宿敵・大猿との最終決戦、八咫烏の軍を率いる参謀・雪哉のとった作戦とは−。 八咫烏の世界を描くファンタジー長編、シリーズ完結。【「TRC MARC」の商品解説】

八咫烏の一族が支配する異世界・山内。
「うつけ」の若宮と「ぼんくら」近習の少年・雪哉という若き主従の活躍を中心に、賢く華やかな宮廷の姫君、若宮を取り巻く護衛の青年たちが繰り広げる、お妃選びと権力争い、友情と断絶、成長と再生を描いた壮大な和風ファンタジー。
一冊ごとに表情を変えながら読者を魅了、80万部を突破したこの物語の
第一部完結篇「弥栄の烏」は、主人公・雪哉の弟が武官訓練所である剄草院に入学準備する場面から。その実力を認められ、全軍の参謀役にまでなった雪哉、敵対する勢力を抑えて朝廷の実権を掌握した若宮が治める山内を大地震が襲い、開かれた金門の扉の向こうには、山内を恐怖に陥れた「人喰い大猿」が現れた。
ついに始まった、猿と八咫烏の最終決戦。若宮は名前を取り戻し、真の金烏となれるのか。山内は栄えるのか、それとも滅びに向かうのか―ー

松本清張賞を受賞したデビュー作『烏に単は似合わない』から5年。
現・大学院生の著者25歳が作り上げる異世界和風ファンタジーシリーズ第6巻、
堂々のクライマックス!【商品解説】

著者紹介

阿部智里

略歴
〈阿部智里〉1991年群馬県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業。同大学大学院文学研究科に進学。「烏に単は似合わない」で松本清張賞を史上最年少受賞。他の著書に「烏は主を選ばない」「黄金の烏」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー96件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

一気読み

2017/08/20 23:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前回の玉依姫のと同時進行で山内目線で話が進んでいて、面白かったです。思った以上に雪哉がメンタル的に大人びた印象と、若宮が(この場合は普通の烏?)人らしくなったのが印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

びっくらぽん!

2017/10/25 21:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かごめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

そういう物語なんだとやっとわかりましたわ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

山神、猿、烏の関係

2017/08/06 17:33

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

平和だった山内に暗雲が立ち込めなんやかんや、一気にお話しが進みます。
『玉依姫』を烏猿間から見たストーリーです。
山神の最後は分かってるだけに、その後がちょっと気になってた。
皇子然としていた若宮がちょっと弱気に、雪哉がすっかり冷徹に、いろんな成長が見れます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絶望の物語

2017/10/06 13:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作が好きになれず、気の進まないまま手に取った一冊だが こうも絶望だらけの物語になるとは思わなかった。奈月彦は欠けた部分を取り戻す事はなく、雪哉は失くしてはいけないものを失くした。欠けた奈月彦を支える欠けた雪哉はもう一人の金烏、大きな欠落を抱えた彼らは二人で一人の金烏なのかもしれない。
実父との間にすきま風がふいていた 雪哉は 茂丸の大らかさに父性を感じて甘えていたように思う。その彼を亡くして修羅になるしかなかったのかもしれない。
今はいつか雪哉が笑える日がくる事を祈る、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いざ、決戦!

2017/09/30 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おかよさん。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

さあ!続きか、おさらいか?と身構えて読みました。前作「玉依姫」の山内サイド編と、描かれなかったその後の猿との決戦の幕です。
裏話?それって前にも...とはいえ避けられない大事なエピソード含みなので、アンサー編が中盤を占めてます。
いざ開戦するや怒涛の展開。前作をスッ飛ばしたりした方には、山神様やら人身御供やら何が何やら?な展開の飛びっプリなのでお気を付けを〜。

雪ファンの私は一喜一憂してしまう今作ですが
(わ〜ん 雪哉〜っ) 善悪だけでは測れない種族の生残りを掛けた戦いは、これまで追って来た少年の成長を加速させてしまいます。(泣っ)
次回作の展開がまたも大変気になりました〜
(もーコレ 絶滅危惧種…Bランクくらい?)

表紙は志帆の姿かと思ってたのですが。読後に、あら?眉が違うし意外と弥栄な浜木綿?あるいは前作の表紙の方が過去の玉依姫?...あるいはコレ、あの女性かしら?? うーん 誰ですかね。
...翠寛さまが路近目線で好きになりました。
良くも悪くも、 いい人 だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

闘い前夜

2017/08/06 17:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

烏と猿の確執も極まり、決戦の日も近い。そんな空気から始まります。
「ぼんくら」だった雪哉も参謀就任。若宮は自分の記憶の欠けに悩み続けてます。
『玉依姫』と重なる部分も多く、って言うか同じ時期の話。思い出しながら読めて楽しかった。
山神、烏、猿のまだ語られてなかった関係なども分かります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

裏玉依姫。

2018/04/23 15:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻、「玉依姫」の裏側というか、山内ではどのように見られていたか、という内容。時系列的には「空棺の烏」の次あたりだろうか。
読み終わってから表紙をしげしげと見直すと、そこにあるのは「まつろわぬ神」のイメージなのかなと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/15 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/25 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/29 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/02 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/05 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/13 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/30 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/24 11:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る