サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 240件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/06/22
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/321p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-100328-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

著者 柳 広司 (著)

異能のスパイ組織“D機関”の暗躍の陰で設立された、新たな諜報組織“風機関”。D機関の追い落としを謀る風機関に対し、結城中佐が放った驚愕の一手とは? 表題作をはじめ、単行本...

もっと見る

ダブル・ジョーカー (角川文庫)

税込 682 6pt

ダブル・ジョーカー

税込 616 5pt

ダブル・ジョーカー

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.4MB
Android EPUB 6.4MB
Win EPUB 6.4MB
Mac EPUB 6.4MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

異能のスパイ組織“D機関”の暗躍の陰で設立された、新たな諜報組織“風機関”。D機関の追い落としを謀る風機関に対し、結城中佐が放った驚愕の一手とは? 表題作をはじめ、単行本未収録作「眠る男」など全6篇を収録。〔2009年刊に「眠る男」を加える〕【「TRC MARC」の商品解説】

結城率いる異能のスパイ組織”D機関”に対抗組織が。その名も風機関。同じ組織にスペアはいらない。狩るか、狩られるか。「躊躇なく殺せ、潔く死ね」を叩き込まれた風機関がD機関を追い落としにかかる!【商品解説】

収録作品一覧

ダブル・ジョーカー 5−63
蠅の王 65−119
仏印作戦 121−179

著者紹介

柳 広司

略歴
1967年三重県生まれ。2001年、『黄金の灰』でデビュー。同年、『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で第12回朝日新人文学賞受賞。『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新

掲載中の特集

ミステリー 作家をテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー240件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ジョーカー・ゲームの続編

2017/05/17 22:25

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J・P・フリーマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作ではD機関の諜報員の視点からの話が多かったけど、本作はD機関と敵対する人物や機関とは無関係な人の視点からの話が多かった。だから展開が予想しづらく、考えながら読めた。真珠湾をもってきたということは、次はいよいよ大戦下の情報戦になるのか!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

繰り広げられる攻防戦

2013/05/19 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MUNINN - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ第2巻は、D機関の設立者である、結城中佐の過去が語られる「棺」を含む、短編集。中でも「棺」と「ダブルジョーカー」がお気に入り。私は単純なので、やっぱり任務が成功したり、相手を上手く出し抜く話を読んで、ヨッシャー!!!って思いたい。第1巻よりは、ヨッシャー!!!が少ないけれどもこちらもなかなか面白いです。スパイは、見えない存在。全然登場してこないのに話が進むからすごいよね。
 第3巻が文庫化されるのが、待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いいね。

2012/07/04 13:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mibu - この投稿者のレビュー一覧を見る

一話一話が、独立してるので、
読みやすいです。
やっぱり面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相変わらずの風格のある本格的諜報員(スパイ)ミステリーであるが、少々“種明かし”が抽象的過ぎる気がし始めた。

2016/12/07 00:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらずの風格のある本格的諜報員(スパイ)ミステリーであるが、少々“種明かし”が抽象的過ぎる気がし始めた。見えない存在であり、絶対に疑われてはいけない存在なので、そうならざるも得ない事情は分かるが、ごく一部の作品で判ったようで判らない結末があった。そういえば、ル・カレの作品など、混沌とした諜報戦のなかで、結局誰がどの側で活動していたのかがどうも良く判らないての結構ありますね。諜報活動ってそもそもそういうものなのかも知れない。いずれにしろ、諜報という分野で立ち遅れが懸念される日本では目新しい作品と感じた。各短編ごとに、場所も登場人物も異なり?(実は同じかもしれない)つつも、息詰まる展開に魅了される。
・・・・・・・・・・・・・・・以下、省略・・・・・・・・・・・・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

007

2016/01/20 21:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

帝国陸軍のスパイ組織・機関と風機関の暗闘小説。それは無いだろう、と言いたいところだが、「007」にしても元はイワン・フレミングだし、単に楽しめばよいのかもしれない。昔、魔術師の異名をとった結城のアクションなど、理屈を抜けば面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/02 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/16 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/09 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/02 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/14 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/02 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/11 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/22 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/16 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/29 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。