サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

11/30~ <honto限定!電子おまけ>大洋図書・岩本薫キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

永遠に残るは 上(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/390p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-216145-6
文庫

紙の本

永遠に残るは 上 (新潮文庫 クリフトン年代記)

著者 ジェフリー・アーチャー (著),戸田裕之 (訳)

爵位を授与されたハリー、閣僚に任命されたエマ、家庭の幸福を得たジャイルズ。彼らが人生の頂点を迎えようとする一方、執拗に復讐を目論み、金に執着し続ける亡者たちには陥穽が待ち...

もっと見る

永遠に残るは 上 (新潮文庫 クリフトン年代記)

767(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

爵位を授与されたハリー、閣僚に任命されたエマ、家庭の幸福を得たジャイルズ。彼らが人生の頂点を迎えようとする一方、執拗に復讐を目論み、金に執着し続ける亡者たちには陥穽が待ち受け…。「クリフトン」シリーズ完結篇。【「TRC MARC」の商品解説】

ハリーはバッキンガム宮殿で爵位を授けられた。新首相マーガレット・サッチャーから閣僚に任命されたエマ。選挙では敗れたものの、遂に家庭の幸福を得たジャイルズ。彼らの人生は、それぞれに頂点を迎えようとしていた。一方で執拗に復讐を目論み、金に執着し続ける亡者たちの動きはやまないが、彼らにはそれぞれの陥穽が待ち受けていた。人間の美醜賢愚を描き抜いた空前の大河小説、最終巻。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

エマが副大臣

2017/11/21 19:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

エマとジャイルズが保守党と労働党に分かれて選挙をするところが面白いと思いました。実際にサッチャーも知っている人物なので作品に雰囲気がでていると思いました。アーチャーがエマを副大臣にしてしまうところも仰天です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今までの作品の集大成で絶筆?

2018/01/14 22:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アーチャーのクリフトン年代記第7部の作品である。ついに最終部を迎えた。大河小説というに相応しい構成である。物語の途中には世界大戦、反体制作家の救出、親戚内でのもめ事、英国内での政治事情など読者を飽きさせない工夫がある。しかも、実在する人物も登場させるなどして共感を呼ぶなど、かなりの調査も行われている跡がある。

 アーチャーが得意とする分野も数多く見ることができた。とすると、本作品は今までアーチャーが描いてきた小説の集大成ということができよう。本書でも主人公らが経営する会社の経営について、様々な問題で揺さぶりをかける一味との戦いがあったが、これは今まで書かれた作品のどこかで描かれている。

 集大成ならば、私はこれがアーチャーの最後の作品ではないかと考えていた。しかし、まだまだ書く意志は十分にあるようで、すでに計画まで立てているようだ。しかし、これまでの作品で勝ち得たアーチャーには今までの作品で読者に与えたイメージを壊さないように願いたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

帯の「完結篇」に驚く。

2017/11/22 10:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

7部作で収まらないという情報を目にしたことがあるので。  そして表紙イラストのハリーを作者に寄せてきている印象でちょっとうける。  とうとう「あの船」が引揚げられ、あるものが見つかります。前巻末尾のネタは「アーチャーじゃなくディーヴァーかよっ」と思うようなオチ^^;  そんでこの巻の主人公はほぼレディ・ヴァージニア。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/09 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/20 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/04 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/11 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/23 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/07 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。