サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 名画で読み解くイギリス王家12の物語

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

名画で読み解くイギリス王家12の物語(光文社新書)
名画で読み解くイギリス王家12の物語(光文社新書) 名画で読み解くイギリス王家12の物語(光文社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/10/17
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-04313-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

名画で読み解くイギリス王家12の物語 (光文社新書)新刊

著者 中野京子 (著)

王家が転変する度に途轍もない人物が生まれ、ドラマが生まれるのが英国史の面白さ。イギリス王室の三王朝、テューダー家、ステュアート家、ハノーヴァー家とその変名の王家について、...

もっと見る

名画で読み解くイギリス王家12の物語 (光文社新書)

1,058(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

王家が転変する度に途轍もない人物が生まれ、ドラマが生まれるのが英国史の面白さ。イギリス王室の三王朝、テューダー家、ステュアート家、ハノーヴァー家とその変名の王家について、それぞれ名画にからめた歴史物語を繙く。【「TRC MARC」の商品解説】

『名画で読み解く』シリーズ第四弾。4王国が覇権を争い、外国からの侵攻や宗教戦争も絶えなかった「イギリス王家」の歴史を紐解く【本の内容】

著者紹介

中野京子

略歴
〈中野京子〉北海道生まれ。作家・ドイツ文学者。著書に「名画で読み解くハプスブルク家12の物語」「名画で読み解くブルボン王朝12の物語」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

王の個人の情念で、政治が動く、また大量殺戮も許されてしまうのって怖いなーと思う

2017/10/19 12:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

中野京子さんの光文社新書「王家」シリーズ、イギリス編出ました。
表紙を飾るのは、いま、展覧会が開催されている「怖い絵展」の目玉、ジェーン・グレイの処刑。
イギリス王家でドラマティックに動くのが、ヘンリー8世の治世からエリザベス1世まで。
数々の映画にもなっている。登場人物も、アン・ブーリン、ブラッディ・マリーというカクテル名にもなっているメアリー1世、プロテスタントをバンバン処刑したので血まみれメアリーと呼ばれたのだとか。おどろおどろしい歴史だ。
しかし、宗教が絡むと俄然血なまぐさくなる。敬虔なクリスチャンのイメージはいったいどこへ。
ジェーングレイも政争の中、数日間の王女であり、ほとんど歴史の中には名を残さないまま消えている。しかし、いま、中野京子さんの「怖い絵」で多くの日本人にも知られるようになってきた。よかった!?
とにかくヨーロッパの王様たちは、各国との政略結婚を繰り返すので、ややこしいことこの上ない。
分かりずらい各国王家の歴史だが、中野さんのこのシリーズを読んでいるうちに、結構ヨーロッパ歴史も深まってきた。

それにしても、このシリーズを読むにつけ、王の個人の情念で、政治が動く、また大量殺戮も許されてしまうのって怖いなーと思う。
民主主義って大切。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖い絵展

2017/11/11 17:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:debdeme - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖い絵展というのが開催されているようで、この本の表紙のポスターをよく目にしますした。何が怖い絵なのか、ずっと気になっていました。よくよくポスターを見てみると処刑シーンが描かれているのですね。どうして、このようなことが?と手にとった本がこの本です。背景にあるドロドロした人間関係を考えながら絵を鑑賞すると、臨場感を味わえそう。
また、なかなか頭にはいってこないイギリス王家のいざこざもすっと浸み込んでくるようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジェーン

2017/11/23 08:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トクちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

関西で開催された「怖い絵展」通い詰めて、寂しさを感じていた時に、この本が手元に届く。
表紙のジェーンに再会しました。
イギリス王家・・・テレビなどでよく見かける現代の王家・・・歴史と絵画に秘められた切り口・・・京子先生、ありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/17 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む