サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人魚の眠る家(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/05/30
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/469p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42730-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

著者 東野圭吾 (著)

娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の2人。そんな彼等に悲報が届く。娘がプールで溺れた−。病院に駆けつけた2人を待っていたのは残酷な現実。そして医師か...

もっと見る

人魚の眠る家 (幻冬舎文庫)

788(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の2人。そんな彼等に悲報が届く。娘がプールで溺れた−。病院に駆けつけた2人を待っていたのは残酷な現実。そして医師からは、思いもよらない選択を迫られ…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

脳死について

2018/06/20 16:46

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごくまれに、記事になる日本での移植手術の話と、渡航しての手術には大金がかかる話。
ただ単に健康保険証が使えない、ってことじゃないことすら知らなかった。
この本は別に説教くさいはなしじゃないけれど、私たちはもっと「脳死」や「臓器移植」について考える必要があるのではないかと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

守るべきもの

2018/06/18 10:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

後半は泣きながら一気に読みました。

突然襲いかかる我が子の水難事故。
そこから始まる、悲嘆、残酷さ、正当性、冷淡さ、生き恥、後悔、狂気、告白...。

この本の登場人物は皆、目の前の現実から逃げていません。その姿がどんなに見苦しくて、軽蔑されても、懸命に生きている人はフィクションの世界でさえ、本当に美しいです。

私はここまで覚悟を持って生きれているのかと自分に問いたいです。

久しぶりの東野作品。圧倒されてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

脳死の受け入れ方。

2018/07/18 11:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ライディーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

話がヘビー級に重い。
親の、特に母親の子供への想いが凄い。
狂ってでも守らないといけないものがある、と言うのは親ならば当然に兼ね備わってる感情なのかもしれない。
狂えるかどうかは、その人の理性にもよりますが。
特に、薫子と刑事のやりとりが印象的。
プロローグもしっかりと回収して、ラストは良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

医療

2018/06/30 16:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾さんの本の 本のファンなので新刊が出て嬉しくてすぐ読みました 東野圭吾さんは医療問題をよく取り扱うので今回も面白かったですよ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

迷いますね

2018/07/03 14:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てくちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ただでさえ自分が交通事故などで脳死状態になったの為に自動車運転免許証に臓器提供の意思表示ができていないのに、ましてや子供がこの様な状況になったらどの様に自分と家族が納得できるか分かりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/03 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/05 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/29 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/12 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/20 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/04 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/21 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/14 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/22 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/17 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る