サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/03/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-110881-9
文庫

紙の本

ゴーストハント 5 鮮血の迷宮 (角川文庫)

著者 小野不由美 (著)

増改築を繰り返し迷宮のような構造を持つ巨大な洋館・美山邸。長年放置されていたその館で行方不明者が相次いだ。調査依頼を受けて麻衣たちが館に向かうと、国内外の名だたる霊能力者...

もっと見る

ゴーストハント 5 鮮血の迷宮 (角川文庫)

税込 836 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

増改築を繰り返し迷宮のような構造を持つ巨大な洋館・美山邸。長年放置されていたその館で行方不明者が相次いだ。調査依頼を受けて麻衣たちが館に向かうと、国内外の名だたる霊能力者や心霊研究者たちが招集されていて…。【「TRC MARC」の商品解説】

増改築を繰り返した結果、迷宮のような構造を持つにいたった巨大な洋館。長年放置されていたその館の周辺で行方不明者が相次ぐ。突然現れたナルの師匠という女性。彼女が持ってきた依頼は、長野県の山中にある広大な屋敷の調査だった。だが調査隊はSPRだけではない。日本中から名だたる霊能者や心霊研究家も集められていたのだ。尋常でないのはそれだけではない。館の内部や外部の構造を調べるうち、麻衣たちは建物のあちこちに不審な空洞があることに気づいた――。そして、事件は起こった。館にいる人間が姿を消し始めたのだ。徐々に明かされていく血塗られた館の過去。ゴシック趣味溢れるシリーズ5作。SPR史上最凶最悪の怪物が潜んでいる!?【解説:千街晶之 ミステリ評論家】【商品解説】

著者紹介

小野不由美

略歴
大分県生まれ。1988年作家デビュー。「悪霊」シリーズで人気を得る。91年『魔性の子』に続き、92年『月の影 影の海』を発表、「十二国記」シリーズとなる。『東亰異聞』『屍鬼』『黒祠の島』は、それぞれ伝奇、ホラー、ミステリとして高い評価を受けている。「悪霊」シリーズを大幅リライトし「ゴーストハント」として2010年~11年刊行。『残穢』は第26回山本周五郎賞を受賞。『鬼談百景』『営繕かるかや怪異譚』『営繕かるかや怪異譚その弐』など。2019年、十二国記最新刊『白銀の墟 玄の月』を刊行し話題に。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

ゴーストハント5

2021/04/22 20:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴーストハントシリーズの中でも怪物、ドラキュラ室戸と対決する面白い設定でした。霊でないのでゴーストハント達の能力も効かない絶対絶命の中舞達の活躍が面白かったです。この勢いでゴーストハント6がどんな展開になるのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトル

2021/12/01 10:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

だんだんと分かっていく屋敷のホラー。
2巻とは違った感じがするしこっちのがめっちゃ怖い。
SPRのメンバーよく動けるねって思っちゃいました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気持ちの悪さ

2022/07/08 04:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆかの - この投稿者のレビュー一覧を見る

血塗れの部屋の感じとか、埃や黴の臭さとか、全体的に気持ちの悪い雰囲気で、怖いというより嫌~な内容でした。
麻衣がどんどんできること増えていって意外や大物になるのか、なんて思ったり。
リンさんのあれこれがわかったりして少しだけ謎が減りました。増えたものもあるけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

洋館

2021/07/13 01:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台は山の上の洋館。
いかにもな舞台を得て。
ストーリー的には
ここのところ派手な現象が多かったのと比べると、
じりじりとした調査主体の進行。
建物の内部の描写が詳細すぎる。
模型でも作ったのかと思うくらい。

リンさんの個人情報ちょっと公開。
5巻まで来たけれど、
この物語の全貌まで遠い気しかしないぜ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幽霊屋敷

2021/05/11 03:47

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あゆ - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖かった!今までのゴーストハントの中でも一番怖かった。多分 人間の哀しい情が原因の今までの霊とは違い、ただただ 人を襲う霊の話だからかもしれない。舞台は所謂 幽霊屋敷。その家の構造が複雑で、説明がややこしい。しかし現れる霊現象は強烈 今回はナルの親の話題が少し出てきて、興味深い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

洋館

2024/04/02 11:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこにゃんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんどん真実に近づいていくにつれて、怖さも増していきました。謎に包まれていたリンさんのこともちょっと分かったり、麻衣の能力も開花してきたり、話が進んできましたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/04/03 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/21 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/04 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/26 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/30 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/19 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/28 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/13 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/25 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。