サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/05/23
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/440p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102695-8
新書

紙の本

日本共産党 「革命」を夢見た100年 (中公新書)新刊

著者 中北 浩爾 (著)

戦前から高度成長期に、巨大な政治的磁場を作った日本共産党は、政権を担える社会民主主義政党になったのか。一貫して「革命」を目指しつつも大きく変化した100年の歴史を追い、国...

もっと見る

日本共産党 「革命」を夢見た100年 (中公新書)

税込 1,210 11pt

日本共産党 「革命」を夢見た100年

税込 1,210 11pt

日本共産党 「革命」を夢見た100年

販売開始日:2022/07/07

電子書籍を予約購入する

予約購入とはヘルプ

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 29.8MB
Android EPUB 29.8MB
Win EPUB 29.8MB
Mac EPUB 29.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦前から高度成長期に、巨大な政治的磁場を作った日本共産党は、政権を担える社会民主主義政党になったのか。一貫して「革命」を目指しつつも大きく変化した100年の歴史を追い、国際比較と現状分析を交え同党の全貌を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

戦前から高度成長期にかけて多くの若者や知識人を惹きつけ、巨大な政治的磁場を作った日本共産党。東欧革命・ソ連崩壊などで深刻な打撃を受けたが、しぶとく生き残り、近年、野党共闘による政権交代を目標に据える。政権を担える事実上の社会民主主義政党になったのか、今なお暴力革命を狙っているのか。本書は、一貫して「革命」を目指しつつも大きく変化した百年の歴史を追い、国際比較と現状分析を交え同党の全貌を描く。【商品解説】

著者紹介

中北 浩爾

略歴
〈中北浩爾〉1968年三重県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科教授。東京大学博士(法学)。専門は日本政治外交史、現代日本政治論。著書に「自民党」「自民党政治の変容」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

400頁超の分厚い1冊!でも勉強になりました。

2022/06/28 09:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史ある日本の政党・日本共産党のこれまでの変遷について、著者が調べ上げ、この新書1冊にまとめたものです。
 当書は400頁を超える、大変分厚い1冊です。値段も張りますが、正直この政党について皆無だったので、教養を付けようと思い切って購読しました。
 大変読みやすい文章で、著者ご自身が作成した巻末のデータや年表が充実しています。よくぞここまで調べ上げたと驚きました。
 当書を読み切り、大変勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

100年の通史

2022/05/25 08:38

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今年は日本共産党が結党してから100年なので出た本。80年党史が出てから、日本共産党は党史を出していないが、100年党史は出るだろうか?
 外部の出版社が出した一般の読者向けの日本共産党史となるとないもので、日本共産党が目の敵にしていた立花隆の「日本共産党の研究」なら手に入るが、これは実質的に袴田里見が逮捕される昭和10年までしか書いていない。
 通史としては出来ているとは思うけれど、戦前のスパイリンチ事件や戦後の「極左冒険主義」時代の記述が甘い感じがする。
 野坂参三の除名についても言える事だ。「闇の男」を暗に批判しているようだが、この本に書かれているように元々、野坂が山本縣蔵の粛清に何らかの関わりがある事が党内外から指摘されている。
 著者は野坂を庇うが、志賀夫妻や袴田里見が内心、やましい気持ちを抱きながらも、ソ連から帰国したがっていた関マツを見捨てた事を、どう思っているのだろうか?
 転向についても何か気になる。水野成夫の労働者派が転向の中でしか出て来ない。予防拘置所には転向した三田村四郎がいたし、戦後、復党した転向者の中には戦時中は戦争協力をした人がいるのに口を拭っていた人もいるではないか。全連邦共産党内の権力闘争や「ソ連防衛論」で「無謬」のコミンテルンの方針が揺れ動く上に日本の事情など知らないボリシェヴィキが成功体験であれこれ指示を出す事やソ連の実体に気がついたという面もあるだろう。
 「戦前の指導部には女性は皆無であった」とあるが、中央委員だった児玉静子や獄死した飯島喜美はどうなるのか?
 中でも気になるのは在日朝鮮人党員がほとんど言及されない点だ。戦前は朝鮮人が党員や全協の活動家となり、戦後も昭和30年までは党の要職を務め、また朝鮮人部・民族対策部の指導下で朝聯・民戦が存在していた。印貞植のように転向して「内鮮一体」の旗振り役となった人がいるが、何よりも北朝鮮で粛清された人が数多いるから書けなくなったのだろうか。コップに関わり、転向してからは「親日派」となり、光復後は左翼陣営に復帰せずに韓国で戦時中の言動を批判されながらも天寿を全うしえた金龍済本人に取材して書かれた「愛する大陸よ」のような本を読むとそう思う。あと、ソ連共産党のような「総本山」や中国共産党のような「老舗」と違って、国際共産主義運動史では目立たないにしろ、朝鮮労働党と朝鮮総聯との関係は日本共産党のあり方において無視出来ないものがあると思うが。六全協で離党したとは言え、朝鮮総聯の活動家は日本共産党員にとって旧知の「同志」だったではないか。
 筆坂秀世が共著者の「日本共産党vs.部落解放同盟」に他の元党員が書いた昭和40年代の支持者の点描がある。徐々に日本共産党が選挙と赤旗拡大に軸足を移すからか、「Z革命」のヤマギシ会と「1975年ハルマゲドン説」のエホバの証人に移る人がいたようで、実際に「現代こころ模様」のような本もある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/05/18 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/22 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/17 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。