サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0203-05)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 文藝春秋の通販
  6. 文春新書の通販
  7. ルポ食が壊れる 私たちは何を食べさせられるのか?の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/12/16
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-661385-4
新書

紙の本

ルポ食が壊れる 私たちは何を食べさせられるのか? (文春新書)

著者 堤 未果 (著)

フードテックの世界的な潮流の中、現代人の食は大きく変わろうとしている。気候変動時代のマネーゲームと〈デジタル農業計画〉の裏、牛や微生物の力を借りた土壌の再生、有機給食革命...

もっと見る

ルポ食が壊れる 私たちは何を食べさせられるのか? (文春新書)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フードテックの世界的な潮流の中、現代人の食は大きく変わろうとしている。気候変動時代のマネーゲームと〈デジタル農業計画〉の裏、牛や微生物の力を借りた土壌の再生、有機給食革命などについて解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

ワクチンレタス、人工肉、ゲノム編集、デジタル農業……
あなたの食べ物は知らぬ間に入れ替わっている!

ベストセラー『デジタル・ファシズム』の著者が暴く〈フードテック・ファシズム〉

・もう牛は殺さない「人工肉バーガー」
・粉ミルクはもう古い! 赤ちゃんは培養母乳で
・「ふるさと納税」デビューしたゲノム編集魚
・〈原子力ムラ〉の次は〈ゲノム編集ムラ〉!?
・〈デジタル農業アプリ〉の真の目的とは
・食が〈特許〉で支配されるディストピア
・地球の砂漠化を防ぐにはバッファローを見よ!
…etc.

巨大資本が仕掛ける強欲マネーゲームーー〈食の文明史的危機〉を描き出す衝撃作!【商品解説】

人工肉からワクチンレタスまで、フードテックの裏側で何が起こっているのか? 「食と農」の危機を暴き、未来への道筋を示す本。【本の内容】

著者紹介

堤 未果

略歴
〈堤未果〉東京生まれ。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号取得。国際ジャーナリスト。黒田清・日本ジャーナリスト会議新人賞、日本エッセイスト・クラブ賞、新書大賞を受賞。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

昔からの農法を見直す時期に来ているのか

2023/01/05 21:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雑多な本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者はジャーナリストであり、海外の話がよく出てくるが、いずれも日本に深くつながっていることを明確にする。今、牛のゲップで二酸化炭素が増えるとか、牛を肥育するために、飼料のトウモロコシ、水や薬剤を使うので、培養された人工肉が世界を救うという。学校給食等に広げようとされているが、不安は尽きないので、アメリカでは裁判が起こされている。塩分が多い、添加物も多いし、免疫機能がないとなれば、当然そうなるであろう。フードテックは遺伝子組み換えに批判が多いので、ゲノム編集であれば規制はかからないと大企業が飛びついてくる。ふるさと納税で採用されているというので、日本の課題となっている。特許でがんじがらめにして儲けの対象となる。緑の革命で収量が増えたというが、大量の肥料、農薬等を使い、種まで買わされれば収入増より経費増で苦しむ人が多いという。労働生産性と土地生産性を追うばかりで、社会的生産性とエネルギー生産性を無視、又は軽視していた結果という。本書の目次を見ると、
 はじめに
 第1章 「人工肉」は地球を救う?―気候変動時代の新市場
 第2章 フードテックの新潮流―ゲノム編集から〈食べるワクチン〉まで
 第3章 土地を奪われる農民たちー食のマネーゲーム2・0
 第4章 気候変動の語られない犯人―“悪魔化”された牛たち
 第5章 <デジタル農業計画>の裏―忍び寄る植民地的支配
 第6章 日本の食の未来を切り拓け―型破りな猛者たち
 第7章 世界はまだまだ養える―次なる食の文明へ
 おわりに    となる。目次はもっと詳しいが、概略は見える。
 牛が環境破壊の原因と言われているが、決してそうでなく飼い方の問題で、健康な土地を作り出す循環農法で解決するという。SDGsでは環境分野で土壌が出ていないという。有機農法では、雑草取り等で大変というが、有機農法でも雑草取りが不要となるという。戦後、アメリカ軍の占領で、アメリカの小麦を買わされた結果、日本の小麦生産が大きく低下し、いまだに続いている。著者は問題点ばかりしきするのでなく、具体的な取り組みを次々紹介する。自然に恵まれ、水田等が長年整備された財産がある。これを活かさないという提案である。一読する価値がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/01/28 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/01/07 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/01/29 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/02/01 06:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。