サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 飯嶋 和一の紙の本一覧

“飯嶋 和一”の紙の本一覧

1952年山形県生まれ。「汝ふたたび故郷へ帰れず」で文藝賞、「始祖鳥記」で中山義秀文学賞、「出星前夜」で大佛次郎賞を受賞。

“飯嶋 和一”に関連する紙の本を24件掲載しています。124 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

星夜航行 下巻 (新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

星夜航行 下巻 (新潮文庫)

  • 税込価格:1,155
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2021/09/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 【舟橋聖一文学賞(第12回)】秀吉の明国と朝鮮への野望は誰にも止められず、小西行長ら秀吉吏僚の隠蔽工作は国と民を泥沼の地獄へと導く。沢瀬甚五郎も否応なく巻き込まれていき…。驚くべき朝鮮出兵の真実を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    天下統一を果たした秀吉は、次なる道を明国征服に定め、足がかりとして朝鮮出兵を企てる。小西行長らは無謀な計画を阻止しようと画策するが、秀吉の妄...

星夜航行 上巻 (新潮文庫)(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

星夜航行 上巻 (新潮文庫)

  • 税込価格:1,100
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2021/09/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 【舟橋聖一文学賞(第12回)】三河の内乱の時、父が徳川家に弓を引いたため、逆臣の遺児として農村に逼塞していた沢瀬甚五郎。傑出したその才覚は家康家臣の知るところとなり、嫡男、徳川三郎信康の小姓衆に取り立てられるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

    天正三年、三河国下和田村の馬飼い・甚五郎は、類稀なる馬扱いで家康の嫡男・三郎信康の小姓に取り立てられる。祖父と父はかつて家康に反...

出星前夜 (小学館文庫)

  • 評価4.4レビュー:37件
  • 税込価格:964
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2013/02/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 寛永十四年、突如として島原を襲った傷寒禍(伝染病)が一帯の小児らの命を次々に奪い始めた。有家村の庄屋・鬼塚甚右衛門は旧知の医師・外崎恵舟を長崎から呼ぶが、代官所はあろうことかこの医師を追放。これに抗議して少年ら数十名が村外れの教会堂跡に集結した。折しも代官所で火事が発生し、代官所はこれを彼らの仕業と決めつけ討伐に向かうが、逆に少年らの銃撃に遭って九人が死亡、四人が重傷を負う。松倉家入封以来二十年、...

始祖鳥記 (小学館文庫)

  • 評価4.4レビュー:52件
  • 税込価格:765
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2002/11/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 全日本人必読!数多の書評家が唸った稀代の歴史巨編

    空前の災厄続きに、人心が絶望に打ちひしがれた暗黒の天明期、大空を飛ぶことに己のすべてを賭けた男がいた。その“鳥人”幸吉の生きざまに人々は奮い立ち、腐りきった公儀の悪政に敢然と立ち向かった――。 構想十三年、執筆二年。伝説の著者が心血を注いで書き上げ、発表当時には、朝日・読売・毎日・共同通信・週刊文春ほか、40にも上る媒体で大絶賛...

狗賓童子の島 (小学館文庫)

  • 評価4.5レビュー:4件
  • 税込価格:1,210
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2019/09/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 【司馬遼太郎賞(第19回)】弘化3年、隠岐・島後に、大坂から15歳の西村常太郎が流された。16歳になった常太郎は狗賓が宿るという「御山」の千年杉へ初穂をささげる役を命じられる。やがて医師になった常太郎は、島を覆う幕末の狂乱に巻き込まれ…。【「TRC MARC」の商品解説】

    第19回司馬遼太郎賞受賞作、待望の文庫化

    全島蜂起!
    幕末の隠岐「島後」に吹き荒...

雷電本紀 (小学館文庫)

  • 評価4.1レビュー:23件
  • 税込価格:765
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2005/06/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 異常気象、凶作、飢餓、疫病の蔓延と、厄災ばかりがうち続いた江戸天明期、後世まで語り継がれる一人の力士が彗星のごとく現れた。巨人のような体躯と野獣のような闘志で豪快に相手を投げ倒していくこの男に、抑圧され続けてきた民衆は未来への希望の光を見た。実在の伝説的相撲取り「雷電」の一生を、緻密な時代考証を踏まえドラマチックに描いて、飯嶋和一の名を世に知らしめた大傑作歴史巨編の文庫化!【商品解説】

黄金旅風 (小学館文庫)

  • 評価3.9レビュー:51件
  • 税込価格:827
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2008/02/06
  • 発送可能日:24時間
  • 江戸寛永年間、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に、二人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたこの二人こそ、のちに史上最大の朱印船貿易家と呼ばれた末次平左衛門(二代目末次平蔵)とその親友、内町火消組頭・平尾才介である。卓越した外交政治感覚と骨太の正義感で内外の脅威から長崎を守護し、人々に希望を与え続けた傑物たちの生涯を、三年の歳月をかけて、壮大なスケールで描いた熱き奔...

神無き月十番目の夜 (小学館文庫)

  • 評価4.2レビュー:36件
  • 税込価格:702
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2005/12/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 慶長七年(一六〇二)陰暦十月、常陸国北限、小生瀬の地に派遣された大藤嘉衛門は、野戦場の臭気が漂う中、三百名以上の住民が消えるという奇怪な光景を見る。いったいこの地で何が起きたのか? 恭順か、抵抗か―体制支配のうねりに呑み込まれた誇り高き土豪の村の悪夢。長く歴史の表舞台から消されていた事件を掘り起こし、その真実の姿をミステリアスかつ重厚に描いて大絶賛された戦慄の巨編。【商品解説】

星夜航行(新潮文庫)セット 新刊

  • 税込価格:2,255
  • 出版社:新潮社
  • 取扱開始日:2021/10/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 商品タイプ:セット商品
  • 【舟橋聖一文学賞(第12回)】三河の内乱の時、父が徳川家に弓を引いたため、逆臣の遺児として農村に逼塞していた沢瀬甚五郎。傑出したその才覚は家康家臣の知るところとなり、嫡男、徳川三郎信康の小姓衆に取り立てられるが…。【本の内容】

汝ふたたび故郷へ帰れず (小学館文庫)

  • 評価4.0レビュー:12件
  • 税込価格:649
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2003/04/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 【文藝賞(第25回)】【「TRC MARC」の商品解説】

    伝説の作家のあの「血のたぎる傑作」が遂に文庫化!

    自然の息吹とボクサーの鼓動が響く名編。故・江藤淳氏が文藝賞の選評で「いつの間にか引き込まれていた」「現代の只中に活きている」と語った、伝説の作家の出世作が遂に文庫化。負け犬同然にリングを去ったミドル級ボクサー・新田駿一は、当てもなく帰った故郷の島でジム...

星夜航行 上巻

  • 評価4.0レビュー:14件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2018/06/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 三河の内乱の時、父が徳川家に弓を引いたため、逆臣の遺児として農村に逼塞していた沢瀬甚五郎。傑出したその才覚は家康家臣の知るところとなり、嫡男、徳川三郎信康の小姓衆に取り立てられるが…。『小説新潮』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    罪なくして徳川家を追われ、秀吉の天下統一と朝鮮出兵の暴挙に翻弄されながら屈しなかった男。一生に一度出会えるかどうかの大傑作。【本の内...

星夜航行 上下巻セット

  • 税込価格:4,400
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2018/06/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 商品タイプ:セット商品
  • 三河の内乱の時、父が徳川家に弓を引いたため、逆臣の遺児として農村に逼塞していた沢瀬甚五郎。傑出したその才覚は家康家臣の知るところとなり、嫡男、徳川三郎信康の小姓衆に取り立てられるが…。『小説新潮』連載を書籍化。【本の内容】

星夜航行 下巻

  • 評価4.3レビュー:15件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2018/06/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 秀吉の明国と朝鮮への野望は誰にも止められない。小西行長ら秀吉吏僚の隠蔽工作は国と民を泥沼の地獄へと導く。沢瀬甚五郎も否応なく巻き込まれていき…。驚くべき朝鮮出兵の真実を描く。『小説新潮』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    罪なくして徳川家を追われ、秀吉の天下統一と朝鮮出兵の暴挙に翻弄されながら屈しなかった男。一生に一度出会えるかどうかの大傑作。【本の内容】

冒険の森へ 傑作小説大全 11 復活する男

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2015/05/12
  • 発送可能日:1~3日
  • ジャンルを越え、小説の面白さを追求するアンソロジー。11は、飯嶋和一「汝ふたたび故郷へ帰れず」など長編2編、ショートショート&ショートストーリー5編、短編6編を収録する。今野敏の解説、池上冬樹の解題も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    ジャンルを越え、小説の面白さを追求する画期的アンソロジー『冒険の森へ 傑作小説大全』第11巻。
    ヘミングウェイの文体を想起させる、...

狗賓童子の島

  • 評価3.9レビュー:26件
  • 税込価格:2,530
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2015/01/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 太古から島の奥深く「聖域」を抱いてきた流刑の地に、幕末、島民を脅かす「病毒」が次々に入り込んできた。追いつめられた島民たちは、危険な道へ一気に足を踏み入れた―。【「BOOK」データベースの商品解説】

    太古から島の奥深く「聖域」を抱いてきた流刑の地に、幕末、島民を脅かす「病毒」が次々に入り込んできた。追いつめられた島民たちは、危険な道へ一気に足を踏み入れた…。『STORY BOX』連載...

出星前夜

  • 評価4.1レビュー:57件
  • 税込価格:2,200
  • 出版社:小学館
  • 発行年月:2008.8
  • 発送可能日:要確認
  • すべての民にとって不満のない世などありえない。しかし、民を死に追いやる政事のどこに正義があるというのか。寛永十四年陰暦七月、二十年にも及ぶ藩政の理不尽に耐え続けた島原の民衆は、最後の矜持を守るため破滅への道をたどり始めた。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【大佛次郎賞(第35回)】「民を死に追いやる政事のどこに正義があるというのか」 寛永14年陰暦7月、20年にも及ぶ藩政の理不...

黄金旅風

  • 評価3.8レビュー:28件
  • 税込価格:2,090
  • 出版社:小学館
  • 発行年月:2004.4
  • 発送可能日:要確認
  • 江戸初期、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に、2人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたその2人は、やがて、権力に蹂躪される長崎の人々の、光り輝く守護神となった…。【「TRC MARC」の商品解説】

汝ふたたび故郷へ帰れず リバイバル版

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:小学館
  • 発行年月:2000.11
  • 発送可能日:要確認
  • 【文藝賞(第25回)】共に闘った男のプライドに賭け、ふたたびリングへと向かう孤高のボクサーの生き様を描き、文芸賞を受賞した、ボクシング小説の金字塔。89年河出書房新社刊の表題作に「プロミスト・ランド」など2編を追加したリバイバル版。【「TRC MARC」の商品解説】

始祖鳥記

  • 評価4.1レビュー:16件
  • 税込価格:1,870
  • 出版社:小学館
  • 発行年月:2000.2
  • 発送可能日:要確認
  • 【中山義秀文学賞(第6回)】未曽有の凶作と貧困による絶望感が世を覆っていた江戸・天明期、大空を飛ぶという突拍子もない夢に賭けた男がいた。迷わず、おのれを生きること。そう人々に希望を与えた「鳥人」幸吉の生きざまを、綿密な考証で鮮やかに描く。【「TRC MARC」の商品解説】

神無き月十番目の夜 (河出文庫)

神無き月十番目の夜

  • 評価4.3レビュー:16件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:1997.6
  • 発送可能日:要確認
  • 江戸初頭、幕府の検地に反対して老若男女にいたるまで完全に虐殺された村があった。彼らはなぜ殺されねばならなかったのか? 壮大なスケールで歴史の闇をあばく、スリリングにしてミステリアスな戦慄の巨篇。【「TRC MARC」の商品解説】

雷電本紀 (河出文庫)

雷電本紀

  • 評価3.8レビュー:7件
  • 税込価格:2,990
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:1994.6
  • 発送可能日:要確認
  • 天明、寛政、化政期、彗星のごとく現われた巨人が相撲をかえた。稀代の相撲人・雷電為右衛門の数奇な運命とその時代を、後援者・助五郎との交わりを軸に壮大な構想力と考証をもとにはじめて描破した書き下ろし長篇小説。【「TRC MARC」の商品解説】

汝ふたたび故郷へ帰れず

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:河出書房新社
  • 発行年月:1989.1
  • 発送可能日:要確認
  • 【文藝賞(第25回)】【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 24 件中 1 件~ 24 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。