サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 勉強法 AtoZ -効率的な学習方法から食事まで- ポイント5倍キャンペーン  ~4/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 成田 竜一の紙の本一覧

“成田 竜一”の紙の本一覧

日本女子大学教授。著書に「近現代日本史との対話」「「戦後」はいかに語られるか」など。

“成田 竜一”に関連する紙の本を71件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

方法としての史学史 (岩波現代文庫 学術 歴史論集) 新刊

  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,782
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2021/03/15
  • 発送可能日:24時間
  • 歴史学は「なにを」「いかに」論じてきたのか−。歴史学そのものを歴史化する「史学史」の視点から、歴史学のアイデンティティを確認し、そのあり方を問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

    歴史学は現代社会において何をなしうるのか。「戦後歴史学」が提示した歴史像が再検討を迫られ、さらに歴史修正主義の登場により歴史観の相克が深まるなかで、歴史学の方法、立場、叙述のスタイルなどをめぐ...

大正デモクラシー (岩波新書 新赤版 シリーズ日本近現代史)

  • 評価4.0レビュー:23件
  • 税込価格:946
  • 出版社:岩波書店
  • 発行年月:2007.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 大正デモクラシーの時代、帝国のもとでの「民衆」の動きはどんな可能性と限界をはらんでいたか。日比谷焼打ち事件から大正政変、米騒動、普通選挙の実施、そして満州事変前夜に至る25年の歩みを「社会」を主人公にして描く。【「TRC MARC」の商品解説】

歴史論集 2 〈戦後知〉を歴史化する (岩波現代文庫)

  • 税込価格:1,782
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2021/05/18
  • 近日発売:予約可
  • 敗戦から現在に至る思考の総体を〈戦後知〉として把握しようとする企てに、歴史学はいかに関わりうるのか。松本清張、司馬遼太郎、大江健三郎らの作品から、加藤周一、山口昌男、見田宗介らの思索まで、同時代の想像力を尖鋭に表現する文学や思想の読解を通じて、歴史学を専門知の閉域から解き放つ試み。現代文庫オリジナル編集。解説=戸邉秀明。【商品解説】

「戦争経験」の戦後史 語られた体験/証言/記憶 増補 (岩波現代文庫 学術)

  • 税込価格:1,628
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2020/08/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦後、人々は戦争との距離をはかることにより自らのアイデンティティを確認し、主体を形成してきた。敗戦からの時間的経過や社会的状況に応じて変容してゆく戦争についての語りの変遷を辿りながら、戦後日本社会の特質に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

    戦争とどう向き合い、受けとめるか──戦後、人々は直接的な体験の有無にかかわらず、戦争との距離をはかることによって自らのアイデンティテ...

〈戦後文学〉の現在形

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:5,280
  • 出版社:平凡社
  • 発売日:2020/10/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 「戦後」をめぐる歴史的想像力を媒介に、現在を起点として〈戦後文学〉の系譜を創造する。新たな視点で選んだ〈戦後文学〉60作品を解説。時代の潮流を俯瞰してとらえるコラムも掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

    終戦以降現在まで、日本の現代文学の総括的な評価・分析を行うという、類例のない評論集。日本文学を代表する60作品を選び論評を加える。文学運動・作家論などコラムも充実。<...

「井上ひさし」を読む 人生を肯定するまなざし (集英社新書)(集英社新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

「井上ひさし」を読む 人生を肯定するまなざし (集英社新書)

  • 評価4.0
  • 税込価格:1,078
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2020/03/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 多彩な活躍を見せた作家・井上ひさしの没後10年に際し、大江健三郎、辻井喬、平田オリザら一流の創作者たちが集い、生前の交流を明かしながら、その作品について語り合った論考集。『すばる』掲載をもとに新書化。【「TRC MARC」の商品解説】

    戦後日本社会の抱えてきた問題、実に大きい問題が、たとえば天皇の戦争責任が問いかけられている――大江健三郎

    東日本大震災で私たち劇...

近現代日本史との対話 戦中・戦後−現在編 (集英社新書)(集英社新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

近現代日本史との対話 戦中・戦後−現在編 (集英社新書)

  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2019/02/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 人々の動きがつくり出す、人間関係から社会の仕組みまでの流れを「システム」として捉え、その変遷を軸に近現代日本の歴史を叙述。戦中・戦後−現在編は、1937年の日中戦争から現在に至るまでの道筋を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    その時代を動かしてきた原理(システム)で理解する歴史新書の完結編。
    日中戦争から現在までを網羅。
    平成史も細部まで触れており、同時代史...

加藤周一を記憶する (講談社現代新書)

  • 評価4.0
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2015/04/16
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦後の代表的知識人、加藤周一の護憲論争・文明評論・文化論等の功績は、世界も日本も混迷する現在だからこそ再確認する必然がある。加藤周一を軸に、往還する戦後への問いを描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本の「敗戦後」を問い続けた評論家加藤周一の軌跡を丁寧に追う試み。
    加藤周一の代表的著作である『言葉と戦車』『日本文学史序説』「夕陽妄語」を中心に、その評論活動の出発点...

総力戦体制 (ちくま学芸文庫)

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2015/01/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 現代社会の基礎は、多くが戦時の動員体制において形成されたものである−。こうした論争的な問題提起により、戦後体制の本質だけでなく、近代的な知のあり方そのものまでをも根底から問うた著者の代表的論考を精選収録。【「TRC MARC」の商品解説】

戦後日本スタディーズ 2 「60・70」年代

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,640
  • 出版社:紀伊國屋書店
  • 発行年月:2009.5
  • 発送可能日:1~3日
  • 「戦後」を問い直すための見取り図を提示し、特に社会運動に力点をおいて総括する試み。2では、世界的な規模で生起した「60年」と「68年」の地殻変動を軸としながら、この時期の政治・経済・社会の激動の様相を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

〈世界史〉をいかに語るか グローバル時代の歴史像

  • 評価3.5レビュー:2件
  • 税込価格:3,190
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2020/02/20
  • 発送可能日:1~3日
  • グローバル・ヒストリーとともに出現した新たな歴史の語り方を、理論・実践の両面から問い直す。『思想』2018年第3号掲載に新訳や、井野瀬久美惠と川島啓一による対談などを増補し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    現代歴史学の様々な「転回」を踏まえ、グローバルヒストリー・ブームを批判的に検証しつつ、歴史叙述の在り方を根本から問い直す。大好評の『思想』2018年第3号に、D。...

環太平洋地域の移動と人種 統治から管理へ、遭遇から連帯へ

  • 税込価格:3,960
  • 出版社:京都大学学術出版会
  • 発売日:2020/01/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 文化や生活習慣など見えない差異で線をひく人種化は、人が複雑に移動し交錯してきた「環太平洋型」といえる。環太平洋型の人種化の史的起源と現状を示し、更に芸術や対話の場を通してオルタナティブなグローバル化の道を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

    西欧の帝国主義・国民国家は肌の色など身体的特徴を「人種」としてカテゴリー化した。しかし今やさらに先鋭化した人種化が席捲している。文化...

近現代日本史との対話 幕末・維新−戦前編 (集英社新書)(集英社新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

近現代日本史との対話 幕末・維新−戦前編 (集英社新書)

  • 評価3.5レビュー:4件
  • 税込価格:1,430
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2019/01/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 人々の動きがつくり出す、人間関係から社会の仕組みまでの流れを「システム」として捉え、その変遷を軸に近現代日本の歴史を叙述。幕末・維新−戦前編は、システムAⅠ(国民国家の形成)〜BⅠ(戦争への動員体制)を扱う。【「TRC MARC」の商品解説】

    その時代を動かしてきた原理(システム)を分析することで、無関係に見える出来事がつながりを持って理解できる。
    近現代日本の営みを物...

アジアの戦争と記憶 二〇世紀の歴史と文学

  • 税込価格:5,060
  • 出版社:勉誠出版
  • 発売日:2018/06/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 東アジアの新たなるコモンとは何か。2つの世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、沖縄返還など、アジア激動の20世紀を捉え直し、これからの連帯の可能性を探る。2013年に中国で開催された国際シンポジウムをもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    二つの世界大戦から、インド独立運動、朝鮮戦争、ベトナム戦争、沖縄返還など、アジア激動の20世紀を捉え直す。
    作家や知識人が残し...

「戦後」はいかに語られるか (河出ブックス)

  • 評価4.5
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2016/10/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 繰り返される「戦後○○年」。世代による世界観の違いとは? 3・11から何が変わったのか? 誰が、どの立場から語るかによって異なる相貌を見せる「戦後」の文法を炙り出し、戦後史叙述の新たな地平を拓く。【「TRC MARC」の商品解説】

記憶と認識の中のアジア・太平洋戦争 岩波講座アジア・太平洋戦争 戦後篇

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,740
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2015/07/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 安倍首相の「戦後70年談話」、「慰安婦」問題、沖縄の辺野古基地移転問題−。戦後日本は戦争をどのように記憶・認識してきたのか。政治・社会・国際関係など様々な切り口から考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

岩波新書で「戦後」をよむ (岩波新書 新赤版)

  • 評価3.4レビュー:2件
  • 税込価格:1,034
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2015/07/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦後、日本の何が変わり、何が変わらなかったのか。戦後の「知」は何を問うてきたのか。文学者・歴史学者・社会学者が、時代の経験と「空気」が深く刻み込まれた21冊の岩波新書をよみとき、新たな「戦後」像を描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

    時代の経験と「空気」が深く刻み込まれた岩波新書を読み解くことで、新たな「戦後」像を描き出す。【本の内容】

戦後史入門 (河出文庫)

  • 評価3.9レビュー:9件
  • 税込価格:748
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2015/07/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 占領、55年体制、高度経済成長、バブル、沖縄や在日コリアンから見た戦後、日米関係…。これだけは知っておきたい「戦後」の重要ポイントを平易にレクチャー。「歴史とは何か」を考えつつ、〈いま〉がわかる戦後史の入門書。〔「戦後日本史の考え方・学び方」(2013年刊)の改題増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

新体系日本史 9 ジェンダー史

  • 評価5.0
  • 税込価格:4,950
  • 出版社:山川出版社
  • 取扱開始日:2014/07/18
  • 発送可能日:1~3日
  • かつて女性史が扱っていた対象を、広く社会的・文化的に形成された性別であるジェンダーの視点から捉えなおした通史。古代、中世、近世、近代の時期区分によりながら日本のジェンダーの歴史を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

現代思想の時代 〈歴史の読み方〉を問う

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,420
  • 出版社:青土社
  • 発売日:2014/06/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 1970年代初頭から現代までの社会/思想の推移について、1973年に創刊された雑誌『現代思想』の特集と営みを補助線としながら大澤真幸と成田龍一の2人が考察。これからの歴史の読み方を鋭く問う。【「TRC MARC」の商品解説】

コレクション戦争と文学 別巻 〈戦争と文学〉案内

  • 税込価格:4,180
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2013/09/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦争の世紀を文学者はいかに生きたか―初めての戦争文学の通史と作品ガイド。明治・大正・昭和にわたる年表も充実。【「BOOK」データベースの商品解説】

    明治期から現代まで約150年にわたる日本の「戦争と文学」の歴史を概括する論考のほか、156編の戦争長編文学作品紹介、年表を収録。巻末に本コレクション全20巻の収録作品細目、作者名および作品名索引を収載。【「TRC MARC」の商品解説】

戦後日本史の考え方・学び方 歴史って何だろう? (14歳の世渡り術)

  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2013/08/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 占領、55年体制、高度経済成長、バブル、沖縄や在日コリアンから見た戦後、そして今…。これだけは知っておきたい戦後日本史の重要ポイントをレクチャー。これからを生きる人のための新しい歴史入門。〔「戦後史入門」(河出文庫 2015年刊)に改題増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

コレクション戦争と文学 12 戦争の深淵

  • 評価2.7レビュー:3件
  • 税込価格:3,960
  • 出版社:集英社
  • 取扱開始日:2012/12/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 日清日露の戦いから現代の戦争まで、100年以上の流れの中から作品を精選。住民虐殺、毒ガス、捕虜の生体実験…。人間はいかなる状況のもとで獣と化すのか。戦争の非人間性の極みを描く。【「TRC MARC」の商品解説】

コレクション戦争と文学 18 帝国日本と台湾・南方

  • 評価3.4レビュー:2件
  • 税込価格:3,960
  • 出版社:集英社
  • 取扱開始日:2012/12/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 日清日露の戦いから現代の戦争まで、100年以上の流れの中から作品を精選。反乱を起こす「蕃社」の人々、志願兵となる台湾の若者たち…。南方や南洋の島々に残された支配と戦争の傷痕に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

コレクション戦争と文学 11 軍隊と人間

  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,960
  • 出版社:集英社
  • 取扱開始日:2012/11/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 日清日露の戦いから現代の戦争まで、100年以上の流れの中から作品を精選。徴兵を忌避する若者、兵営内で吹き荒れる私刑、軍隊への死を賭した反抗…。苦悶する若き兵士たちの肉声に迫る全16編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

コレクション戦争と文学 3 冷戦の時代

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,960
  • 出版社:集英社
  • 取扱開始日:2012/10/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 冷戦下の戦いがどう繰り広げられていたのか
    第二次世界大戦後、深まる米ソの対立。核戦争の恐怖、情報戦の拡張、そして「平和日本」に誕生した自衛隊。大国の論理に翻弄される世界情勢とそこに生きる人々の苦悩を、堀田善衞らが描く。

    日清日露の戦いから現代の戦争まで、100年以上の流れの中から作品を精選。核戦争の恐怖、情報戦の拡張、「平和日本」に誕生した自衛隊。大国の論理に翻弄される...

コレクション戦争と文学 17 帝国日本と朝鮮・樺太

  • 評価5.0
  • 税込価格:3,960
  • 出版社:集英社
  • 取扱開始日:2012/09/03
  • 発送可能日:1~3日
  • 日清日露の戦いから現代の戦争まで、100年以上の流れの中から作品を精選。植民地支配の歪みが織りなす「日常」と「戦争」を描く。中島敦、湯浅克衛、許南麒らによる小説と詩を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

コレクション戦争と文学 10 オキュパイドジャパン

  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:3,960
  • 出版社:集英社
  • 取扱開始日:2012/08/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 日清日露の戦いから現代の戦争まで、100年以上の流れの中から作品を精選。激変する占領下の日本で逞しく生きる人々の姿を描く。志賀直哉、吉行淳之介、野坂昭如、大江健三郎らによる小説、詩、短歌、川柳などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

コレクション戦争と文学 9 さまざまな8・15

  • 評価3.4レビュー:1件
  • 税込価格:3,960
  • 出版社:集英社
  • 取扱開始日:2012/07/03
  • 発送可能日:1~3日
  • 日清日露の戦いから現代の戦争まで、100年以上の流れの中から作品を精選。敗戦という未曾有の経験と、混乱の新生日本の姿を描く。中野重治、河野多惠子、島尾敏雄らによる小説、詩、短歌、俳句などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 71 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。