サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

本当に悪女だったのか?秀吉の側近・淀殿(茶々)の生きざまに迫った本

親の仇である秀吉に嫁いだ悲運の女性でありながら、豊臣家を滅亡へ導いた「戦国の悪女」として語られることも多い淀殿(茶々)。歴史小説家はさまざまな解釈で彼女を描き、研究者は当時の資料から実在した淀殿の本質に迫っています。大河ドラマ『真田丸』でも注目が集まる謎多き女性・淀殿の生涯を知れば、歴史がもっと楽しくなります。

4
お気に入り
1317
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 戦国時代を舞台にした歴史小説の傑作を数多く手掛けている井上靖が、淀殿の生涯を情緒豊かに描いた本です。両親の仇である秀吉に嫁ぐことになった淀殿の悲運が、彼女自身の目線で語られています。現代では悪女として描かれることの多い淀殿の秀吉に嫁いでからの心情の変化を通して、凛とした妻としての魅力を知ることができるでしょう。

  • 豊臣秀吉の出自と生涯について膨大な資料をもとに調べ、日本の被差別階級の問題と合わせて論じた歴史書です。注目すべきは淀殿の愛息・秀頼が、秀吉の実の子ではないという説を科学的な視点から説いていること。一次資料からわかる秀吉と淀殿の真の関係、そして秀頼の出生の謎を知りたい方は、ぜひ手に取ってみてください。

  • 淀殿を信長・秀吉・家康の3人とからめて描いた、長編歴史シリーズの秀吉編です。義父・柴田勝家と母・お市の死から、秀吉の死までの淀殿の生きざまが描かれています。「豊臣家を滅ぼした悪女」ではなく、仇である秀吉の実子を産み豊臣家を支えた「よき妻」として淀殿をとらえていて、読後は彼女のファンになってしまうかもしれません。

  • 北政所と淀殿。この2人の間には確執があり、それが豊臣家を二分させ、やがて滅亡に導いた・・・と一般的には語られてきました。しかし本書ではその定説の矛盾を指摘し、2人がそれぞれの役割を担って豊臣家の存続に力を尽くしていた、と書いています。「女のバトル」をしていただけではない、聡明な2人の本当の姿に迫った一冊です。

  • 司馬遼太郎が豊臣秀次、秀頼、北政所、淀殿など、秀吉以外の豊臣家の人物に1人ずつ光を当てた短編連作集です。秀吉という眩しすぎる光の影が落ちるように、少しずつ歯車が狂い、滅亡へと進む豊臣家の凋落を丁寧に描いています。息子・秀頼とともに散った淀殿を、司馬はどのような女性としてとらえたのかを、ぜひ確かめてみてください。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。