サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

あぁ、情念!人間の業にどっぷりはまる、ドラマティックすぎる人生が描かれた本

読んで楽しいだけが読書ではありません。たまにはドロドロした情念や闇の世界に、浸ってみたくなることはないでしょうか?男女の情。親子の情。男同士の情。この世の中にはたくさんの情念が存在しています。実生活ではなかなか味わえない(味わいたくもない)人間の業に、あなたもどっぷりつかってみませんか?

16
お気に入り
1693
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 赤ん坊の頃に父の不倫相手に誘拐され、誘拐犯を母として育った恵理菜。ある日、幼子は「母」と無理やり離され、本当の両親のもとに連れて行かれても、事情を理解できませんでした・・・。恵理菜の想いと、養母・希和子、実母・恵津子の想い。嫉妬とプライド、そして母性。読者の視点次第でさまざまな感情を読み取ることができます。

  • この寂聴版の『女人源氏物語』は、数多い光源氏の女君たちや召使の語りで物語が進んでいきます。本人語りによって、源氏には垣間見せなかった嫉妬や苦悩に、のたうちまわる女君たち。最高の男に愛される幸せに、唯一の女になれない苦悩。逃れることのできない愛欲地獄に、のたうちまわる女君たちの息遣いがまとわりつくようです。

  • 仰木高耶は家臣だという男・直江に出会います。自分は戦国武将の換生者で、この世に恨みを残している悪霊をはらう役目があるのだ、と。愛し愛されたいと希求する想いに、自己顕示欲、独占欲。長すぎる生はすべてをゆがめていきます。あらゆる感情が入り混じる大きなうねりのなか、愛するという言葉の意味を考えさせる一冊です。

  • 第二次大戦下、神を捨てたナチ親衛隊 アルベルトと修道士になったマティアス。マティアスの弟の事故死をきっかけに、2人は再会します。幼少から相容れない2人でしたが、時代の大きな波にのまれ、最後に2人に残ったものは友情とも呼べるものでした。猜疑や裏切りに満ちた本編ですが、ラストには透明な哀しみだけが残ります。

  • 遠野屋の女将・おりんが水死した・・・。お調べのために同心・小暮は遠野屋をたずねます。過去の闇を閉じ込め、平穏であろうとする遠野屋。興味がないのに、他人の闇を暴くことに心地よさを覚える小暮。育ちも境遇もまったく違う2人は、同じ闇を抱いていました。弑逆、虚無、狂気、そして冬の月のごとき哀惜が、全面に静かに漂う一冊です。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。