サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

タレント 藤岡みなみブックキュレータータレント 藤岡みなみ

扉を開くノンフィクション

SFも大好きだけれど、あぁ宇宙って広すぎ!と私が一番思ってしまうのはノンフィクションを読んでいる時です。(あっそういえば『宇宙からの帰還』も紹介すればよかったな・・・。)すぐそこにある異世界、別世界、新世界。今日はどの扉を開きましょうか。世界の扉が本だとしたらどこでもドアはもう開発されている。

25
お気に入り
1887
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。
  • 「食べる」という全人類に共通する最も切実な行為を通して、胃袋で世界に触れる旅の本。10代の頃に初めて読んで感銘を受け、特にあとがきは何度も読み返しました。「世界は細部、細部、細部でできている!」。読むたびに感性の解像度が上がる気がします。

  • 珍スポットトラベラー金原みわさんの紀行エッセイ集。B級スポット、ストリップ劇場、寄食、宗教、などなど。好奇心のままに潜入するも、そこにいる人々と真っ正面から向き合い、戸惑い揺れる金原さんはとても誠実。ここは最果てではあっても全くの異世界ではないのだと気付いた時、心の国境がスッと消えていくようでした。

  • 著者が猟師になる過程とその後の生活の様子を描いたノンフィクション。ワナ猟という手法の面白さや、都市感覚を持った自給自足のあり方などがとても新鮮です。自分とは別の世界の話という断絶感がなく地に足がついたまま命のことを考えられる本。

  • 視覚障害を持った方へのインタビューをベースにした身体論。見えないということは情報が足りないということではなくて、世界の組み立て方が違うということ。そのバランスを具体的に知ることができて面白いです。旅してみつける別世界もあるけれど、同じ地点から捉え方を変えて知る別世界もある。

  • あえてノンフィクション特集でご紹介。純文学とノンフィクションの間の新ジャンル?フェイクドキュメンタリー?羽田圭介さんが芥川賞を受賞し、テレビで引っ張りだこになるまでを目の当たりにした私たちは、今、これを読まないと!3年後じゃもったいない。時代を走るドライブ感の凄まじい怪作。

タレント 藤岡みなみ

ブックキュレーター

タレント 藤岡みなみ

1988年生まれ。上智大学総合人間科学部社会学科在学中からタレント、エッセイストなどとして活動。2015年ラジオ番組表好きなDJランキングAM部門第1位。本屋に住むのが夢で自宅を書店のような空間にすべく少しずつ改装中。特に好きなジャンルは日常SF、ノンフィクションなど。著書に『藤岡みなみの穴場ハンターが行く!in北海道』(北海道新聞社)、『シャプラニール流 人生を変える働き方』(エスプレ)がある。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募など、各種お問い合わせはこちらから。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター