サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto編集員ブックキュレーターhonto編集員

こんな求人あったら要検討!?名前からして何かありそうな仕事が出てくる本

名称を聞いただけではどんな仕事内容なのか想像しにくい職業が、世の中にはけっこうあるもの。これが小説の話となると、創作用につくられたものまで出てくるのでなおさらです。そんな、どこか曰くありげで意外とおもしろそうな職業が出てくる物語を集めました。物語に登場する不思議な職業を通して、仕事について考えるきっかけになるかもしれません。

0
お気に入り
320
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 「竜門猟犬探偵舎」は迷い犬専門の探偵事務所です。所員は猟犬探偵・竜門卓とパートナーである猟犬のジョーのみ。山奥の丸太小屋で狩猟を生業としながら、かたわらでいなくなった愛犬探しの依頼も引き受けています。ジャンル的にはハードボイルドに属する物語で、自らの信念に従って生きる男の矜持が全編にあふれている連作短編集です。

  • 九十九九十郎(つくもくじゅうろう)は、元御小人目付で今は「仕舞屋」を営む剣と隠密探査のプロです。そんな九十郎のもとにある日、七と名乗る12歳の少女が「料理に掃除、洗濯と何でもするから置いてくれ」と、職を求めて訪れます。七の思惑はどこにあり、「仕舞屋」とはどんな仕事なのか?続きは本書でお確かめください。

  • 将軍家の蔵書「紅葉山文庫」を管理する「御書物方」に勤務するのが主人公の東雲丈太郎。この丈太郎の関わる江戸城内での出来事や市中の古本、貸本業界との交流が物語の中心です。「御書物方」も興味深いのですが、注目してほしい仕事は途中で登場する「せどり師」のこと。今も残る仕事ですが、江戸時代のそれも本好きには見逃せません。

  • ダライ粉とは旋盤などで金属を加工する際に出る削りカス的なもの。その粉を扱う「ダライコ屋」を個人で営む友永と、当たり屋の稲垣、自称元拳法家・ケンの3人組が、ヤクザを相手取って仕掛ける誘拐劇が展開します。「ダライコ屋」の仕事も大変ですが、ヤクザの幹部の誘拐となるともっと大変で・・・。大阪を舞台にした猥雑なオトコたちのお話です。

  • 「植字工」とは、一部の印刷関連を除いて現在ではほとんど聞かれなくなった職業です。主人公エド・ハンターの職業は、その植字工の見習い。ある朝起きて父親の死を知ったエドが、叔父のアムとともに犯人捜しをします。アメリカの植字工も気になりますが、1940年代のシカゴの喧噪がどこかうら悲しい、詩情豊かな小説です。

honto編集員

ブックキュレーター

honto編集員

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。