サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

honto広報担当 土佐勝彦ブックキュレーターhonto広報担当 土佐勝彦

身近な経済ネタを追体験できるモデル小説

この内容、どこかで見聞きした気が・・・。そんな世の中を騒がせた経済ネタをモデルにした小説を集めました。通販、自動車、飲食業界など生活に密着し自分もユーザの一人として利用しているサービスが中心ですので、すぐに物語に引き込まれます。とっつきにくい経済ネタも小説ならわかりやすく臨場感タップリに味わえます。

5
お気に入り
673
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • Amazonと大手物流がモデル。強大なバイイングパワーを基に値引きを迫るネット通販大手と取扱い量が多すぎてそれを呑まざるをえない配送会社という構図。生鮮商品の当日配送というプロジェクトに対して選んだ作戦は?CEOとの息が詰まる報告など外資系企業の内幕もリアルです。担当者の変わり身の早さには脱帽です。

  • トヨタ自動車がモデル。海外へ左遷されながらも社長になり業績を向上させた実力者使用人をはじめ、使用人社長が3代続いた後にトップに就任した同族企業本家のプリンス。暴走事故により呼び出された米国公聴会で窮地に落ちいるが救ったのは・・・。創業者本家の血が流れる者を抱いた時の企業の結束力の強さには目を見張ります。

  • 飲食チェーン・和民がモデル。カリスマ経営者が率いる居酒屋チェーンで店長を努める若者が自殺。アルバイトの人件費を極限まで削り、自らの労働力で埋め合わせしてノルマを達成していたが、それも限界に達していた。彼と結婚を考えていた女性が両親と共に立ち上がったが、会社に非を認めさせることはできるのか?

  • ライブドアがモデル。「金で買えないものはない」と言い切る欲を突き抜けた拝金主義者からの指令通りに行動してフリーターから一発逆転しヒルズの主となった主人公。勝つことがわかっているゲームと豪語し、売上を増やし上場後もM&Aを繰り返し雪だるま式に増える時価総額。球団買収を仕掛けTV局買収に挑み、そして・・・。

  • 出版業界がモデル。内容が良くても売れず悪くても売れる「本」という不思議な商品。文芸書の老舗出版社の経営危機を発端に印刷会社が書店を経営したり、書店、取次、広告代理店、日本市場参入を狙う外資が各々の思惑で動きだす。合併の裏に隠された巧妙なリストラ策など、出版ビジネスの構造が赤裸々に記されています。

honto広報担当 土佐勝彦

ブックキュレーター

honto広報担当 土佐勝彦

hontoの広報として、ニュースリリースや取材・イベント対応に従事。家に本がある環境に育ち、小学生の時に読み始めた日本文学全集のおもしろさにはまり乱読を開始する。その後通学・通勤時間を利用して歴史小説やミステリーに凝る傍ら、コミック誌にもくまなく手を伸ばす生活に。現在は暇さえあればコミックを電子書籍で、小説を文庫本でというスタイルで乱読を継続中。登山の友として本を持参するものの疲れて読まずじまいに多々陥る。好きな作家は司馬遼太郎と安部公房。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。