サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

教育学者 古川雄嗣ブックキュレーター教育学者 古川雄嗣

「道徳」って何だろう?小中学校の教科「道徳」で哲学に入門しよう!

「教科」になった小中学校の「道徳」。でも、それって何を学ぶ教科なの?「いじめはいけません」「夢に向かって頑張ろう!」・・・こんなことを、わざわざ授業で教えるの?違います。「道徳」とは、本来、人間や社会や国家について、自分の頭で考えるための「哲学入門」なのです。親と教師がまず学ぶべき、哲学と道徳の入門書5冊を選びました。

23
お気に入り
1056
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 「大人」になるとはどういうことか?そのために必要な「道徳」とは何か?その原理を、これ以上は無理というレベルまで徹底的にかみ砕いて解説した、「哲学入門のための入門書」。デカルト、カント、ルソーなど、大人が知っておくべき近代哲学のエッセンスが、この1冊でわかります。ここからカントやルソーの原典に進もう!

  • 「商売に成功してお金持ちになりたい。だから、私はお客さんに嘘はつかない」。これは本当の道徳といえるのか?これがカントの問題提起です。これなら、中学校の道徳授業でも十分扱えそうですよね。人間はモノではない。人間は「人格」である。この崇高な理想を打ち立てたカントの道徳哲学、ぜひ一度、学んでみてください。

  • 「市民は国家のために死なねばならぬ」・・・なんていうと、とんでもない国家主義だ、軍国主義だと、私たちは思いますよね。でも、じつはこれ、あの民主主義の理論的完成者といわれるルソーがいっていることなんです。これはどういうことでしょうか?民主主義のもとで必要な「市民」の道徳とは何か、学び直してみましょう。

  • 「東洋のルソー」中江兆民の主著。兆民は「民主主義とは、国民全員が教育を受け、君子になることをめざすものだ」といいます。「君子」とは、儒教において道徳的な人格者を指す概念です。兆民は、ルソーがいう「市民」とは、儒教でいう「君子」のことだと考えたのです。ここに、「日本人」の道徳を考えるヒントがあります。

  • 中江兆民が、儒教的な「君子」に西洋の「市民」と通じ合うものをみたように、新渡戸稲造は、西洋の道徳思想と共鳴するものを日本の「武士道」に見いだしました。武士道というと、古臭い、軍国主義っぽい、といったイメージがあるかもしれませんが、新渡戸のいう武士道は、むしろカント的な「人格」の理想の日本版なのです。

教育学者 古川雄嗣

ブックキュレーター

教育学者 古川雄嗣

1978年、三重県生まれ。京都大学文学部および教育学部卒業、同大学院教育学研究科修了。博士(教育学)。専門は、教育哲学と道徳教育。現在、北海道教育大学旭川校・准教授。西洋と日本の近代哲学の研究をベースに、人間の生き方や国家と社会のあり方などについて、幅広く考えている。学生や社会人に向けた平易な著書や評論、講演等にも積極的に取り組んでいる。著書に、『偶然と運命―九鬼周造の倫理学』(2015年)、『看護学生と考える教育学―「生きる意味」の援助のために』(2016年)、『反「大学改革」論―若手からの問題提起』(共編著、2017年)、『大人の道徳―西洋近代思想を問い直す』(2018年)。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。