サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

honto「雨季のウキウキセール」:10円均一セール ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/06/03
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-115734-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

剣客商売四 天魔

著者 池波正太郎 (著)

音もなく小兵衛の前に現れ、「秋山先生に勝つために」、八年ぶりに帰ってきたとうそぶく役者のような若侍の正体は? 次々と道場を襲い相手を一撃のもとに殺していく魔性の天才剣士と...

もっと見る

剣客商売四 天魔

税込 616 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.7MB
Android EPUB 3.7MB
Win EPUB 3.7MB
Mac EPUB 3.7MB

天魔 新装版 (新潮文庫 剣客商売)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

音もなく小兵衛の前に現れ、「秋山先生に勝つために」、八年ぶりに帰ってきたとうそぶく役者のような若侍の正体は? 次々と道場を襲い相手を一撃のもとに殺していく魔性の天才剣士と秋山父子との死闘を描く表題作。愛弟子に〔なれ合い試合〕の許しを求められ、苦衷を察して許可を与えた小兵衛が、皮肉にもその試合の審判を引き受けることになる「雷神」など全8編。シリーズ第4作。

掲載中の特集

ハード ボイルドをテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

秋山小兵衛、おはるに瞠目する

2011/12/03 12:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

>「や!!」
>と、小兵衛が瞠目し、
>「お前も知らぬのか」
>「知りませんよう」

この場面が好きで、漫画のように、目の玉が二倍ほどになって飛び出ている姿を想像してしまう。ここへくるまでに、『鰻坊主』『突発』『老僧狂乱』と、三話も引っ張る作者。もっとも、間に入っている『突発』には、問題のその言葉は出てこない。だから、『鰻坊主』の話が、秋山大治郎と佐々木三冬とが誘い合って秋山小兵衛のところへききに行こうとしている場面で終わってから、どう落ちがついたのか気になって仕方ない読者は、一旦、肩透かしをくわされる。

そもそもは、小兵衛の悪友小川宗哲が、健全(すぎるかもしれない?)秋山大治郎をからかう……つもりもなくて、当然、知っているだろうと思って、まじめな顔で「とんでもないこと」を言ったら、健全(すぎる!)大治郎にはわけがわからず、意味をききかえしてきたので、笑い出して教えなかったのがいけないのだ。だから、大治郎は、三冬にもきくし、三冬もわからないので、飯田粂太郎「少年」にまできく。(きくなよ!知ってたらどうするんだよ!)

作者は、実にうまい。小兵衛がおはるに瞠目する場面よりも前に、大治郎と三冬に問題のその言葉の意味を教える場面があり、そのくだりの最後に一行、おはるはいなかったと、書いてある。だから私も、もし、おはるがここにいたら、さぞかし、大笑いしただろうなあ、と、思った。実は私も、問題のその言葉の意味を知らなかったが、なんとなく、文脈から想像していた。しかし、大治郎と三冬は童貞で処女でウブだから想像もできなかった……、という、小説的表現なんだろうと思っていたら、おはるまでも知らなかったということは……小兵衛と宗哲が不良老人だからいけないのだ!ということになるではないか!

そして、後できっちり、大治郎は小兵衛に仕返しする。すなわち、『老僧狂乱』の終章で、小兵衛が、何々の食べすぎは、「よほどに心ノ臓へひびくと見える」と言うと、すかさず、
>「父上も、お気をつけなされますように」
大治郎、よく言った!

この『剣客商売』シリーズ第四巻『天魔』は、『雷神』の話から始まっている。前の第三巻『陽炎の男』の最終話が、『深川十万坪』で、おはるの、
>「あれ、雷(らい)さまだ。梅雨が明けるよう」
というせりふで終わっていた。その雷(らい)さまが、とんでもないいたずらをする。

前に、Jリーグで、雷がひどかった時に、審判の判断で試合を中断したことがあった。そのとき、こわくて地面に伏した選手もいたという。だから、剣の試合でも、危険を避けるために、中断したり、地面に伏したりするのが、正しいはずだ。小説での勝ち負けの決め方に、私は異論があるぞ。

人のいい弟子落合孫六が、お金のためになれあい試合をしてもいいですかと尋ねたとき、小兵衛が、簡単に許しちゃって、その話を聞いた大治郎が不機嫌になっちゃって、そこまでならこの親子の場合、普通だけど、途中から現れた三冬が、大治郎どのはどうなさったのですか、と小兵衛にきいて、小兵衛が、大治郎の顔色を読んでくれたか、と喜び、それを三冬が恥ずかしがるのが、いい!『陽炎の男』のときから更に、三冬の大治郎に対する恋心が深くなっている。

で、大治郎のほうはどうなのか。これまでの話で、友人として好ましく思っているのはわかるけど、恋人としての想いは無いのか?

シリーズ第一巻から、無外流三代の辻平内・喜摩太・平右衛門のように、妻子を持たずに剣の道に精進した剣客たちが、何人も登場している。大治郎もそういう生き方をするのか?それとも、小兵衛のように結婚して家庭を持つのか?

秋山小兵衛の場合、第一巻の嶋岡礼蔵の話から、大治郎の母とは恋愛結婚だったことがわかるが、おはるについては、彼女を妻に迎える前に「手をつけた」という、その「手をつける」っていうのって、どうも対等でない雰囲気がある。まあ、今、おはるが幸せだからいいけれども。

少なくとも、大治郎が三冬に対して「手をつける」ってのは、無理だと思うし、私も、そんな関わり方はしてほしくないわ。これは、結婚前にからだの関係を持つな、という意味ではなくて、それはいいけど、大治郎と三冬の間は、対等であってほしい。

妻子を持たないといっても、女性と関係を持ち、子供まで生まれていながら、全く顧みずに振り捨てて、まるで独身のように剣の道に打ちこむというのは、ただの自分勝手であり、利己主義である。そんなので修行と言えるのか?

それが、第二話『箱根細工』の話である。横川彦五郎は、良い師匠や友や弟子や隣人に恵まれ、礼儀正しく、潔く生きてきた。彼が生ませっぱなしにした息子は、父以外の人から剣を学び、父親に挑んで負けた。

その後の顛末を読むと、あのとき横川彦五郎は、なんとしてでも息子を追いかけてつかまえて鍛え直してやるべきだったのだ、あれは息子の方から父を訪ねてきてくれた、最後の和解のチャンスだったのにと、私は思う。

結局、大治郎が、父子ともども、死に立ち会うことになってしまった。それがせめてもの慰めだったと、横川彦五郎は言う。備前兼光の大刀を大治郎へ、波平安国の脇差を小兵衛へと、形見にする。こののち、小兵衛が波平安国の脇差を遣う話が幾つも語られて、藤原国助の大刀とともに、剣客秋山小兵衛の重要アイテムとなる。

大治郎は箱根細工をおみやげにした。「母上」こと、おはるに。これは、小兵衛とおはるとがいい夫婦になっていることを、認め、喜んでいると伝えるものじゃないかしら。だから、おはるは、涙ぐんだのでしょう。ここに来て大治郎も、小兵衛とおはるのような幸せな家庭を築きたいと思い始めたんじゃなくて?

第三話『夫婦浪人』は、けなげな男の一生の話だ。

>「弥五さん、御助勢」
と、小兵衛が言って助太刀に加わる場面が好きだ。それまでの小兵衛は、「女房浪人」の弥五七が、心変わりした「夫」と愁嘆場を繰り広げるのを、笑ったこともあったし、つきあってみて、彼の一途さに感心するものの、うんざりしたときもあった。だが、しまいに小兵衛は、誠実で勤勉で書と剣に優れた弥五七に、尊敬を抱くようになる。最後に、愛する人に去られ、ただひとりの友へと遺した手紙を、小兵衛が読んでいくときには、私も、じいんとした。

第四話『天魔』では、小兵衛と大治郎とが剣客として認め合う。第五話『約束金二十両』で、大治郎と三冬の仲が進展する。『陽炎の男』でも語られた三冬の妄想が更に過激になり、まことに健康である!そして、大治郎と一緒に老武士平内太兵衛との腕試しに出かけて行くが、ふたりとも、及ばない。上には上がいるものである。その後、太兵衛と小兵衛とが試合をする。小兵衛同様に小柄でやせた太兵衛に、もたれて昼寝する「憎々しいまでに」肥えた大きな赤猫や、何かと太兵衛の世話を焼く「物干しざおのような」小娘おもよが、おかしみとあたたかみをかもしだしている。

不良老人小兵衛は、おもよを鉄鍋で煮た大根みたいに太兵衛に食べさせて、「うまくてうまくて、たまらぬ気もちに」させたいようだが……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三冬浪漫〈きらめき〉

2003/06/22 02:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:流花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 自らの剣によって、相手をうち負かすこと…つまり人殺しが快感となり、虜になってしまった怪物。このキャラクターは、たびたび『剣客商売』シリーズに登場する。剣の道は、強くなることばかりを求めるものではない。人としての生き方を磨くものである。“魔物にとりつかれ、いったん道を踏み外すと、二度ともどってこられない。”作者は、怪物を勝たせるようなことは、絶対しない。世の中とは、そうあるべきだからだ。
 そんな剣の道に、必死になって打ち込んだ青春時代を持つ二人。今、その二人に遅すぎた第二の“青春”が訪れている。三冬にとっても、大治郎にとっても、一緒に過ごす、この様々な瞬間は、まさに、第二の“青春”であろう。まだ“恋”であることに気付かず、期待とみずみずしい躍動感に満ちた毎日。神田明神門前の茶店の脇に立った立て札、「私と立ち合って、私が勝った場合、金三両いただく」…この立て札の主のところへも、二人で訪れた。立ち合わずして負けたけれども、そんなことはどうでもいい。一緒に青春の1ページを埋めていく幸せ。例の“毛饅頭”も、二人で真剣に考えてしまった。小兵衛曰く、「あきれ果てた人びとじゃ。」…それも青春の1ページ。
 きらきらと輝いている。道を踏み外すことなく、真っ直ぐに育ってきた大治郎。自分を飾らず、「知らぬことをたずねるが、何故、ばかなのでございましょうか?」と素直に聞ける三冬。そんな二人に、最後の磨きをかけるがごとき小兵衛。
 こんな、きらめきと躍動感にあふれた本書『天魔』を、心を躍らせずに読むことなどできないであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

因縁の起こす悲しい陰を描きつつ、ユーモアを交えて爽やかさを残す、剣客商売シリーズ第四弾。

2011/02/10 19:11

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書、剣客商売シリーズ第四弾は、因縁の悲しさ、やりきれなさを描きつつ、ユーモアを交えて爽快な印象を残す作品である。
 因縁が引き起こす事件の暗さを払拭するユーモアには、下のものも混じっているが、大治郎や三冬の、その方面の幼さを示すのに効果を発揮している。
 本書には全八話を収録。

 小兵衛の元門人・落合孫六が行った、八百長試合の思わぬ結末を描く【雷神】

 小兵衛と、同門の剣客・横川彦五郎の陰と陽、互いの息子に及ぶ奇妙な因縁を描いた【箱根細工】

 男色浪人の深いつながり『念友』の、悲哀を描いた【夫婦浪人】

 小兵衛に因縁を持つ恐るべき男が現れた。剣客を次々と餌食にし、小兵衛が頭を抱えるほどの男との対決を描いた【天魔】

 小兵衛と互角の腕を持つ老剣士・平内太兵衛と、醜女の百姓娘のエピソードを暖かく、ユーモラスに描く【約束金二十両】

 悪どい浪人を騙して金をせしめる鰻面の坊主の正体と、その悲しき運命を描く【鰻坊主】

 小兵衛の突然思い立った用事が、女の企みを暴き、男の命を救う【突発】

 情欲の強い老僧が遭遇した浪人たちの悪巧み。『箱根細工』で描いた下のユーモアのナゾを解き明かしつつ、情欲の強い僧と絡めて締めくくる【老僧狂乱】

 「毛饅頭とは、いかなる薬なのですか?」
 大治郎と三冬が大まじめに小兵衛に問うた『毛饅頭』とは……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今回は、少々私好みでない作品が多目で残念でした。

2017/09/23 12:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は、少々私好みでない作品が多目で残念でした。徐々に、息子・大治郎が裏稼業に慣れ始め、主役交代の時期が迫ってきたかなという感じ。相変わらず、佐々木三冬の出番が少ないが、恋する対象が明らかに小兵衛から大治郎に変わって来ており、何となく私までソワソワしてきます。(笑)

[一話;雷神] 秋山小兵衛の元弟子が金の為に八百長試合をする許可を得に来る。事情を知り許可した小兵衛だったが、対戦相手の腕は予想を遥かに上回るものであった。あわやと思った時に、対戦相手が異状に嫌う雷が鳴り、試合放棄してしまう。         3点
[二話;箱根細工] 小兵衛の同門の昔馴染みの見舞いを頼まれた大治郎は道中で胡乱な浪人と出会い、気にしていると同じ宿に泊り誰かを狙っている。結局、商人夫妻を襲った浪人を討ち果たすが、その浪人は見舞った人の息子であった。                3点
[三話;夫婦浪人] 小兵衛が偶然知り合った、同性愛の浪人夫婦の顛末。     3点
[四話;天魔] 小兵衛知己の道場主の息子・笹目千代太郎が江戸に帰って来る。異状に小さい体で、跳躍力を活かした剣を使うらしい。殺戮を繰り返す笹目千代太郎を葬るため、小兵衛が戦いを決意するが、代わって大治郎が立ち合い討ち果たす。この時の戦略が、敵の跳躍力を殺すため立ち合いと同時に後退し、敵が追込んできたところで突如前進に転じ、敵が跳躍したところを薙ぎ払うというものであった。この作戦は、対決前夜に、小兵衛が大治郎に授けようとした策と同じであった。父子交替の時期が迫ってますね。           5点
[五話;約束金二十両] 平内太兵衛重久:雲弘流剣術家なる者が3両での賭け試合の立札を出す。興味を持って大治郎・三冬が見に行くが、その凄腕に3両を置いて帰って来る。小兵衛が赴き、その技を見て何かを悟ったが3両を置いて帰って来る。しかし、あれ程の剣士が何故金を欲しがるのかに興味を持った小兵衛は、翌日また立ち合いに行くが相打ちとなる。平内の技は、実は相手の刀を奪って使うものらしい。平内は金を欲しがったか。それは、世話になっている近所の農家の娘が茶店を持つための20両が欲しいという願いをかなえる為であった。結局、小兵衛と意気投合。付き合いは長くなりそう。             5点
[六話;鰻坊主] 偽金を使って欲深い人間から金をまきあげる騙り(詐欺)坊主(納得できない兄の仇討に出された元侍)を助け、江戸から追放する。義侠伝ですね。      4点
[七話;突発] 煙管店主・友五郎のあばずれ後妻が医師と密通した上、結託して謀殺しようという策謀を見抜き阻止する。                                   3点
[八話;老僧狂乱] 大治郎が昔世話になった和尚が「美人局」の策謀に嵌って150両も巻き上げられそうになったのを小兵衛が阻止する。放蕩和尚は無理がたたり死ぬ。    3点

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/23 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/07 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/17 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/25 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/20 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/28 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/06 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/06 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/01 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/28 07:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/24 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。