サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31 ※未ログインのみ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
一般書

ダロウェイ夫人

著者 ウルフ (著) , 土屋政雄 (訳)

6月のある朝、ダロウェイ夫人はその夜のパーティのために花を買いに出かける。陽光降り注ぐロンドンの町を歩くとき、そして突然訪ねてきた昔の恋人と話すとき、思いは現在と過去を行...

もっと見る

ダロウェイ夫人

税込 748 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.3MB
Android EPUB 6.3MB
Win EPUB 6.3MB
Mac EPUB 6.3MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

6月のある朝、ダロウェイ夫人はその夜のパーティのために花を買いに出かける。陽光降り注ぐロンドンの町を歩くとき、そして突然訪ねてきた昔の恋人と話すとき、思いは現在と過去を行き来する――生の喜びとそれを見つめる主人公の意識が瑞々しい言葉となって流れる、20世紀文学の扉を開いた問題作を、流麗にして明晰な新訳で!

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.1

評価内訳

現実の時間の流れと詩的なもの

2022/04/26 04:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:une femme - この投稿者のレビュー一覧を見る

現実を生きる人々の営みが描かれていることを感じた。そこには、時間の流れがあり、そのなかで、登場人物のそれぞれが、各々の気持ちや感情を抱き、行動し、過ごしていく。それぞれの内面にある考えは異なり、対立さえしている。
 見え隠れする客観的な俯瞰性が、全体を纏めているからだろう。現実のなかでの、細々した葛藤を描きながら、それが、大きな思想や詩的な美しさに繋がっていることが読み取れる。
 終盤にかけて、ウルフ作品に、総じて見出される、現実と詩的なもの(芸術)の葛藤の描写が顕著になる。様々な要因により、葛藤に打ちのめされた者も描かれるが、現実に溶け込ませて流れていくものとして、物語は、進み、閉じられる。
 素晴らしい作品だと思うと同時に、ウルフ作品のなかで、どういった位置付けができるのか、気になった。

 (登場人物の一人である、家庭教師の女性の眼差しや考えが、やや真実味に欠ける印象があり、理解しにくく思ったが、解説を読み、納得できるように思った。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

世界が少しだけ傾いだのを感じ取った瞬間

2022/01/01 11:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一次大戦から数年後のロンドン。国会議員の妻として日々忙しくしているクラリッサ・ダロウェイの1日を描きながら、同時にその日に彼女に関わった人たちみんなの物語でもある。彼女の友人、知人、使用人など、接した人すべてに内面の探索がなされるという、そら恐ろしい話だ。
夫人はその日の夜にパーティーを開く予定があり、その準備に忙しいが、招待客それぞれに思いをはせることもある。そんな中で突然訪問してきたのは、かつての恋人でインドから帰国したばかりの男。夫人としてはもはや同情以外の感情のわかない相手であり、儀礼的な付き合いに終始するのだが、不遇な彼の存在には、植民地経営のほつれ、大英帝国の陰りへのほのかな不安を感じさせるものがある。そして遠景としてチラチラ登場する、大戦の帰還兵で、戦死した戦友の幻視を見る男が一番怖い。政界や社交界の力関係やコネクションに腐心している人々に混じってやや唐突に登場する彼が、セレブの一人である精神科医の患者であると後の方でわかるのだが、その存在が登場人物たちに認識されることはほとんど無いにもかかわらず執拗に描かれるのは、結局は作者の、そして当時の一般の人々の心に刺さる問題だったためだろう。
戦場から遠いロンドンに暮らし、繁栄を謳歌している人々でも、日常の一端が殺戮の場につながっていることにか、それを知らぬ振りをしていることにか、何か凄い不安を感じるらしい。そうなってくると、ありきたりのようなたくさんの登場人物の心情が、実は時代の不安の巨大な集合体のように見えてくる。自分に対する世間の無理解も、総理大臣の密談も、ほんの少しの巡り合わせによる不幸も、時代の抱える大きな塊の一部をなしているだけだし、もしかすると個人の個性や名誉といったものが圧殺されていく時代の象徴ですらあるのかもしれない。
ダロウェイ夫人は自分の人生に大いに満足しているようだが、時々あらわにする小さな苛立ちは、果たしてその萌芽なのだろうか。彼女の一人娘も今は美しく輝いているが、運命のわずかなタイミングのずれで転落していくことがあるのではないかしら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20世紀のモダニズム文学を代表するヴァージニア・ウルフの代表作です!

2020/05/09 10:52

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、イギリスの小説家であり、評論家でもあったヴァージニア・ウルフが1925年に発表した長編小説です。第一次世界大戦の爪痕の残るロンドンでの、クラリッサ・ダロウェイの一日を「意識の流れ」の手法で、生、死、時を描いたモダニズム文学の代表作として知られています。クラリッサ・ダロウェイはロンドンの自宅で夜会を開く当日の朝一人で外出します。その間、田舎での少女時代を思い出したり、自身の結婚が本当に正しかったか悩んだりします。彼女はリチャード・ダロウェイと結婚したのですが、過去にピーター・ウォルシュのプロポーズを断ったことがあります。インドから一時帰国中のピーターもパーティに招かれており、開始時間前にクラリッサを訪ねてきます。きます一体、二人はどうなるのでしょうか。ぜひ、続きは同書をお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ヴァージニア・ウルフなんて怖くない

2019/05/23 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヴァージニア・ウルフは難解だとよく言われている、しかし翻訳者がカズオ・イシグロ氏の作品を多く手掛けている土屋政雄氏なので安心して読めた。「わたしを離さないで」が心にすっとはいったからだ。結果としては、「ダロウェイ夫人」は決して難解な作品ではなくてそれどころか面白い作品だった。ジェイムス・ジョイスのユリシーズと同じく主人公と彼女(ユリシーズは彼)をとりまく人たちの一日を描く作品だが、彼女が「ユリシーズ」を意識して書き上げたかは不明、彼女は自序で自殺したセプティマスはダロウェイ夫人の分身として描いたと言っている。主人公も「いま死なば、最高の幸せならん」と自分が主催したパーティーの最中につぶやいている。上層階級のクラリッサにとって見ず知らずの下層階級の彼の死は美しく思えたのだろうか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

悩めるダロウェイを体感

2020/05/26 16:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の人生に疑問を抱く女性のたった1日の出来事を、濃密に描き出しています。膨大な時間と記憶が流れ込んでくるようで圧倒されました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6月のロンドンの一日を描く

2015/11/23 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:baron - この投稿者のレビュー一覧を見る

他のレビューの方が言われている通り「意識の流れ」という手法を使った物語です。

最初は、意識が次々と飛ぶので、慣れるまでは大変かもしれません。
でも慣れてしまえば艶やかな文体が、人々の意識や人生の移ろいを感じさせてくれて心地良いですよ!

慣れるまでは我慢です^^;

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/02 12:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/28 01:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/19 04:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/22 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/09 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/17 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/06 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/10 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/06 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。