サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【最大40%】大感謝祭クーポン祭り(~4/23)

修正:予約キャンペーン(0417-30)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 講談社
  6. 講談社文庫
  7. 図書館の魔女
  8. 【期間限定価格】図書館の魔女 第一巻
【期間限定価格】図書館の魔女 第一巻(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 85件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/05/13
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-293365-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

【期間限定価格】図書館の魔女 第一巻

著者 高田大介

鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女(ソルシエール)」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操...

もっと見る

29%OFF

【期間限定価格】図書館の魔女 第一巻

05/09まで通常734

税込 514 4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.1MB 無制限
Android EPUB 7.1MB 無制限
Win EPUB 7.1MB 無制限
Mac EPUB 7.1MB 無制限

図書館の魔女 第1巻 (講談社文庫)

税込 734 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
最大40%OFFクーポン配布中!
「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女(ソルシエール)」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、「魔女」と恐れられる彼女は、自分の声を持たないうら若き少女だった。超弩級異世界ファンタジー全四巻、ここに始まる!

目次

  • 第一部 山賤ノ里、一ノ谷 図書館の魔女と手の中の言葉
  • 1 やまざとでのさいごのいちにち
  • 2 しゅったつのときはちかづく
  • 3 ここからさきはひとりでいきなさい
  • 4 ほんをよんでいるときにはなしかけては
  • 5 わたしのいっていることがわかっているか
  • 6 それにきがついていたのはまじょのほう
  • 7 とけいまわりにおりていくこと
  • 8 かすかなそけいのかおり
  • 9 うえにみつくびがまっています

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー85件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

これ以上ないというほどのお気に入り

2016/06/21 22:59

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雨かんむり - この投稿者のレビュー一覧を見る

『図書館の魔女』はきっと一生のお気に入り本です。
まずは図書館で上製本を借りて読み、気に入ったので手持ちにしたくて購入。
更に文庫化したら、これまた購入。上製本は持ち歩くには重いから、ということだけが理由ではなく。手に入れずにはいられないんですね。

タイトルもストーリーもいいのですが、一番外せないのは、メインキャラクターであるところのマツリカとキリヒトでしょうか。その関係性も含めて、たまりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉の洪水

2017/08/22 11:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨今の文庫ではあまりお目にかからないほど、ぎっしりと文章が埋め尽くされていて、ちょっと読み始めるのに躊躇しましたが、いったん読み始めるとすっかりマツリカやキリヒトの世界に引き込まれ、とりあえず一巻だけ買ったことを後悔しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これからに期待

2016/06/18 06:04

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一巻はテンポも遅く、途中から、地下水道を探索したりと、何を目的にしているのかが、さっぱり分からず、逆に気になって読み進めてしまいました(^_^;)。でも一巻では分からず・・。きっと第二巻以降、面白くなるであろうことをめっちゃ期待して読んでみます!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お気に入りの一冊

2019/04/11 13:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

読書家の友人に教えてもらいました。
久しぶりにずっしりぎっしりと文字も中身も詰まったファンタジーに触れました。
長編の宿命で冒頭世界観に浸るまでが大変なのはこれも同じで、なかなか読み進めるのが難儀しますが、一巻の半ばを過ぎたあたりからページを捲る手がどんどん進みます。
マツリカとキリヒトの関係性が、ありきたりな恋愛、主従ではないのも素敵です。
幼さと老練さが同居する二人、二人を取り巻く個性的な人々、ある意味王道なのですが、ここからどうなるのか非常に楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漢検勉強していてよかった・・・

2019/03/22 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

使われている語彙が難しい。漢検1級問題集に出てきたようなものがそこかしこに。語彙の難しさに挫折することもあるでしょうか。別に個々の語彙がわからなくても(ストーリーには影響しません)
ファンタジーに分類されていますが、図書館の「魔女」が用いるのは魔法ではありません。言葉と知見に基づく慧眼で局面を切り開いていいきます。その過程がみどころです。最初は展開が遅く感じましたが、すべてが伏線となって一本につながり、クライマックスに向かっていきます。途中で挫折するのはもったいない!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

単なるファンタジー化と思いきや。。。

2017/07/12 14:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

フファンタジー、嫌いじゃなく私。
最初宮部みゆきさんのICOっぽくって。。。
で言葉の話になったと思ったら 水道の話になって。。。
物語はどこに向かっていくの??
マツリカとキリヒトの関係は!?
続きが気になるので二へ進みます♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これだけでは感想も書きようがない

2017/06/26 22:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

初見の作家さんです。
この作品かなり前から気にはなっていましたが、文庫版でも全巻刊行されたようなのでとりあえず第一巻を読んでみることにしました。

文庫本で350ページ強ですが、300ページぐらいまでほとんどストーリー展開のようなものがなくこの作品の世界観の構築に費やされているのには驚きました。
それでもまだまだこの世界のほんの一部でしかないようで、ちょっと続きを読むことに対して退いてしまっています。
まぁ、考えればそれほど起伏のない話をこうして最後まで読ますのですから、その技量のほどは言うまでもないところでしょうか。

高田さんはこれがデビュー作であるということですが、作家としてこれを書くまでに普段どんな日常生活を送っていたのか、何を考えていたのか非常に興味が湧いてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/07/25 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/02 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/20 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/10 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/13 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/10 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/28 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/27 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。