サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

一路 みんなのレビュー

  • 浅田次郎 著
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (13件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
21 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本一路 上

2017/03/09 10:44

上下巻の表紙の絵に気を付けて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんみつこむすめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に山口晃さんの表紙絵で、ジャケ買いしました。
以前から浅田さんの時代小説が好きで、
今作も、相変わらず登場人物がてんやわんやを繰り広げて、
最後まで面白く読めました。
ちなみに表紙は、すべて上下巻読み終わる前にじっくり見てしまうと、
ネタばれになってしまうので要注意です!
一つの章が終わるごとに、少しづつ見るとクスッと笑えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 上

2016/11/07 14:33

浅田次郎さんが苦手でも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:charu - この投稿者のレビュー一覧を見る

何度か浅田次郎さんを薦めて辛口な意見しか言わなかった友人が初めて面白かったと
そんな人にお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 上

2016/09/02 00:14

お殿様

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にらめっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

お殿様、馬鹿ではなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 下

2016/09/02 00:13

面白かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にらめっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テンポが良くて、実に面白かった!ドラマ化もされたけど、本の面白さの方が数十倍でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 下

2016/07/24 08:23

一路 下

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雨読 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中山道における参勤交代を大変面白く、しかも不安や感動を充分に配置した物語で、架空の話であるが、時代背景もよくとらえ、浅田次郎氏の人に感動与える巧みのある良い作品だだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍一路 (上)  (中公文庫)

2016/05/08 00:04

一気に読みたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jyue - この投稿者のレビュー一覧を見る

父親が亡くなり、急に江戸入りする藩の行列の責任者となった主人公が、大名行列の元々の形に戻して形を整え、江戸を目指す。途中藩主の病や、藩主の地位を狙う叔父やらの企み等があるが、見事江戸入りする。
という一気に上下巻読んでしまう、良い本!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 上

2016/02/11 21:15

一路 上・下 (中公文庫)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雨読 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中山道における参勤交代を大変面白く、しかも不安や感動を充分に配置した物語で、架空の話であるが、時代背景もよくとらえ、浅田次郎氏の人に感動与える巧みのある良い作品だだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 上

2015/11/13 17:34

人に助けられ人生を歩む

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あちゃこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

父の死を機に故郷に戻り、参勤交代について何も知らない一路が古い指南書と己の知と回りの人々の助けを頼りに、見事にそれを成し遂げる過程は感慨深く、人は人に助けられ人生を歩むのだと教えられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 下

2015/10/20 07:16

おーとーのーさーまー!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゃお - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかくお殿様が大好きになりました。
お殿様像を保ち続けるためにいろいろ考えているところも、どこか子どもっぽいところも、いざという時にとびきりかっこいいところも全部ひっくるめてお殿様が可愛く見えてきて、今ではすっかりお殿様ファンです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 上

2015/10/20 07:13

一路

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゃお - この投稿者のレビュー一覧を見る

母と叔母に薦められて手に取った本作。学問や剣の腕はあれど、仕事に関する知識は何もないまま重大な役職を継がねばならなくなった一路の姿は、どこか他人事とは言えないように思えました。わからないことだらけの中で失敗が許されない状況というのは、どこにでもあり、誰にでも起こりうることではないでしょうか。そんな時に自分にできるすべてのことをし、時に他者の力を借りながら乗り越えていく、それは、当たり前だけどとても難しい。そんな状況下で頑張り抜く一路を応援しながら読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 下

2015/10/16 11:57

間違いなく楽しめる一冊です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:川越ながちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に楽しく読めました。テレビドラマが物足りなくなる(再現が難しい)内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 上

2015/10/10 00:06

面白い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

BS時代劇放送に先んじて読みました。
悲劇の主人公が、幸運と周りの人々に助けられつつ、いろいろな苦難を乗り越え自分の職務を全うするという、オーソドックスなストーリーながら作者ならではのユーモアにあふれたストーリーが秀逸でした。上下巻一気読みしました。
オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 上

2015/09/24 10:00

カァーーーッ!面白い!!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

浅田作品は毎度外れ無し!とは思っているけれど。しかしこのクオリティ、面白さ。本当にすごいと思う。今回も読者を感動させよう泣かそうと氏が物語を紡ぎ言葉を綴っているといのは、良く分かる。しかしそれに抗うすべはなく、やはりぐっときてしまって涙がこぼれる。すごすぎる。
舞台になるのは江戸時代を象徴する慣習だった「参勤交代」。史実を舞台に持ってくるのは、読む側の興味を掴みやすいとは思う。だけれど史実だけにとても難しいはず。嘘を書いてはならないから、綿密な調査と取材、そして辻褄合わせが必要となろう。その為フィクション作品ではありえない程の神経を使って書かねばならず、四苦八苦した挙句作品が妙に説明臭くなってしまったりするもの。ところが本作品そんなイメージは微塵も感じさせず、「参勤交代」という難しい史実を丸ごと底から抱え上げ、抱き締めるようにして書きあげてある。もうすごいとしか言えない。
西美濃の国(今でいう岐阜のあたり)を舞台に展開する本作品、代々参勤交代を差配してきた家の長男、一路(いちろ)が主人公。幼少より文武に長けた一路は、江戸に住まって精進を重ねていた。ところが次の参勤交代を目前にして、実家が焼けてしまい父を亡くしてしまう。当時の「家」と言うのは、殿様からの大事な賜り物。それを焼いてしまうと言うのは不届き千万、という事で急きょ江戸から戻った一路に人々は冷たい。そして父から何も受け継がぬまま、次の参勤交代の差配を命じられてしまう。父から何一つ受け継いでいない一路、神にも近いお殿様の参勤交代を差配するなど、出来るわけがない。すなわちそれは、少なくとも、自分の命をもって償う事になるのだ。ところが絶望の淵にあった一路の元に、次々と光差す人々が集まりだす。そして温故知新とでもいうべき、驚きの参勤交代の行列が、歩み出す。
まずは出立のシーンがあまりにカッコ良くて胸が震える。カッコ良い!その後も次々と起きる胸震えるエピソードに、涙腺ゆるみっぱなし。そしてなんと一路さえ知らなかった、この参勤交代に秘められた「真実」が、明らかになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 上

2015/10/12 14:56

勧善懲悪時代小説

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんしろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

参勤交代を題材とした単純な時代ものかと思えば、意外に伏線があり、後半謎解きがされるにつれ、多かった登場人物の姿が明らかとなり面白くなってきた。今後の展開はほぼ読めるものの、勧善懲悪ものは大好きであり、下巻はかなり楽しませてもらえそうな予感がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一路 上

2016/10/28 11:37

それぞれの役目を担い「演じる」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:390 - この投稿者のレビュー一覧を見る

西美濃から江戸へのの参勤交代を舞台としたエンタメ小説――と思いきや、それを土台にした「仕事論」や「組織論」にも読める。物語の中心人物のみならず、お供や使用人、ひとりひとりの背景や心根も丁寧に描かれている。様々な立場から読める、優しい作品。
突然、御供頭というリーダー役を担わざるを得なくなった若者。未熟で余裕もなく危うい。張り詰めた糸を守るように、殿様という組織トップはじめ、お供・許嫁・使用人…それぞれの役を担い演じる。そう、組織や社会、家庭って、壮大な「ごっご」でもあるんだよな…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

21 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。