サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

千年鬼 みんなのレビュー

  • 西條奈加
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本千年鬼

2015/08/27 02:41

希望を語りかけてくれる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからは、霜島ケイの封殺鬼を、腰巻からは、ひろすけ童話的な世界をイメージしたが、全くの西條ワールドに引き込まれた。
人を鬼と化す鬼の芽は誰しも持ち得るもの。民に宿るその破裂を防ごうと、千年に渡る転生を追う小鬼は、むしろオブザーバーである天女より、よほど菩薩にも思える。あるいは、希望の象徴か。救われたはずの民もまた、希望そのもの。
最終章で、千年をかけて小鬼の復活をめざす民の姿には、手塚治虫の映画「ある街角の物語」のラストシーンが思い起こされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千年鬼

2017/06/07 12:16

物足りないし 無駄もある

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほのぼの作品だと予想していたらなかなかヘビィでした。××食のくだりなど後味が良くないのがキツい。ちょっとバランスが悪い印象です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千年鬼

2016/02/18 18:10

千年に報いるに千年をもって。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

するりするりと入り込める文体。
短編一つ一つの読後感と、全体を俯瞰した読後感がこれほど食い違う作品も珍しい。
ラストシーンの千年後の幸いを願いたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千年鬼

2015/12/20 15:28

いい話だけに、惜しい、、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

鬼の中でやっかいなのは人間が恨み(鬼の芽)を育て上げ鬼になってしまった「人鬼」だという。初めての友だち「民」が人鬼にならぬよう、千年かけて救う友情の話。話として一番よかったのは「三粒の豆」。でもここでは、民が出てこないので、話の流れが掴めずとまどった。後半になってやっと小鬼と民の関係がわかる構成に少し疑問をもった。どの話も悪くないんだけど、もうちょっと肉づけされたら、もっと良くなるんじゃないのかなあと思う。澪シリーズと比べると人情的に弱いんだ。最後もこういう結末かあと少々がっかり。いい話だけに物足りない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千年鬼

2015/09/07 10:40

表紙やキャッチコピーからはずれる雰囲気。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

思っていたのとはだいぶちがった。女の子と鬼が仲良くなってそこから話がふくらむ小説かと思っていたら、それを起点とする因縁物語のような感じ。「鬼の芽」を宿す人間が人鬼にならないように、その小鬼が力を尽くす。おもしろくないことはないけど、ちょっと練りが甘い気がする。その発想でいくと、人は輪廻から出られないことになってしまうのも気になる。理屈を考えると気になるところが多い。理屈は捨てて楽しむべき小説なのか。けれど、話の雰囲気は意外と明るくない。その辺りが、やや中途半端にも感じられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。