サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新泉社の電子書籍一覧

“新泉社”の電子書籍一覧

“新泉社”に関連する電子書籍を16件掲載しています。116 件目をご紹介します。

超訳 易経 陽

  • 竹村 亞希子
  • 評価3.3レビュー:4件
  • 税込価格:1,760
  • 販売開始日:2021/05/06
  • 四書五経の一つであり、帝王学の書でもある「易経」から、龍の成長物語「乾為天(けんいてん)」だけを取り上げて、やさしく解説した超入門書です。龍が潜龍(潜龍)、見龍(けんりゅう)、乾てき(けんてき)、躍龍(やくりゅう)、飛龍(ひりゅう)、亢龍(こうりゅう)と成長していく6つの過程を通して、すぐに実践できる具体的な智慧を紹介しました。竹村亞希子の代表作『リーダーの易経』(角川SSC新書)の増補改訂版です...

超訳 易経 陰

  • 竹村 亞希子
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,200
  • 販売開始日:2021/05/06
  • 中国最古の思想哲学の書として、西洋哲学にも大きな影響を与えてきた「易経」。その中から陰の卦(か)の代表である「坤為地(こんいち)」を中心に17の卦(か)を取り上げて、やさしく解説した超入門書です。『超訳 易経 陽―乾為天(けんいてん)―』(新泉社)とセットで読むことで、易経の理解がより深まります。
    先行きの見えない混沌とした世の中を生き抜くためには、どのように行動し対処すればいいか。易経...

なんで洞窟に壁画を描いたの?

  • 五十嵐ジャンヌ
  • 評価4.2レビュー:5件
  • 税込価格:2,200
  • 販売開始日:2021/08/05
  • 秋山理乃は歴史が大好きな中学1年生。高校の世界史の先生だったキシローじいちゃんと東京で開かれた「ラスコー展」に行って、謎深い洞窟壁画の魅力にすっかりはまってしまいます。そして、キシローじいちゃんの教え子で、洞窟壁画の研究者・タバタさんの案内で、フランスに本物の洞窟壁画を見に行くことに。
    旧石器時代の壁画を見た理乃は、なんで大昔の人はわざわざ真っ暗な洞窟に壁画を描いたのか、という疑問で頭の...

大地に触れる瞑想

  • ティク・ナット・ハン
  • 評価5.0レビュー:4件
  • 税込価格:1,980
  • 販売開始日:2022/11/05
  • ブッダとの短い対話形式になっている瞑想は、だれにとっても役立ちますし、どこかしら自分の経験に響く部分が見つかるでしょう。
    大地に触れる瞑想は、ひとりでもだれかと一緒でも実践することができます。
    この瞑想の言葉を聴いたら(読んだら)、沈黙のうちに大地に触れ、その体勢で3回、またはそれ以上呼吸します。ひとりで、または仲間とともに、これらの瞑想を実践することによって、私たちが携えてき...

生きることに〇×はない

  • 戸井田 道三
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,200
  • 販売開始日:2022/10/15
  • 44年ぶりに名著復刊です。
    在野の哲学者・能評論家であった戸井田道三の自伝的エッセイが、鷲田清一氏の解説、植田真氏のイラストを加えて生まれ変わりました。
    青少年向けに書いたこの本で、戸井田は一貫して「生きること」の意味について、自身の体験をもとに語ります。
    母親との死別、結核などの大病、関東大震災での朝鮮人虐殺……と、本書で取り上げられている戸井田の話は決してハッピー...

なんで信長はお城を建てたの?

  • 畑中英二
  • 評価4.5レビュー:4件
  • 税込価格:1,980
  • 販売開始日:2022/10/10
  • 「13歳からの考古学」シリーズの第3弾は、近世城郭のはじまりを探す旅です。
    部活に入るでもなく、なんとなく中学生活を送る中学1年生のホタカ。お父さんに勧められて、夏休みに一人でお城を巡る小旅行をし始めます。初めは気乗りがしなかったお城巡りも、お城に詳しい“先達”に案内されるうちに、自分なりの楽しみ方を持ち始めるホタカ。そして安土城の発掘体験を経て、どんどんお城の沼にハマっていきます。お城...

虚構の森

  • 田中淳夫
  • 評価3.8レビュー:6件
  • 税込価格:2,200
  • 販売開始日:2022/09/27
  • SDGsが大流行の昨今。環境問題の大切さはよくわかっていても、「地球温暖化とCO2排出量は関係ない」「いやある!」、「緑のダムがあれば洪水や山崩れは防げる」「いや防げない!」などなど、環境問題に関しては異論だらけで、果たして何が正解かわかりません。さらに地球環境を巡ってはさまざまな“常識”も繰り広げられています。しかし、それをそのまま信じてもいいのでしょうか? 本書は、そうした思い込みに対して、も...

学びの本質を解きほぐす

  • 池田賢市
  • 評価3.7レビュー:2件
  • 税込価格:2,200
  • 販売開始日:2021/11/30
  • 校則で「下着の色」は指定できるのだろうか? グローバル化が進む現在、地毛証明書はとんでもなく時代遅れではないのか? いま、学校で行われているこうした事柄は、学校の外で行ったら人権侵害で、時には犯罪として訴えられてもおかしくないことである。
    学校における「評価」で卒業後の生活の多くが決まってしまう現代社会では、みな、なるべく高い値段をつけてもらえるように頑張り、上手くいかなければ非難され、...

ティク・ナット・ハンの般若心経

  • ティク・ナット・ハン
  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:2,200
  • 販売開始日:2021/11/20
  • 般若心経は、私たちがもっとも親しんでいる仏教経典のひとつで、解説書もたくさん刊行されていますが、なかでもティク・ナット・ハン師の解説は、現代人に般若心経の教えをわかりやすく伝えるものとして有名です。
    最初の解説は一九八八年に出されましたが、ティク・ナット・ハン師は二〇一四年に、誤解を招きやすい箇所に新たな解説を加えました。その内容は「空」の意味をより明確にしたものですが、それを反映したの...

新装 アニミズムという希望

  • 山尾 三省
  • 評価3.7レビュー:4件
  • 税込価格:2,200
  • 販売開始日:2021/10/20
  • 「新しい自分を見つけることが、新しい時代をつくることにまっすぐつながっている」と詩人である著者は言います。屋久島での自然生活から得たさまざまな体験と、古今東西の文学や思想、人文社会科学の知見をつなぎあわせながら進む語りの中で明らかにされるのは、文明の危機に向き合うひとりの人間が、「アニミズム」の思想を手掛かりにみずからが信じる世界観を創造していく過程です。巻末に掲載した「講義で紹介された本や作品」...

欧州の排外主義とナショナリズム

  • 中井 遼
  • 評価4.5レビュー:4件
  • 税込価格:3,080
  • 販売開始日:2021/08/10
  • 2016年のアメリカ大統領選挙で、大方の予想を違えてドナルド・トランプが大統領に当選したとき、「忘れ去られたラストベルトの白人労働者」に注目が集まりました。ところが後になって、比較的裕福な保守派の人たちのなかに隠れトランプ支持者が多くいたことがわかってきました。それでは、21世紀のヨーロッパで起こっている移民排斥や右傾化にも同じことが当てはまるのでしょうか。
    著者は、全ヨーロッパを対象に...

絶望の林業

  • 田中 淳夫
  • 評価3.7レビュー:22件
  • 税込価格:2,420
  • 販売開始日:2021/05/06
  • 「日本の林業は成長産業である」。
    最近よく耳にする言葉です。その証左はどこにあるのでしょうか。
    確かに、山村に移り住んだ若者たちが林業現場に入り、日本の林業が活況である……、といったニュースを目にすることが多くなりました。
    ところが、その実態は官製成長産業であり、補助金なくしては成り立たない日本の衰退産業の縮図といえます。
    補助金漬け、死傷者続出、低賃金、相...

冒険考古学

  • 堤 隆
  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,980
  • 販売開始日:2021/04/14
  • 考古ボーイの13歳・加藤隼人は、ふとしたきっかけから、失われた世界へと旅する手段を知る。
    最初の旅では旧石器人のマークと出会い、超ワイルドな原始生活を体験する。なんとか無事に現代に戻ってきた隼人は、遺跡発掘のチャンスを得て、ますます考古学の魅力に引き込まれていく。
    次の縄文時代へのタイムトラベルでは、さらなる試練がハヤトを待ち受けているが……。
    本書は、最前線に立つ考...

易経陰の巻

  • 竹村 亞希子
  • 評価3.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,980
  • 販売開始日:2021/04/14
  • 中学生になった乾太(けんた)。剛やミヤと一緒に野球部に入ったが、まわりは経験者ばかり。どんなに練習をしても結果が出ない乾太に、「易経」の先生・ゴロさんは「牝馬(ひんば)になれ!」と言う。龍じゃなくて、今度は馬?それも牝馬!いったいどうなっているの?
    教育関係者をはじめ、易経を学ぶ人たちからも大好評の「こどもと読む東洋哲学シリーズ」、第2弾「陰の巻」では、帝王学の書としてリーダーたちに読み...

易経 陽の巻―夢をもつってどういうこと?

  • 竹村 亞希子
  • 評価4.4レビュー:7件
  • 税込価格:1,980
  • 販売開始日:2021/04/14
  • 小学5年生の乾太(けんた)は、夏休みの宿題の作文「将来の夢」が書けずに困っていた。そんなとき、おじいちゃんがくれた『易経(えききょう)』の本を開いてみたら……。
    四書五経(ししょごきょう)の一つにあげられる「易経」は、中国最古の思想哲学の書として、帝王学(ていおうがく)の書として、世の中のリーダーたちに読み継がれてきました。
    そんな易経の中から最強の成長論である「乾為天(けんい...

易経青龍の巻

  • 竹村 亞希子
  • 税込価格:1,980
  • 販売開始日:2021/04/14
  • 高校生になった乾太(けんた)。幼馴染の仲間たちはそれぞれ違う高校に進学し、剛は空手、ミヤと純はバンドと青春を謳歌し始める。乾太も野球部に入って甲子園を目指すつもりだったが、大けがをして目標を見失ってしまう。そんな乾太を易経の先生・ゴロさんは「何でもやってみろ」「自分で考えろ」と突き放す……。乾太の成長物語の第3弾「青龍の巻」では、「乾為天(けんいてん)」の中の「乾てき(けんてき)」にフォーカスを当...
検索結果 16 件中 1 件~ 16 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。