サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0221-24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カフカ短篇集(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 101件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1987.1
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/276p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-324383-8
文庫

紙の本

カフカ短篇集 (岩波文庫)

著者 カフカ (著),池内 紀 (編訳)

カフカ短篇集 (岩波文庫)

税込 858 7pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

カフカ短篇集

税込 814 7pt

カフカ短篇集

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.2MB 無制限
Android EPUB 7.2MB 無制限
Win EPUB 7.2MB 無制限
Mac EPUB 7.2MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

掟の門
判決
田舎医者

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー101件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

マックス・ブロート氏に多大なる感謝を!

2005/05/30 00:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ツキ カオリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

訳者の池内紀氏の「解説」の冒頭部には、こう記されている。

カフカ(一八八三--一九二四)は生前、『観察』や『変身』や『田舎医者』など、薄っぺらな短篇集を公にしただけたった。死に際して友人マックス・ブロートに、草稿、メモ、書簡類をも含めて自作のいっさいを焼きすてるように頼んだ。もしブロートが友人の「遺言」を守っていたら、世界文学はフランツ・カフカを知らなかったはずである。幸いにもブロートは友人の頼みを無視した。この「誠実な裏切り」がフランツ・カフカという二十世紀の代表的な作家を生み出した。

この短篇集には、比較的長いものから、全くもって短いものまで、20の短篇が収められている。
そのうちの比較的長い2つを、ご紹介したい。

『流刑地にて』は、このような話だ。

ある流刑地に、旅行家は、学術調査のために赴く。丁度、ある囚人が、上官侮辱の罪で処刑されるところだという。囚人は、首、手首、足首に、鎖を付けられ、その鎖は、兵士が握っている。処刑を実行するのは、将校の役目だ。処刑には、特殊な機械を使うのだ。将校は旅行家に対して熱心に、機械のしくみ、処刑のしくみを説明する。機械はずいぶんと古くなっているようだ。果たして処刑は、滞りなく、なされるのか?

『中年のひとり者ブルームフェルト』は、このような話だ。

ある夜、中年の独身男、ブルームフェルトが帰宅すると、部屋の中では、白いセルロイドのボールが二つ、交互に上下して、カチカチと、床を叩いている。ブルームフェルトは、ボールをつかまえようとするが、うまくいかず、不快ではあるが、その状況を受け入れる。翌朝、ボールを洋服箪笥の中に閉じ込め、ブルームフェルトは会社に出掛ける。ブルームフェルトは高級下着の製造工場に勤めている。会社は年々忙しくなる一方なので、工場主に直談判して、部下、すなわち助手を付けてもらった。この助手がちっとも役に立たないのだ。

何度か読んでいるはずのこの短篇集だが、一部はかなり忘れてしまっていた。今回は、タイトルを見ただけで、内容が即座に思い浮かぶくらいの回数を、各々読み返した。特に、『喩えについて』の後半部は、何度も何度も読み返さざるを得なかった(笑)。

この、小さな、沢山の「世にも不思議な物語」を葬りさることなく、我々に提供してくれた、カフカにも、もちろんだが、彼の友人であったマックスブロート氏にも、強い強い感謝を捧げねばなるまい。

脳みそが、まるでぞうきんのように、捻(ねじ)られて、絞られてしまうような錯覚を起こすかもしれない、名作集である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幾種類もの解釈があるカフカの凄絶さ

2003/04/29 00:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風  - この投稿者のレビュー一覧を見る

稀代の名作家カフカ
カフカがなぜここまで人をひきつけてやまないかというと
カフカの小説に秘められたる
秘匿性といえようか
不可思議であるからだ。

人はわからないものを知ろうとするが知ることはできない
そしてカフカの作品を読み
それを理解しようとする。
自分なりの解釈をつけて
完結させたりする人もあるし
最後まで解釈をつけられないものもある。

私は本書の中では『判決』が最も気にいっているが
この話もカフカの『変身』に似た部分がある。

この結末が不可思議だと思わなかった人はほとんどいないだろう。
高等な批評家はともかくとして、一般に趣味として読むような
読者の方は必ず不可思議に思うはずである。

そういう神秘性、秘匿性が
人をひきつけてやまないカフカの魅力の一つである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2016/02/12 23:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うどん99 - この投稿者のレビュー一覧を見る

カフカの独特の世界観が、短く楽しめてとても良かったです。
どっぷりと浸かるなら長編が読みたくなりますが、短くシンプルな短編だと、それぞれの話は何を表しているんだろうかと考えるのが楽しいです。
お気に入りは掟の門です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カフカ短篇集

2001/04/25 15:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:55555 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 カフカの短篇集。ここに収められている作品はどれもカフカらしく、不可思議なものばかりである。たいてい、数十ページほどなので、少しづつ読んでいけば、あっという間に読み終わる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真理をおびて始まるものは、しょせんは不可解なものとして終わらなくてはならないのだ

2000/12/25 06:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:子房 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 オドラデク、我が将来の姿。誰もが目的を抱き死していくなか、いつまでも残りつづけかさこそと笑う。何という虚無であろうか、この生物は。ぼくがカフカの短篇で最も愛する作品「父の気がかり」。

 絶対の探求、欲してやまない何か。カフカの小説はそればかり描いている。父権の絶対性を望む主人公の「判決」。傷を覆い和らげてくれるものを願った少年「田舎医者」。あるいは機械の冷徹さに不可侵な何かを求める「流刑地にて」。だが見いだしたと喜び掴むやいなや消えてしまう「こま」。下準備からはじめようとすればただ混乱するばかり「町の紋章」。結局分不相応な望みを持つことは滅びを意味する「橋」と「禿鷹」。それでも走りつづけて築きつづけていきたい「万里の長城」。そしてさまよう運命の定められた「狩人グラフス」——

 「掟の門」は『審判』のなかにも引用されている。解説もしている。評論家による百頁以上もの論文もあるらしい。そんな内容。「雑種」は変な動物。「火夫」は『アメリカ』における第一章。「夢」はたぶんほんとうにみた夢なんだろう。「中年のひとり者ブルームフェルト」は謎の生物と遭遇した男の話。「夜に」は率直な感慨。「喩えについて」の理屈は分かりません。「バケツの騎士」となるともう何がなにやら。

 その他にギリシャ神話へのひねくれた解釈ともいうべき作品「人魚の沈黙」と「プロメテウス」。こういうのは安部公房もたしかやっていたな。

 結局、カフカの作品を解釈しようなんて無理な話なんだよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

寓話的短編集

2019/09/22 04:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto Rosenthal - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じく岩波文庫で『カフカ寓話集』も編まれていますが、本短編集も寓意に富んだものが多いです。小品が多いので読み進めるのは容易ですが、その真意を読み解くには難解です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読みやすいけど難解

2019/09/22 04:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto Rosenthal - この投稿者のレビュー一覧を見る

3~4ページの小品から、まあまあ読み応えのある50ページ程度の作品2作(『流刑地にて』、『中年のひとり者ブルームフェルト』)を含む20タイトルを編んだ作品集です。読むだけなら簡単ですが、作品の真意をくみ取るのは困難です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/18 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/05 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/27 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/11 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/22 02:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/09 03:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/16 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/22 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。