サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

モモ(岩波少年文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 553件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2005/06/01
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/409p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-114127-2
文庫

紙の本

モモ (岩波少年文庫)

著者 ミヒャエル・エンデ (作),大島 かおり (訳)

【ドイツ児童文学賞(1974年)】町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。町の人たちはモモに話をきいてもらうと、幸福な気もちになるのでした。そこへ「時間どろ...

もっと見る

モモ (岩波少年文庫)

864(税込)

モモ

864 (税込)

モモ

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 5.5MB 無制限
Android XMDF 5.5MB 無制限
Win XMDF 5.5MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ドイツ児童文学賞(1974年)】町はずれの円形劇場あとにまよいこんだ不思議な少女モモ。町の人たちはモモに話をきいてもらうと、幸福な気もちになるのでした。そこへ「時間どろぼう」の男たちの魔の手が忍び寄り…。再刊。〔1976年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ミヒャエル・エンデ

略歴
〈ミヒャエル・エンデ〉1929〜95年。南ドイツ生まれ。「ジム・ボタンの機関車大旅行」でドイツ児童文学賞を受賞。著書に「はてしない物語」など。

掲載中の特集

ファンタジー 小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー553件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

本質を見失った近代化への反省

2009/08/26 15:26

11人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきはじめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 分野を絞らずに気の向くまま読んでいた何冊かの本の中で偶々紹介されている、この「時間泥棒」の話を一度読んでみたいと探していましたが、仕事帰りに立ち寄った書店で見つけた子供の本コーナーの棚には2冊並べられていました。30年以上前に和訳されたものがいまだに人気のようです。

 大都会の街はずれでおおらかな仲間達と暮していたモモが、時間の支配人の代わりにカメに導かれ、時間泥棒組織に盗まれた「時間の花」を取り戻す話は、もっともらしいけれど根拠の無い常識をすり込まれて、余裕を省いた気持ちで忙しく流されている社会において、本質を見失った近代化への反省と、スローライフによる自己実現への憧れを思い起こさせます。
 幸せって何でしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代人への痛烈な批判

2008/04/19 12:59

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナンダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時間を節約し、忙しく働き、楽しいと思ったり夢中になったりすることがなくなり、無気力になり、合理性を求めて町は画一的になり、電飾で彩られる……。
 休日のレジャーでさえも「無駄」を廃し、静寂やヒマをおそれる。「時間の音を聞く、時間を感じる」ことができなくなる。
 現代人の生き方への痛烈な警鐘である。ゆったり流れる時間を感じる心をいつまでも持っていたい、心から泣いたり笑ったりできる感性を持ち続けたいと思わせられる。
 「有益な生き方」という考え方もいいけれど、生きることじたいを楽しみ慈しむことはできないのか。「社会の矛盾をただしたい、それが生き甲斐だ」という考え方でさえ、自分の心の扉を開いて生を享受していないぶん、弱いと思う。
 たぶん、何かの命とふれあい、自分の心がビリビリとふるえる体験を積み重ねる必要があるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度も読みたい本です

2015/02/04 13:36

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:suama-pink - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供が読むより大人になってから読む方が強く響くような内容と思いました。時間の大切さって子供にはわかるのだろうか…
最初は割と現実に近い感じの始まり方ですが、途中からファンタジーの世界にすっぽり入ります。作り話でも、気がつくとモモを始めとする登場人物にすっかり愛着が湧き、物語を読むのは速くない方ですが、これは一気に読んでしまいました。エンデは絵も描く人で、幻想的なシーンの文章もかなり絵的な感覚を覚えました。読後清々しい気分になる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

忙しいのは「心を亡くす」

2016/05/29 22:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時間泥棒の話。
子供の時、学生時代に繰り返し読みました。
映画化されましたが、時間泥棒の無表情さが怖かったのを覚えています。
漢字でも「忙しい」=「心」を「亡くす」
どんな国でも文化でも、
でも大人が忙しい忙しいと言い出したら、危ないんだなぁと
思ったことがあります。
大人になって読むと、単に怖いでなく
自分の普段の生活を考えさせられます。
大人こそ読むべき話だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

忘れられない本

2016/02/26 09:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:em Deco - この投稿者のレビュー一覧を見る

小学生の時、学校の図書館で手に取り読んだ本。
ファンタジー好きだったので、導入はたやすかったものの、内容は単なる夢物語では終わりません。夢中になって、返却期限日まで何度もよみかえしました。
この時の潜在記憶からか、大学では第二外国語としてドイツ語を選び、エンデの作品を原文で読むようにもなりました。
時間どろぼうは今や大人の世界だけじゃなく、子供たちの世界にも迫ってきています。私はモモみたいな人にそばにいてほしいし、モモのようになりたい。
たくさんの大人に、ゆっくりと、時間貯金なんてせずに読んでもらいたい本です。
それから、ぜひお子さんに渡してあげてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

思い出の時間

2017/08/05 20:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルル - この投稿者のレビュー一覧を見る

学校の図書室にあったあの厚い特徴的な表紙の絵の本「モモ」
小学校時代途中で挫折していたままだった事をふと思い出して、22年ぶりにこの本を手にしました。
時間がない。忙しい。現代人がよく口にする言葉を、この物語の住人もつぶやき、時間を奪われていきます。住人に今の自分を重ね、モモの冒険を応援しながら、読み進められました。
子供時代に感じた時間の感覚と今の自分が感じている時間の感覚の違いに、この本を読んで改めて気付かされました。
22年を経て、ようやく「小学生の自分とモモ」の思い出の時間を取り戻すことができたような気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

生きるという事

2018/01/12 13:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても大切にしている本の一冊

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名作を大人になってから

2017/05/07 16:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:suka - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人になって初めて読みました。時間泥棒の存在は、今の忙しい現代に通じるものがあると思います。
最近1つのことを時間をかけて丁寧に行うことがあっただろうか。そんなことを考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人にこそ読んでもらいたい

2017/01/11 00:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しなもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎日忙しなく、時が過ぎていく現代社会。その中で、皆が時間に追われ、気づけば一日一日がいつの間にか過ぎ去ってしまっている。時間とはいったい何だろう。どう過ごしていくことが自分にとって、そして周りにとって大事なのかがこの本のテーマです。少年文庫というジャンルにはなっているものの、本の中身は大人にこそ読んでもらいたい内容。時間の大切さを、主人公のモモが、あなたにもきっとやさしく教えてくれる。そんな優しい物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

先生に勧められた

2016/10/24 22:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも自分の気の向くままに手に取った本を読んでいたのですが、これは先生に勧められて読みました。なかなかに痛烈です。子ども向けの話ですが大人になってから読んでも色々考えさせられる内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

良質な童話

2016/07/27 11:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

「はてしない物語」に感動して、エンデ作品を読みたいこどものために買いました。
どんどん引き込まれて、あっという間に読了。面白かったそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時間泥棒との戦い

2016/04/28 17:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

孤児のモモと時間泥棒の物語。映画化もされています。仕事の場ではどうしても作業効率や合理化が求められます。そんなふうに時間に追われるのは、私の中にも時間泥棒が住みついているからなのでしょう。時間の使い方を考えさせられる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供・大人 何度でも読める

2016/04/01 22:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:街のたぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の時に読んだ。親になって子供にも読ませ、自分も読み直した。時間は誰にでも平等にある様で、実際には質が違うこと、どうしたらよい時を過ごせるのか、もう1度考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

立体的で、イメージがふくらむ

2016/02/14 23:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハエマンサス - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃に読んだ本であり、ぜひ子供にもと思い、購入しました。
小学校中学年の息子は、最初はとっつきにくく感じたようでしたが、気がついたらすべて読み終えていました。
私も読みかえしてみると、子供時代とは違った観点で見る部分がいくつもあり、ますますこの本が好きになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度も読みたい本

2016/02/14 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gon - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生のころに読んでとても面白かった。途中でやめられなくて一日中読みふけった。空想の話なのに時間という概念について考えさせられた。現代人の生活にたいする皮肉が込められた作品だか、子供の頃にはそれが分からず純粋にドキドキしながら楽しめた。大人になってから読んでももうあの感動はないとおもう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む