サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0514-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 228件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2007/11/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/322p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-146124-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

おまけのこ (新潮文庫 「しゃばけ」シリーズ)

著者 畠中 恵 (著)

一人が寂しくて泣きますか?あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味...

もっと見る

おまけのこ (新潮文庫 「しゃばけ」シリーズ)

税込 649 5pt

おまけのこ(新潮文庫)

税込 605 5pt

おまけのこ(新潮文庫)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 10.5MB
Android EPUB 10.5MB
Win EPUB 10.5MB
Mac EPUB 10.5MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一人が寂しくて泣きますか?あの人に、あなたの素顔を見せられますか?心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。【「BOOK」データベースの商品解説】

【吉川英治文庫賞(第1回)】【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

こわい 7−68
畳紙 69−126
動く影 127−195

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー228件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

面白かった!

2016/12/10 11:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

5話入っていますが、みな面白かったです。
最初の「こわい」は、あやかしにも業(ゴウ)があるんだなあ、と。
若だんなの優しい気持ちを後押ししたいような、やめさせたいような、どうしようもないことに対するやるせない気持ちに。
「畳紙」は、以前出てきた厚化粧の彼女の再登場です。今後に希望を感じさせるいい終わり方をしてます。
「動く影」は、若だんなの幼少期のお話です。兄や達もまだ来ていない頃のお話で、体の弱い若だんなは友達ともろくに遊べませんが、利発さを発揮して、子供たちを動かし事件に挑みます。若だんなが元気な子だったら、きっと子供たちに頼られる中心人物になってたんじゃないかなあと思わせられる一品です。
「ありんすこく」は遊郭のお話。若だんなとあまりにかけ離れていて本気にしてもらえないところから始まります(笑)。事件は解決しますが、これもちょっとせつない気持ちにさせられました。
最後の「おまけのこ」は、秀逸です。鳴家が大冒険するお話です。若だんなのすばらしさを感じ、うるりときました。
自作も購入決定です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しゃばけ4作目

2016/02/16 19:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しゅん - この投稿者のレビュー一覧を見る

しゃばけシリーズ4作目。人情の機微を盛り込んだ5つの短編集。
人間味の溢れた妖怪たちが楽しい。なんとなくほっとする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

気軽に楽しめる作品としてしっかりと定着してきました。小難しいこと考えずに、摩訶不思議な「妖」の世界を楽しむべし。

2019/01/29 09:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

気軽に楽しめる作品としてしっかりと定着してきました。小難しいこと考えずに、摩訶不思議な「妖」の世界を楽しむべし。そういった意味では、今回は、狐者異(コワイ)(9)、飛縁魔(ヒエンマ)(133)、影女(142)などが新登場だがさり気なく消えてしまったのが残念。逆に、紅白粉問屋「一色屋」の孫娘で「塗り壁」と綽名される厚化粧女:お雛(71)(S4の<2>)が「妖」もどきとして描かれてるのにちょっとニヤリでした。<[5]おまけのこ>はちょっとドジな鳴家(ヤナリ)が実に可愛い。これまでは若旦那・一太郎を軸とした展開だったが、今回は「妖」主役の話が増えた様な気がする。物語に広がりが出て来て良いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鳴家の冒険

2018/05/19 18:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回一番のお気に入りは鳴家が活躍する「おまけのこ」。制作途中の真珠を使った豪華な髪飾りの描写、おいしそうなお菓子の話など楽しい短編だった。飾り職人のその後が心配だけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/12 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/01 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/31 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/30 03:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/20 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/08 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/10 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/28 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/11 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/08 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/15 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。