サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ナミヤ雑貨店の奇蹟(角川文庫)
ナミヤ雑貨店の奇蹟(角川文庫) ナミヤ雑貨店の奇蹟(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 476件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/22
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/413p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-101451-6
文庫

紙の本

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空...

もっと見る

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)

734(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか?3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが…。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?【「BOOK」データベースの商品解説】

【中央公論文芸賞(第7回)】悪事を働いた少年3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から、時空を超えて過去からの悩み相談の手紙が落ちてきて…。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー476件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

空の上からの祈り

2015/04/07 11:30

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近は、グッと近くなったような気がする。
何かと言うと、著者との距離である。
正気に言うと、ガリレオシリーズは私は好きにはなれなかった。
(一応は、読んでいるのだけれども)
それに比べると、マスカレードシリーズや本書は、いままでありがちな
パターンかと半ば思いかけると、巧妙に仕掛けがしてある。
その仕掛けは、決してテクニック的なものではなく、
むしろ情緒的なものである。だから、琴線に触れる。
面白いと感じる。そして、完膚なまでにエンターテインメント小説である
から、割り切って楽しくなれる。

本書のつくりは、第1章を読みおえたところでは、短編か?連作なのか?
と読者に思わせつつ、自然と繋がっていく。
店主の想いのあたたかさがそうさせる。そして、店主の恋人の想いが空の
上から祈っているのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東野圭吾の真骨頂か?

2017/05/07 21:15

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾の今まで私が読んだ作品とはやや毛色の異なるものである。加賀シリーズなどの事件モノでそのアイデアが秀逸であることは認識した。本作品は事件や殺人などは出てこない。出てきてもあくまで添え物である。

 新聞やネットでも人生相談のコーナーはなくならない。想像であるが、読者の中にはこの質問を自分のものとして捉え、自分の人生に役立たせようという人が少なくないのであろう。近頃NHKのドラマで手紙の代筆を受けるという設定がある。いまどき手紙の代筆なんてと思うのだが、代筆なので、本人の事情をあらかじめ聴いておかなければならない。

 質の悪い代書では、そんな面倒なことをしないし、依頼する方もあまりプライバシーをさらけ出すことは避けたいと思う人が多いのだろう。しかし、ドラマはそうはいかない。代書を引き受けたからには本人の事情を聴いておかなければならない。このプロセス自体が人生相談を半ば手掛けていると言えなくもない。

 本書で登場するナミヤ雑貨店は雑貨店の方は、商売が繁盛せず、主人も老齢化したので閉店したのだが、どういうわけか人生相談の手紙を受けて、返事を返すという仕事を行うことになっていた。主人答えが面白いし、真面目に答えてくれるという評判をとり、悩みを打ち明ける人が増えてきた。

 これだけでも小説は成り立つような気がするが、東野はこのやり取りに時間を超えるというアイデアを加えたのである。人生相談の小説は探せば多いかもしれないが、降車のアイデアはないのではないか。SFのようなストーリーなのだが、誰もが楽しめるストーリーに仕上がっている。

 続編は望まないまでも、こういうアイデアは面白い。東野圭吾ならではの特徴がよく出ている。この意外性が人気の秘密なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2014/12/03 16:50

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eddie - この投稿者のレビュー一覧を見る

場面の飛び方が流石に東野圭吾って言う感じで、とっても面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

殺人事件など何も起こらない感動の物語である

2017/03/23 15:10

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾の作品を読むのは3作目である。推理小説だと思っていたがこれは違った。ジャンルでいえばファンタジー小説とでも言えるのだろうか。不思議な物語である。全5章から成っている。それぞれが完結した物語のようであるが、中盤からそれぞれが絡み合ってくる。周到に用意されたストーリー展開である。殺人事件など何も起こらない感動の物語である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恥ずかしながら…

2015/08/07 20:45

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けろやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

実は東野圭吾の作品は食わず嫌いというか、興味が湧かないというか…、そんなこんなで1冊も読んだことがありませんでしたが、書店で見かけたオビに惹かれて、初挑戦してみることに。ひとことで言うならば、非常に面白かった!きっと私好みだったのだと思います。高校生の息子(彼はガリレオシリーズが好き)におすすめ中です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい

2015/02/21 16:04

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あやか - この投稿者のレビュー一覧を見る

苦手な読書を克服したくて最初に読んだ本でしたが、とても読みやすくサクサクと読み終えてしまいました。いろいろな人の人間模様と繋がりが面白く感じました。悩んでいる時にまた読み返したい本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

泣けますよ

2015/01/15 22:21

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こじこじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ファンタジーなストーリーですが、読み応え有り泣けるストーリーでした。
お勧めです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生の夢と希望がもらえます。

2018/10/29 08:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生に真剣に向き合っている人たちが、ナミヤ雑貨店の主人に悩みを相談します。
その回答が、とっても心がこもっていて暖かい。

その主人の死後、閉店した雑貨店に足を踏み入れた3人の青年。
ところが・・・。

物語は過去と未来が交錯し、最後の結末につながっていきます。
すべての相談者がハッピーエンドになるわけではありませんが、人生の夢と希望の光に満ちあふれている物語です!

特に、私は、「なぜ、母は私を産んだのだろう。産まなければよかったのに。」と思っていた女性が、「私は今、自信を持っていえます。生まれてきてよかった」と気持ちが変わった時には、思わず感動して涙が出てしまいました。

犯罪の謎解きが多い東野さんの作品の中で、異色ではありますが、とても好きな作品の一つになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名作だね!

2018/07/23 22:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

未来と過去をなぜか往き来しながら悩み相談する雑貨店の話!かなり面白いね!また再読すること間違いないです!話がとんだと思ったらちゃんとつながってるし、いわゆる伏線を拾うという技ですね。全ての章が面白くステキな物語でした。そして手紙の温かさを感じました。それから、これを読んだら『生協の白石さん』を読みたくなります。個人的には、東野圭吾作品では、ぶっちぎりのナンバー1です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な気持ち

2018/07/09 23:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ランディ・B/M - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんどん読み進んでいくにつれて、何が現実で何が不思議なことなのか、分からなくなりながらも、結局、色々な伏線が一つにつながって、最後にマジックの種明かしをされて納得というような不思議な気持ちだけど、大変面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動は、積み重なる

2017/10/11 23:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:伊勢大学総長 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初、読み始めたばかりの時は、さっぱり内容がわかりませんでした。しかし、3章が半ばまで来たときです。急に今までバラバラだったものが、磁石に引き寄せられるかのように、集まり始めました。今まで読んできたものがどんどん積み重なってきて、最後になるに連れて、ページがなくなってしまうのが残念なほど、興味深い作品でした。これは、イッキ読みすることをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

確かに感動しました。

2017/07/26 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに感動しました。一話一話がそれなりに感動的な話となっているうえに、それらが徐々に一点に収斂していき、第五章で多くの人々が結びつき明るい未来に向かって花開くような展開に涙でした。何か読み終わって、「ナミヤ雑貨店」店主・浪矢雄治と、児童福祉施設「丸光園」設立者である初代館長・皆月曉子が本当に空の上からあたたかく見守ってくれてる様な温もりを感じました。さて、浪矢雄治と皆月曉子は駆け落ち失敗後は、雄治の手紙だけで2度と会うことは無かったのだろうか。この点だけがちょっと寂しく悲しかったです。余計なお世話?(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさに、奇跡

2017/07/20 11:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

売れてる本なのも、この作家なら間違いなく面白いだろうと思いつつ、なぜ悪事を働いたチンピラの話?ってちょっと読まずにいたのですが、やっぱいい話です。昔駆け落ちに失敗した二人の愛情が起こした奇跡だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ナミヤ雑貨店の奇跡

2017/06/12 16:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yasu - この投稿者のレビュー一覧を見る

ナミヤ雑貨店に逃げ込んだ3人組に起こる奇跡の数々。短編だが、その短編が実はつながりがあり、最後には一つにつながる。さすが、東野圭吾。「探偵の秘密」のように時々、わけがわからない話もあるので、読むのを控えていたが、映画化され、そのCMでちょっと雰囲気がちがうと感じたので、読んでみたが、正解。、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

間口の広い作家さんです

2017/03/01 18:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ずんのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずと知れたミステリー界の第一人者、東野圭吾の心温まる小説です。ミステリーやサスペンス、パロディetc.色々なジャンルで作品を発表していますが、この作品はあえて言うならファンタジー&ヒューマンドラマ、でしょうか。
色々な視点から物語が語られていきますが、最後の部分で作中の伏線が綺麗に回収されていくところはさすがだと思います。
ガリレオシリーズやサスペンスものを書かせてもとても上手いですが、この本のようなハートフルな物語を書かせても上手いですね。読み終わった後に、心がほっとする作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む