サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 164件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/06/30
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-506991-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

ハリネズミの願い

著者 トーン・テレヘン (著),長山 さき (訳)

【本屋大賞翻訳小説部門(第14回)】自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたち、招待状を書き始める。でも、手紙を送る勇気が出なくて…。...

もっと見る

ハリネズミの願い

税込 1,430 13pt

ハリネズミの願い

税込 1,430 13pt

ハリネズミの願い

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 7.6MB
Android EPUB 7.6MB
Win EPUB 7.6MB
Mac EPUB 7.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【本屋大賞翻訳小説部門(第14回)】自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたち、招待状を書き始める。でも、手紙を送る勇気が出なくて…。臆病で気むずかしいハリネズミに友達はできるのか? 深い孤独によりそう物語。【「TRC MARC」の商品解説】

親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなをぼくの家に招待します。……でも、誰も来なくてもだいじょうぶです。ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたつ。さっそく招待状を書き始めるが、手紙を送る勇気が出ない。もしクマがきたら? カエルがきたら? フクロウがきたら? ――臆病で気難しいハリネズミに友だちはできるのか? オランダで最も敬愛される作家による大人のための物語。【商品解説】

著者紹介

トーン・テレヘン

略歴
〈トーン・テレヘン〉1941年オランダ生まれ。ユトレヒト大学で医学を修め、ケニアでマサイ族の医師を務めたのちアムステルダムで開業医に。動物を主人公とする本を50作以上発表し、国内外の文学賞を多数受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善ジュンク堂書店のPR誌「書標」2016年8月号より

書標(ほんのしるべ)さん

オランダの児童文学作家による、「大人のためのどうぶつたちの小説」シリーズと銘打たれたうちの一冊。孤独なハリネズミが、誰かを自らの家に招待しようと思いたち手紙を書くも、なかなかそれを送ることができない。動物たちの来訪に際して、どのようなことが起こりうるのか。どのように対応すればいいのか。もしもサイが来たら、キリンが来たら、クジラが来たら……。彼の頭の中で次々と繰り広げられる、その仮想の訪問がもたらす困難と、誰かを招待しようという思いのせめぎ合いにより、物語は進んでいく。
ハリネズミが思い浮かべる多種多様な動物たちの交流の様子は、人間社会での相互理解の難しさも表しているのではないだろうか。彼が想像する他の動物達のふるまいや考え方は、実際の人間社会における他人のそれと同じく様々で、本人以外にそれを完璧に知る術も無いにも関わらず、そこで必要以上に深く悩み、足踏みをしてしまうハリネズミの姿に共感を覚えた。
また主人公のハリネズミは、ハリネズミでありながら自分の針のことが嫌いである、という大変な矛盾を抱えている。こんなハリがなければ、もっとみんなと上手くやっていけるはずだと、自分の持つ欠点のせいで、他人とうまく付き合うことができずに悩んでいる反面、ハリがなくなってしまったらそれは自分ではない、ということも心の底で理解している。その姿が、実に人間らしい。自分自身の嫌いな一面がその実、自分自身を形付ける大事な個性となっていることも往々にしてある。自らを傷つけ、また時には誇りともなりうる、そんな自分にとっての『ハリ』はなんであろうか、と考えさせられる。

みんなのレビュー164件

みんなの評価3.1

評価内訳

紙の本

気弱なハリネズミ

2017/04/09 19:36

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ベニテングタケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひとりぼっちのハリネズミがお茶会を開き、みんなを家に招待したい。
けれど本当はみんな来て欲しくない。
傷つくのを異様に怖がるあたり、現代の若者と一緒だなと思う。
でも、誰でも自分の中に気弱で臆病なハリネズミはいるんじゃないかな?
人付き合いにちょっと疲れてしまった時に、読み返したくなる本だろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度でも読み返したい!

2017/06/08 17:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マルコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハリネズミくんに共感しました。内容が深いので読めば読むほど読み取れることが多いと思います!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハリネズミ、みんな同じだよ

2019/03/11 21:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

オランダ生まれの作家、テレヘン氏の作品。自分のハリと内向的な性格がコンプレックスのハリネズミ、動物の仲間たちを家で開く予定のパーティーに招待しようと手紙を書き始めるが、「どうせ手紙なんか書いたところで誰も来てくれないや」と卑屈になって手紙をだそうとしない、ビーバーやサイや象やクジラが招待されたらと妄想するがいい結果が思い浮かばない。やっぱり「僕なんてどうせ・・・」と落ち込んでしまう。でも彼がみんなから嫌われているのではなくて、他の動物たちも同じような悩みをかかえながら生活しているのだと思う。孤独はすきだけど、みんなから無視されるのは嫌だというのはとても私には理解できる話だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハリネズミの願い

2017/10/08 12:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:N.A, IN - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近の私は、時間に追われ、心に余裕がなかった。表紙の絵が可愛い事がきっかけで読んでみると、淡々とした空想でありながら、言葉一つ一つに温かみがあり、読後は心が和み癒された。この本がきっかけで、著者に興味を持った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハリネズミのジレンマ?

2017/02/23 17:43

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kobugi - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうしよう、どうしようのスパイラルの中で、リアルにシミュレーションするハリネズミに、いつのまにか惹きつけられていく。お茶の用意をするのに相手を慮った想像力があるというのは、ハリネズミが皆の特性を知悉しているからでは?そんな思いを抱きつつ読了。人間関係に疲れた時に手にしたい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何度も読み返したい

2016/10/28 11:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:390 - この投稿者のレビュー一覧を見る

親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなをぼくの家に招待します。……でも、誰も来なくてもだいじょうぶです。

こんな気弱な招待状を「投函できない」ハリネズミ。
投函できないまま、来て貰っても「うまくおもてなし出来ないかも」、「かえって相手に迷惑をかけてしまいそう」、「怒らせてしまうかも」……と先回りして心配と不安の中でぐるぐるして、結局、フトンをかぶって隠れてしまう。
そんなハリネズミが愛おしくて、「大丈夫だよ」とぎゅっと抱きしめてあげたいけれど、相手はハリネズミ……。

招待状は投函できるのか、お客様はやってくるのか――ラストはぜひ本書で!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

不思議な話

2017/09/26 20:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々な想像をして不安になって臆病になるハリネズミに共感しつつも、どういうこと?おかしくない?と現実を探してしまうようになった自分が少し哀しい気もする。
小さい頃はお話をお話として純粋に楽しめたのに。
ハリネズミの色々な心配事を、でもやってみなきゃ分からないのに!と思えるのに、自分のことになるとそうは思えない私もやっぱりハリネズミと似てるところがあるのだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハリネズミの想像

2021/07/05 08:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:H2A - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハリネズミはひとりぼっちで暮らしてそこに満足しているが、ある時お茶会を開くことを考え招待状を書く。しかしそれをやめて実際には呼んでいない客人たちが来ることを次々に空想する。重い寓話といった趣きで気軽に読めない。考えてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表紙の可愛さにつられてみる。

2020/01/29 20:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なまねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

みんなを家に招待したいのに、誰も来なくてもいいですというハリネズミのお話。個人的には共感できるけれど、理解できないという人もいるかも。でも、人恋しいけど、実際会ってみるとさらに疲労するようなことは誰しもあるのでは。表紙の可愛さにつられて読んでみるのも、悪くない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハリネズミをコンプレックスのある自分に置き換えて

2019/04/22 09:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハリネズミというわかりやすい容姿を使って人が誰しも持っているコンプレックスについて問答する本。読む人が読めば少し響きすぎて辛いかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

共感と困惑の狭間

2021/10/15 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

孤独を受け入れるのは怖いけど、でも誰かと接することで受け入れざるを得なくなる苦労だって怖い!
新たな人間関係を築くうえで、ハリネズミくんのような想像をして進めなくなったこと、誰しもあるのではないかなぁと思います。
ただ、あんまりにもハリネズミくんのネガティブは度がすぎているので、読むのが難しく…かなり流し読みしてしまいましたが、結末は良かったなぁと言う印象。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

進まない物語

2017/08/24 21:11

5人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ツナマヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何とか最後まで読みましたが、ハリネズミが家の中にいるだけで、いっこうに話が進まないと分かりました。徐々に明るくなる結末を期待していただけに最後まで読むのに疲れました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/08 06:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/02 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/19 09:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。