サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

i
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 80件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/01
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:20cm/298p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-591-15309-3
  • 国内送料無料

紙の本

著者 西加奈子 (著)

「この世界にアイは存在しません」 入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けること...

もっと見る

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「この世界にアイは存在しません」 入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは…。【「TRC MARC」の商品解説】

直木賞受賞作『サラバ!』から2年。作家・西加奈子が問い続けてきたこと―「アイ」とは何か?【本の内容】

著者紹介

西加奈子

略歴
〈西加奈子〉1977年テヘラン生まれ。2004年「あおい」でデビュー。15年「サラバ!」で直木三十五賞を受賞。ほかの著書に「漁港の肉子ちゃん」「ふる」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー80件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

この世界に絶対に必要な存在

2016/12/09 14:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mino - この投稿者のレビュー一覧を見る

待ちに待った、西さんの新作です。
残酷な現実が溢れる世界に対して、私たちは一体どう生きればいいのか。
答えはこの物語が教えてくれます。
鮮やかで苦しくて優しい答え。
それが、『i』。

西さんの作品にはいつも「救い」があります。今回の作品も、幼い頃抱いた悲しみや葛藤に優しく寄り添う答えをくれました。

主人公のアイは、養子として両親の元に迎え入れられ、恵まれた境遇で生活しています。
そのことに生き辛さを感じているアイは、自らに呪いの言葉をかけてしまいます。
「この世界にアイは存在しません。」

彼女は世界中の悲しい事件や親友に起こった出来事に心を痛め、呪いを深めていきます。
しかし、次第にその苦しみを通して自らの存在を肯定し、残酷な現実に立ち向かう「救い」にたどり着くのです。

西さんは何故、毎回こんなにすごい物語がかけるのでしょう。
この小説は、
『i』は、
この世界に絶対に必要な存在です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

西先生、ありがとう!

2017/01/15 14:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nacco - この投稿者のレビュー一覧を見る

年末にサラバを読んで、とても感動し、その勢いで手にとった今作!読み終わった後は、西先生に直接ありがとうと言いたい気持ちでいっぱいでした。当分は西先生の作品をいろいろ読んでみたいと思います!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生命の躍動

2017/01/14 17:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

西加奈子さんの小説は言葉が大切に選ばれていて、
音楽のようにリズムがあって、
言葉に表情がある。

冒頭から不安な気持ちを感じながら読み始め、
主人公アイの不安定な心と同じように読み続ける。
両親と血がつながっていない自分という存在の意味、
両親から注がれる愛情の不安、
世界中の死、
選ばれなかった人たちの運命。
その全てをアイは自分の内側に潜り込むように考え続ける。

その思いは届かないのかもしれないが、思ってくれる人がいるという確かな世界があることが、大切なんだとあらためて気づかされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/08 06:28

投稿元:ブクログ

西さんはまぶしいなあ。感想は西さんに伝えたい。きいてほしいこと、いっぱいある。だから手紙を書くよ。みんなには言わない。みんなには言いたくない。自分で直接読んでほしい。

2017/02/28 18:36

投稿元:ブクログ

+++
「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは―。「想うこと」で生まれる圧倒的な強さと優しさ―直木賞作家・西加奈子の渾身の「叫び」に心揺さぶられる傑作長編!
+++

シリアで生まれ、アメリカ人の父と日本人の母の養子となったアイ。両親は惜しみなく愛してくれ、何不自由なく育てられてしあわせだったのだが、幼いころから、何かの被害に遭った人を見るたび、「なぜ自分ではなかったのか」と自問自答し、申し訳ないような思いにとらわれていた。誰かを不幸にしてしあわせになっている自分が、こんなにしあわせで申し訳ない、という屈折した思いは、高校の数学教師の「この世界にアイは存在しません」というひと言――教師の言った「アイ」とは、虚数のことだったのだが――で、さらに深く胸に入り込む。人と違う容姿をしていること、人と違う家庭環境にあること、意識的無意識的にかかわらず異分子として見られること、さまざまなことを考えすぎてしまうアイにとって、この世界は生きづらいことこの上ないのだった。だが、高校で出会ったミナと心を通わせるうちに、少しずつ他者を通して自らの内面を客観的に眺められるようにもなり、大学院生時代に知り合ったユウと恋愛すると、自分の異質さなど意識せずに夢中になれることがあることにも気づく。アイの悩みも喜びも、実は周りの親しい人たちが、いつも大きく見守ってくれているのである。ほんとうのところでアイのことを理解することはできないが、少しでも安らかな気持ちで健やかに生きていかれるように祈らずにはいられなくなる一冊である。

2017/02/25 22:22

投稿元:ブクログ

アメリカ人の父、日本人の母、シリア生まれの養子のアイ。虚数のiとともに「この世界にアイは存在しません」という言葉がイヤというほど出てくる。自分の存在を肯定できない自分。世界で多くの人が亡くなっていて、そして今、生きている自分と何が違うのかがわからない。存在価値を見出すために自問自答していく。
ここまで深い自己否定に共感できずに、もやもやとしてしまった。

2017/02/23 22:09

投稿元:ブクログ

アウトサイダーな女の子が主人公。
最終的にはなにもかもをまるっと全肯定してくれる物語。西加奈子さんにはこの物語を世に産み出してくれてありがとう!と感謝をひたすらに伝えたい。
読中、「i」のトリプルミーニングに気付いたときには震えた。

中盤までの文章は、作者らしさよりも真面目な眼差しが光っていたが、クライマックスにつれ西加奈子節がドッカンドッカン現れるので爽快だった。

2017/02/26 11:28

投稿元:ブクログ

シリア人として生まれ、日本人とアメリカ人のカップルに養子として迎えられたアイ。そのアイデンティティを探す魂の遍歴。
アイの豊饒さ・傷つきやすさ・自意識は共に濃厚なにおいを放っていて、とにかく強烈。

2016/12/12 11:50

投稿元:ブクログ

感想を書くのが難しい。
世界中で起こる戦争や災害。そのたびに増え続けていく被害者の数。ニュースを見て胸を痛めても、割と早い段階でスイッチを切り替え、日常に戻っていく自分。しかし、東日本大震災で被災したとき避難所で私が思ったのは、「どうして私が…どうしてこんな目に遭わなきゃならないのか」だった。日常に戻っていく、遠く離れた友人たちが妬ましかった。今までの自分を棚に上げて。アイちゃんとは真逆の発想だ。読んでいて打ちのめされる思いだった。でも最後には、そんな自分を否定しないでおこうと思った。それも私だ。どんな自分であっても、私は私なのだ。
ただ、これからはもっと、想像することをやめないでいたい。

2017/02/06 14:06

投稿元:ブクログ

アイは愛で満たされ、i自信は虚数だけど、数学者は美しさを存在確認をさせてくれる役割を担っていて、世界は戦争やテロで命を失ってしまう人で溢れているけれど、それ以上の愛する気持ちも満ちているし~~~もう、何をどう伝えたいのか、言葉を尽くしても表現できない。

もう、どのページを開いても涙が出てくる。また凄い本に出会ってしまった。

2017/01/21 20:37

投稿元:ブクログ

渾身の感はある。確かに力強い。
でも、自分の心に踏み込んでグシグシ来るかというと
自分から一歩遠いところが踏み込まれている感じ。

2016/12/14 17:55

投稿元:ブクログ

シリアで生まれ、アメリカ人と日本人夫婦の養子となった「アイ」の物語。何となく、展開は「サラバ!」と似ていて、そんなに新鮮味がなかった。ただ、悲惨な自然災害やテロ事件、戦争などで多くの人々の命が亡くなっていくことに心を痛めるアイの姿にはとても共感できた。「なぜ、失われる命が自分ではないのだろう?」人の死に接して、常々感じる気持ちが本に描かれていて、同じように感じる人が他にもいるのかもしれない、と救われる思いがした。

2017/02/08 23:10

投稿元:ブクログ

自己肯定感が低いのは外的要因じゃないかと思うし読んでてやっぱりこの両親は好きになれない。
ここまで突き詰めて自分の存在意義を考えてたら一生眠れなくなるよって思いながら、でもやっぱり自分ってなんだろうって一生思いながら生きていくんだろう。

2017/02/25 18:35

投稿元:ブクログ

西さんの作品を読むと、
その勢いに圧倒される。
ぐっと手を握られてそのまま猛ダッシュされる。
立ち止まろうとしても手を放してくれないから止まれない。
そうやって物語のゴールまで引っ張っていかれる。

自分がこの場所で生きていること。
自分がここにいるということは、
ここにいられない人がいたということ。

私の母は、私を生む前に二人流産したらしい。
ふと、そのことを思い出した。

2017/03/13 23:30

投稿元:ブクログ

アイ・アム・アイ。
アイデンティティとかレゾンデートルとか居場所とか、生きている限りずっと求め続けるのだ。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る