サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 西 加奈子の紙の本一覧

“西 加奈子”の紙の本一覧

1977年生まれ。小説家。「サラバ!」で直木賞受賞。

“西 加奈子”に関連する紙の本を86件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

夜が明ける 新刊

  • 評価4.4レビュー:62件
  • 税込価格:2,035
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2021/10/20
  • 発送可能日:1~3日
  • どれだけ傷ついても、夜が深くても、必ず明日はやってくる−。思春期から33歳になるまでの男同士の友情と成長、そして変わりゆく日々を生きる奇跡を描く。再生と救済の物語。『小説新潮』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    直木賞作家が5年間苦しみ抜いて到達した祈り。再生と救済の長篇小説。思春期から33歳になるまでの男同士の友情と成長、そして変わりゆく日々を生きる奇跡。ま...

漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)

  • 評価4.2レビュー:569件
  • 税込価格:660
  • 出版社:幻冬舎
  • 発売日:2014/04/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、流れ着いた北の町。肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。太っていて不細工で、明るい―キクりんは、そんなお母さんが最近少し恥ずかしい。ちゃんとした大人なんて一人もいない。それでもみんな生きている。港町に生きる肉子ちゃん母娘と人々の息づかいを活き活きと描き、そっと勇気をくれる傑作。【「BOOK」データベースの商品解説】

    男にだまされた母・肉子ちゃんと...

ごはんぐるり (文春文庫)

  • 評価4.0レビュー:60件
  • 税込価格:638
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2016/02/10
  • 発送可能日:1~3日
  • アルバイト先で初めてつくったまかない料理の肉じゃが、子どもの頃カイロで食べた卵かけごはんの特別さ…。幸せな食オンチがつづる美味しくて楽しい“ごはん”エッセイ。料理人・竹花いち子との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    直木賞作家・西加奈子はこんなものを食べてきた!

    カイロの卵かけごはんの記憶、「アメちゃん選び?」は大阪の遺伝子、ひとり寿司に挑戦、夢は男...

ふくわらい (朝日文庫)

  • 評価3.8レビュー:174件
  • 税込価格:638
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発売日:2015/09/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 暗闇での福笑いを唯一の趣味とする編集者の鳴木戸定。愛情も友情も知らず不器用に生きる彼女は、愛を語る盲目の男性や、必死に自分を表現するレスラーとの触れ合いの中で、自分を包み込む愛すべき世界に気づいていく。第1回河合隼雄物語賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

    【河合隼雄物語賞(第1回)】暗闇での福笑いを唯一の趣味とする編集者の鳴木戸定。感情を表さない彼女は、猪木に憧れるレス...

きりこについて (角川文庫)

  • 評価4.1レビュー:275件
  • 税込価格:572
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2011/10/25
  • 発送可能日:1~3日
  • きりこは「ぶす」な女の子。小学校の体育館裏で、人の言葉がわかる、とても賢い黒猫をひろった。美しいってどういうこと? 生きるってつらいこと? きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと。【商品解説】

i (ポプラ文庫)

  • 評価4.0レビュー:315件
  • 税込価格:748
  • 出版社:ポプラ社
  • 発売日:2019/11/06
  • 発送可能日:24時間
  • 「この世界にアイは存在しません」 入学式の翌日、数学教師は言った。その言葉は、ワイルド曽田アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは…。又吉直樹との対談も収録。〔2016年刊に対談を追加〕【「TRC MARC」の商品解説】

    アメリカ人の父と日本人の母のもとへ、養子としてやってきたアイ。
    内戦、テロ、地震、貧困……世界には悲しいニュー...

字のないはがき

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

字のないはがき

  • 評価4.3レビュー:28件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2019/05/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 【親子で読んでほしい絵本大賞(第1回)】戦争中、疎開するちいさな妹に、お父さんは「元気な日は、はがきにまるを書いてポストにいれなさい」と言って、たくさんのはがきを渡した…。妹と父のエピソードを綴った向田邦子の名エッセイを、角田光代と西加奈子が絵本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    人気2大作家共演! 感動の名作を絵本化

    【教科書にも載っている実話を絵本化...

うっとり、チョコレート (おいしい文藝)

  • 評価3.4レビュー:23件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2017/01/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 浅田次郎、伊藤比呂美、江國香織、片岡義男、中島らも、村上春樹ら38人の名手による、身もこころもとろけるチョコレートエッセイ集。バレンタインの切なく、ほろ苦い思い出も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

白いしるし (新潮文庫)

  • 評価3.6レビュー:307件
  • 税込価格:539
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2013/06/26
  • 発送可能日:24時間
  • 女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏目と裏腹に、けして彼女だけのものにならない間島。触れるたび、募る想いに痛みは増して、夏目は笑えなくなった―。恋の終わりを知ることは、人を強くしてくれるのだろうか?ひりつく記憶が身体を貫く、超全身恋愛小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

この話、続けてもいいですか。 (ちくま文庫)

  • 評価4.1レビュー:70件
  • 税込価格:814
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2011.11
  • 発送可能日:1~3日
  • テヘランで生まれカイロと大阪で育った著者が、小説の舞台となった大阪のこと、いろんな人との関わり、日々の生活で思ったこと、こだわること、などを縦横無尽に語る。『ミッキーかしまし』『ミッキーたくまし』をテーマ別に整理しなおし1冊にまとめた、著者唯一のエッセイ集。世界とのかかわり方、楽しみ方、その存在の強度が圧巻。小説の根っこが顔を覗かせる。【「BOOK」データベースの商品解説】

    〔「ミッ...

うつくしい人 (幻冬舎文庫)

  • 評価3.7レビュー:254件
  • 税込価格:545
  • 出版社:幻冬舎
  • 発行年月:2011.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 他人の目を気にして、びくびくと生きている百合は、単純なミスがきっかけで会社をやめてしまう。発作的に旅立った離島のホテルで出会ったのはノーデリカシーなバーテン坂崎とドイツ人マティアス。ある夜、三人はホテルの図書室で写真を探すことに。片っ端から本をめくるうち、百合は自分の縮んだ心がゆっくりとほどけていくのを感じていた—。【「BOOK」データベースの商品解説】

しずく (光文社文庫)

  • 評価3.9レビュー:162件
  • 税込価格:550
  • 出版社:光文社
  • 発行年月:2010.1
  • 発送可能日:1~3日
  • 恋人の娘を一日預かることになった私は、実は子供が嫌いだ。作り笑顔とご機嫌取りに汗だくになっても、ぎくしゃくするばかり…。ふたりのやり取りを、可笑しく、そして切なさをこめて描く「木蓮」。恋人同士が一緒に暮らしたことから出会った二匹の雌猫。彼女たちの喧嘩だらけの日々、そして別れを綴る表題作。ほか、日だまりのように温かい「女ふたり」の六つの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

通天閣 (ちくま文庫)

  • 評価3.8レビュー:132件
  • 税込価格:638
  • 出版社:筑摩書房
  • 発行年月:2009.12
  • 発送可能日:1~3日
  • 『さくら』で彗星のように華やかなデビューを飾った西加奈子の第4作にあたる長編小説。冬の大阪ミナミの町を舞台にして、若々しく勢いのある文体で、人情の機微がていねいに描かれていく。天性の物語作者ならではの語り口に、最初から最後までグイグイと引き込まれるように読み進み、クライマックスでは深い感動が訪れる。このしょーもない世の中に、救いようのない人生に、ささやかだけど暖かい灯をともす絶望と再生の物語。この...

きいろいゾウ (小学館文庫)

  • 評価3.8レビュー:700件
  • 税込価格:723
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2008/03/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 夫の名は武辜歩、妻の名は妻利愛子。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う都会の若夫婦が、田舎にやってきたところから物語は始まる。背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家のムコは、周囲の生き物(犬、蜘蛛、鳥、花、木など)の声が聞こえてしまう過剰なエネルギーに溢れた明るいツマをやさしく見守っていた。夏から始まった二人の話は、ゆっくりと進んでいくが、ある冬の日、ムコはツマを残して東京へと向かう。それ...

あおい (小学館文庫)

  • 評価3.4レビュー:172件
  • 税込価格:503
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2007/06/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 二七才、スナック勤務のあたしは、おなかに「俺の国」と称した変な地図を彫っている三才年下のダメ学生・カザマ君と四か月前から同棲している。ある日、あたしは妊娠していることに気付き、なぜか長野のペンションで泊り込みバイトを始めることに。しかし、バイト初日、早くも脱走を図り、深夜、山の中で途方に暮れて道の真ん中で寝転んでしまう。その時、あたしの目に途方もなく美しい、あるものが飛び込んでくる—。表題作を含む...

おまじない (ちくま文庫)

  • 評価4.0レビュー:53件
  • 税込価格:682
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2021/03/12
  • 発送可能日:24時間
  • 少女、モデル、キャバ嬢、レズビアン…。社会の価値観に縛られ、「生きづらさ」を感じている「女の子」たちが「おじさん」のなにげない一言で救われ…。全8編を収録。長濱ねると著者の特別対談を加えて文庫化。〔2018年刊に対談「どんなときでも、寄り添ってくれる言葉」を収録〕【「TRC MARC」の商品解説】

    西加奈子作品史上最も"刺さる"珠玉の短編集 待望の文庫化!
    【西加奈子...

小説版韓国・フェミニズム・日本

  • 評価4.2レビュー:6件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:河出書房新社
  • 発売日:2020/05/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 『文藝』2019年秋季号の特集「韓国・フェミニズム・日本」から日韓の書き手たちによる短編小説を集め、単行本化。ママ友同士の愛と連帯を描いた「離婚の妖精」のほか、松田青子の書き下ろしなどを加え、12編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

サムのこと 猿に会う (小学館文庫)

  • 評価3.8レビュー:19件
  • 税込価格:539
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2020/03/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 雨のなか、様々なことが定まらない二十代男女5人が、突然の死を迎えた仲間の通夜に向かい…。人生の踊り場のようなふとした隙間に訪れる、「何かが動く」瞬間を捉えた初期3作を新たに編んだ短編集。dTVドラマの原作。【「TRC MARC」の商品解説】

    西加奈子初期名短編を乃木坂46でドラマ化

    午後から雨になった。東海道五十三次の絵なんかに出てきそうな、斜めに降る、細...

まにまに (角川文庫)

  • 評価3.7レビュー:24件
  • 税込価格:748
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2019/02/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 嬉しくても悲しくても感動しても頭にきても泣けるという、喜怒哀楽に満ちた日常、愛する音楽・本への尽きない思い…。「サラバ!」で多くの人に“信じる勇気”を与えた西加奈子のエッセイ。13編を追加収録。〔2015年刊の改訂増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

    嬉しくても悲しくても感動しても頭にきても泣けてくるという、喜怒哀楽に満ちた日常、愛する音楽・本への尽きない思い。『サラバ!...

サラバ!(小学館文庫)セット

  • 税込価格:2,310
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2017/10/06
  • 発送可能日:24時間
  • 商品タイプ:セット商品
  • 【直木賞(152(2014下半期))】1977年、歩は父の海外赴任先のイランで生まれた。イラン革命のあと、小学生になった彼は、父の新たな赴任先であるエジプトへ向かう。そこで、ヤコブというエジプト人の少年と出会い…。【本の内容】

サラバ! 中 (小学館文庫)

  • 評価4.1レビュー:115件
  • 税込価格:770
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2017/10/06
  • 発送可能日:24時間
  • 【直木賞(152(2014下半期))】両親の離婚、帰国。次第にバラバラになっていく母子3人。そんな中、阪神神戸大震災が起こり、歩は逃げるように東京へ。学生生活を経てライターになった彼は、ある取材を依頼される。そこには変わり果てた姉が絡んでいて…。【「TRC MARC」の商品解説】

    2015年本屋大賞2位!作家10周年作品

    両親の離婚、そして帰国。母の実家の...

十歳までに読んだ本

  • 評価4.0レビュー:27件
  • 税込価格:1,760
  • 出版社:ポプラ社
  • 発売日:2017/07/12
  • 発送可能日:24時間
  • 西加奈子、益田ミリ、杏、ミムラ、棚橋弘至、小川糸、森見登美彦、原田マハ、犬童一心…。作家、女優、映画監督ら70名が、子どものころに読んで心を揺さぶられた本について語る。【「TRC MARC」の商品解説】

    子どもの頃、どんな本を読みましたか? 心を揺さぶられた物語、勇気をもらった言葉、憧れの主人公――小川糸、森見登美彦、宮下奈都、辻村深月、吉岡里帆をはじめ、作家、女優、映画監督...

走れメロス 太宰治短編集 (講談社青い鳥文庫)(講談社青い鳥文庫 )

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

走れメロス 太宰治短編集 (講談社青い鳥文庫)

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:770
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2017/02/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 暴君を殺そうとして死刑を言いわたされたメロスは、身代わりとなってくれた親友を守るために、命がけで走る! 日本文学の名作とうたわれる表題作をはじめ、珠玉の全7編を収録。西加奈子の解説も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    暴君ディオニスを殺そうとして死刑を言いわたされたメロスは、妹の結婚式に出るために、親友のセリヌンティウスに身代わりになってもらう。「3日以内に戻ってくる。...

舞台 (講談社文庫)

  • 評価3.4レビュー:159件
  • 税込価格:660
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2017/01/13
  • 発送可能日:1~3日
  • ニューヨークを訪れた29歳の葉太は、滞在初日で盗難に遭い、無一文に。虚栄心と羞恥心に縛られた葉太は、助けを求めることすらできないまま、マンハッタンを彷徨う羽目に…。巻末に西加奈子と早川真理恵の特別対談を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    29歳の葉太はある目的のためにニューヨークを訪れる。初めての一人旅、初めての海外に、ガイドブックを暗記して臨んだ葉太だったが、滞在初日...

30代作家が選ぶ太宰治 (講談社文芸文庫)

  • 評価4.4レビュー:4件
  • 税込価格:1,485
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2016/04/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 38歳で歿した太宰治の短篇を、7人の現代作家が同世代の眼で選んだ作品集。青木淳悟・選「新樹の言葉」、朝吹真理子・選「親友交歓」、滝口悠生・選「葉」、西加奈子・選「皮膚と心」などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    「ときどき何だか恋しくなって、うっかりページをひらいてしまう」(朝吹真理子選「親友交歓」)、
    「悲嘆にくれながら笑い、怒りながらおどける。背反を抱え、そ...

炎上する君 (角川文庫)

  • 評価3.6レビュー:162件
  • 税込価格:572
  • 出版社:角川書店
  • 発売日:2012/11/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 散歩中に拾った、自分と同じ機種の携帯電話。その携帯に届いたメールに何の気なしに返信した私は、返ってきた温かいメールに励まされ、やがて毎日やりとりを始める―(「空を待つ」)。我々は足が炎上している男の噂話ばかりしていた。ある日、銭湯にその男が現れて―(「炎上する君」)。何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さいけれど大きな変化。奔放な想像力がつむぎだす愛らしい物語。【「BOOK」デー...

こうふくあかの (小学館文庫)

  • 評価3.3レビュー:61件
  • 税込価格:503
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2011/05/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 結婚して十二年、三十九歳の調査会社中間管理職の俺の妻が、ある日、他の男の子を宿す話。二〇三九年、小さなプロレス団体に所属する無敵の王者、アムンゼン・スコットの闘いの物語。この二つのストーリーが交互に描かれる。三十九歳の俺は、しだいに腹が膨れていく妻に激しい憤りを覚える。やがてすべてに嫌気がさした俺は、逃避先のバリ島で溺れかけ、ある光景を目にする。帰国後、出産に立ち会った妻の腹から出てきた子の肌は、...

こうふくみどりの (小学館文庫)

  • 評価4.0レビュー:82件
  • 税込価格:628
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2011/04/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 「お前んち、いっつもええ匂いするのう。」そう言った転校生のコジマケンが気になる緑は、まだ初恋を知らない十四歳。夫(おじいちゃん)が失踪中のおばあちゃん、妻子ある男性を愛し緑を出産したお母さん、バツイチ(予定)子持ちの藍ちゃん、藍ちゃんの愛娘、桃ちゃん。なぜかいつも人が集まる、女ばかりの辰巳一家。そして、その辰巳家に縁のある、謎の女性棟田さん。それぞれの“女”が人知れず抱える、過去と生き様とは—。二...

ダイオウイカは知らないでしょう

  • 評価3.6レビュー:34件
  • 税込価格:1,540
  • 出版社:マガジンハウス
  • 発行年月:2010.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 小説家・西加奈子と、文筆家・せきしろが短歌界、作家界、お笑い界、ミュージシャン界、女優界など様々な世界のゲストが出した題にちなんだ短歌を詠む。『アンアン』連載に加筆修正し書き下ろしを加え単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

漁港の肉子ちゃん 1 (バーズコミックススペシャル)

  • 税込価格:770
  • 出版社:幻冬舎コミックス
  • 発売日:2021/05/24
  • 発送可能日:24時間
  • 北陸の、とある港町。漁港の焼肉屋さんで働く、まぁるくて、元気すぎる大阪弁な母・肉子ちゃん。そして、クルミのような可愛い目、痩せっぽちな小学生・キクりんは、毎日を賑やかに生きている……。
    肉子ちゃんこと「見須子菊子」は、大阪、名古屋、横浜、東京と……仕事を転々。若いころから男運の悪さは抜群で、騙されてばかり。ついには、書き置きを残して蒸発した男を追いかけて、8歳だったキクりんと一緒にこの町に流...
検索結果 86 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。