サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31 ※未ログインのみ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 579件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2023/04/18
  • 出版社: 河出書房新社
  • ISBN:978-4-309-03101-9
一般書

くもをさがす

著者 西加奈子

カナダでがんになった。あなたに、これを読んでほしいと思った。これは、たったひとりの「あなた」への物語ーー祈りと決意に満ちた、西加奈子初のノンフィクション『くもをさがす』は...

もっと見る

くもをさがす

税込 1,540 14pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.9MB
Android EPUB 3.9MB
Win EPUB 3.9MB
Mac EPUB 3.9MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

カナダでがんになった。
あなたに、これを読んでほしいと思った。

これは、たったひとりの「あなた」への物語ーー
祈りと決意に満ちた、西加奈子初のノンフィクション

『くもをさがす』は、2021年コロナ禍の最中、滞在先のカナダで浸潤性乳管がんを宣告された著者が、乳がん発覚から寛解までの約8 ヶ月間を克明に描いたノンフィクション作品。
カナダでの闘病中に抱いた病、治療への恐怖と絶望、家族や友人たちへの溢れる思いと、時折訪れる幸福と歓喜の瞬間――。
切なく、時に可笑しい、「あなた」に向けて綴られた、誰もが心を揺さぶられる傑作です。

● 『くもをさがす』へ寄せられた声

思い通りにならないことと、幸せでいることは同時に成り立つと改めて教わったよう。
――ジェーン・スーさん(コラムニスト)

読みながらずっと泣きそうで、でも一滴も泣かなかった。そこにはあまりにもまっすぐな精神と肉体と視線があって、私はその神々しさにただ圧倒され続けていた。
西さんの生きる世界に生きているだけで、彼女と出会う前から、私はずっと救われていたに違いない。
――金原ひとみさん(作家)

剥き出しなのにつややかで、奪われているわけじゃなくて与えられているものを知らせてくれて、眩しかったです。関西弁のカナダ人たちも最高でした。
――ヒコロヒーさん(お笑い芸人)

読み終わり、静かに本を閉じても心がわさわさと迷う。
がんの闘病記という枠にはとてもおさまらず、目指す先はまったく別にあることに気づかされた一冊。幸せいっぱいのときに、それを失う恐怖心が同時に存在するパラドックスに気づくと、上手くいったとしてもイマイチでも、自分なりに納得できる瞬間の積み重ねが人生なのだとあらためて知る。
――高尾美穂さん(産婦人科医)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー579件

みんなの評価4.2

評価内訳

きっと何度でも読み返すだろう

2023/07/11 16:17

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本の世界にはまちがいなく「闘病記」というジャンルがあり、
 さまざまな病気に罹患した人たちの記録が出版されている。
 もしかしたら直木賞作家の西加奈子さんの『くもをさがす』も
 そんな「闘病記」のジャンルにいれられるのかもしれないが、
 これは「闘病記」ではない。
 本文にこんな文章が出てくる。
 「私は闘病、という言葉を使うのをやめていた。(中略)
 これはあくまでも治療だ。闘いではない。たまたま生まれて、
 生きようとしているがんが、私の右腕にある。
 それが事実で、それだけだ。」

 といえ、それほど言葉も堪能ではないカナダで
 乳がんを宣告され、抗がん剤治療さらには両乳房摘出手術を行うことになった彼女に
 不安がなかったわけではない。
 さらには抗がん治療の最中にコロナにも感染し、
 どうして自分なんだろうと思わないわけでもなかった。
 がんが見つかってからつけはじめた日記に「もう許してください」と書いたのも
 この頃のことだ。
 それでも、彼女は「コロナそれ自体に責任はない」と綴る。

 そんな彼女だから、がん宣告からの日々を綴った文章は
 まるでわきいでる清水のようにきらめいている。
 強いのだ、生きているのだ。
 そして、それは西加奈子さんだけでなく、誰もがそうなのだ。
 だから、これは最後に彼女が
 「あなたに、これを読んでほしいと思った。」と書いているように、
 あなた(読者)や私に手渡された手紙なのだ。

 「私は、私だ。私は女性で、そして最高だ。」
 そんな強い言葉を書く彼女からの
 やさしい手紙なのだ。
 返信はあなた(読者)の心が書くだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

捜すクモとは何であろう

2023/05/10 16:14

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

腋窩リンパ節転移を伴う右乳がんと診断された作者が、その告知の日から、術前化学療法を経て、がんさーバイアとなっていく日々を綴ったエッセイ。化学療法によりCRを得、BRCA2遺伝子異常を有するために両側乳房切除を受けた彼女の生活は激変したかと思いきや、友人らの支援や、カナダの風土が、うまく守ってくれたようだ。しかし、治療中、自分の死を強く意識し、死を身近に感じたことにより、死がもたらす不在の感覚と死に対する恐れに直面し、心の構えみたいなものが変化したようだ。人生に一切の保証がないことを自覚しなくては。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

トンネルの出口に向かって

2023/05/07 15:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愛すプラント - この投稿者のレビュー一覧を見る

正に! 同じ癌が見つかり手術待ちの時に、この本と出会った。戦いはこれから。今はトンネルの入り口を少し入ったあたりか。暗いトンネルの中で何度も読み返すんだろうな。癌は十人十色と言われているので全く同じ行程では無いけれど、「出口までがんばろな」と支えてくれそうな一冊。関西弁の明るい会話がシリアスな現実に勇気をくれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自らを取り戻すために。

2023/12/11 14:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

何を愛し、何を嫌悪し、何に恐れを抱くのか。
我々は歳を重ねるごとにありとあらゆるものから影響を受け、その度に本来自分が持っていたそれらを手放してしまう。
しかし著者は、そうして手放してしまった幾多もの自分の破片を掛け合わせ、自分が自分であることを取り戻していく。

また著者は自分を取り戻す過程の中で、カナダに住むからこそ見えてきた、世間や社会に蔓延る呪縛を言語化することに試みる。
町に溢れる「こうであれ」「こうなってはいけない」といった扇情的で脅しの様な広告の数々や、一向に変わらない美の基準への懐疑的な視点には共感せざるを得ない。
本来自分自身が楽しむため、自分を幸せにするためのファッションにタブーが存在することへの違和感。
幸せになりたいと願うのではなく、幸せそうと思われたいという願望。
自らの意志を悉く侵食していく、他者からどう思われるかや見えるかという考えから、著者は自らを解放する。

自分を取り戻し自分を解放するためには、著者の言うとおり「自分が、自分自身がどう思うか」が大切なのだろう。
呪いにもなり福音にもありうる言葉を、自らを鼓舞し励ますため、自分で自分を定義するために駆使する著者の姿はとても眩しい。
そして何より、そうした彼女の言葉は我々読者にとっても福音となるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者に寄り添いたい気持ちになりました

2023/08/08 12:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:higassi - この投稿者のレビュー一覧を見る

コロナ禍×異国生活×がん闘病という途方に暮れてしまうような状況にありながら、家族や友人とのつながりを糧に何とか前向きになろうとする、でもときどき打ちひしがれそうになる、そんな姿に、言葉をかけるよりも寄り添ってあげたいという気持ちになりました。これまでの西加奈子さんの作品の登場人物たちを思い浮かべながら「本当の強さ」とはなんだろうと思いを巡らせました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

驚くこと多かりし

2023/10/11 21:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

外地で病気にかかること程不安なことは無い。
癌にかかり医療体制も日本と大きく違う地で、英語を使って自分の意志を伝えなくてはならない環境・・・それだけでも大変なハードルだ。
体長の悪さ、不安等が有るにもかかわらず、カナダの看護師さんたちが底抜けに明るいのか、それを一緒に楽しんでいるような作者の心の広さ!?を感じられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

世界一受けたい授業を観て買いました

2023/12/31 13:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sachi - この投稿者のレビュー一覧を見る

・人とのつながり
とにかく沢山の人達の名前が出てくることに驚いた。
家族、たくさんの友人、医療従事者。西さんは、いろんな人たちに支えられてがん治療をされていたこと、人の支えがとても重要で温かいということが強く伝わってくる。

・日本とカナダの違い
カナダは、とにかく待たされるし、医師と連絡取りづらかったりで対応が雑。しかし、気の持ちようやファッションが自由で、病人扱いせずみな自立している。他国を知らない私は、おおらかでいいなぁと思った。

・術後の体
西さんは胸を失った自分の体が好きだ、と書いている。私だったら辛くてそう思えないと思う。そう書いてくれて読者としてホッとした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

乳がん

2023/06/16 19:18

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

実は、乳がんは、我が親族は多くて……。(自分はまだ)それで、手に取りました。すると、西加奈子さんの、カナダでの乳がん闘病記が!ノンフィクションだから、迫ってきます。ぜひ、女性には読んで頂きたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

そうか、

2023/04/24 12:42

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Lunetta - この投稿者のレビュー一覧を見る

同病ですがまったくダメでした。
孤独と不安の只中で、これらをほどいてくれる言葉を期待してしまった。作家先生なら、これ!という言葉にしてくれるに違いない!と。読み進めるのが苦しくて、逆にキュッと固くなった。
期待しすぎはダメですね。立場や環境や病状によって闘病もそれぞれだということ。弱った心と体には少し強すぎました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/04/28 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/16 13:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/05/31 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/18 03:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/20 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/06/27 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。