サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ウニはすごいバッタもすごい デザインの生物学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウニはすごいバッタもすごい デザインの生物学(中公新書)
ウニはすごいバッタもすごい デザインの生物学(中公新書) ウニはすごいバッタもすごい デザインの生物学(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/20
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/321p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102419-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ウニはすごいバッタもすごい デザインの生物学 (中公新書)

著者 本川達雄 (著)

バッタの跳躍、クラゲの毒針、ウシの反芻など、進化の過程で姿を変え、武器を身につけたいきものたちの巧みな生存戦略に迫る。東京工業大学での講義をもとに書籍化。著者が作詞作曲し...

もっと見る

ウニはすごいバッタもすごい デザインの生物学 (中公新書)

907(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バッタの跳躍、クラゲの毒針、ウシの反芻など、進化の過程で姿を変え、武器を身につけたいきものたちの巧みな生存戦略に迫る。東京工業大学での講義をもとに書籍化。著者が作詞作曲したいきものの「褒め歌」7曲の楽譜も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

空を飛ぶ動物といえば鳥と昆虫。
鳥は骨が体内にあり、骨が支えている筋肉を動かすことで羽ばたく。からだを飛ばすためにはたくさんの酸素が必要なので、肺呼吸で取り入れた酸素を血液にのせてからだの隅々まで行き渡らせる。
一方、昆虫の体内には骨がない。かわりにキチン質の硬い皮で体を覆い、素早く羽ばたくのに筋肉とクチクラを組み合わせたバネ振り子を使う。昆虫も飛ぶために酸素を必要とするが、肺をもたない。では、どのようにして酸素をからだにとりこんでいるのだろうか――。
同じ飛ぶ動物でも体のつくりがまるで違う。本書は、刺胞動物、節足動物、軟体動物、棘皮動物、脊索動物の五つのグループを取り上げ、それぞれに異なる体のつくりを持ち、それぞれに繁栄しているその多彩な世界を紹介する。
【本の内容】

刺胞動物、節足動物、軟体動物、棘皮動物、脊索動物。陸で、海で、空で生き抜くために進化した、生物たちの体のつくりの秘密に迫る!【本の内容】

著者紹介

本川達雄

略歴
〈本川達雄〉1948年仙台生まれ。東京大学理学部生物学科(動物学)卒業。東京工業大学名誉教授。理学博士。専攻は動物生理学。著書に「ゾウの時間ネズミの時間」「生物多様性」「生物学的文明論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者流の「生物学」講義を聴いているよう。

2017/04/28 19:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

動物形態学講義というタイトルで著者はこのような講義をしていたのではないかな、と想像しながら読んだ一冊。教科書的な内容にとどまらず、自身の研究から得た考え方などがふんだんに盛り込まれていてとても面白い一冊になっていると思う。

動物の中でも著者の研究してきたものが中心なのでナマコ(棘皮動物門)やサンゴ(刺胞動物門)などに多くのページが使われている。哺乳類などに興味のある人は少しがっかりするかもしれないが、形からその生き物の性質が「こうなる」と展開していく説明はとても面白く納得させられる。ウミユリ、ヒトデ、ウニ、ナマコがなぜ同じところに属しているのか、も構造を単純化して考えると関係が良くわかる。

ヒトデの星形の「なぜ5なのか」を考察するのに植物の「花弁の数」も持ち出してくるあたりは楽しい。楽しいだけでなく、このような柔軟な考え方も大事なことを考えさせられた。

これまでの著書でも、扱った生き物の歌を作詞・作曲して掲載してきた著者。本書でも期待通り楽しい歌が載っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歌う生物学

2017/05/11 21:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

群体マーチなど巻末に筆者作詞作曲の楽譜付きの歌が載せられている。
様々な生物の生活する場での、適応した体の形とその仕組みを案内してくれる。進化についても考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

講義は さぞ楽しそう!

2017/08/13 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみしょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

生物学の専門的な事柄を 楽しく学べる。
作詩作曲までなさり、譜面が記載されてるなんて! いやぁ 面白く勉強できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい

2017/11/24 09:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて楽しい本であり、研究テーマとはいえ、その蘊蓄に感心する。一気に読むよりは、少しずつ読み進める方が味わいが深まるだろう。昆虫に始まり、普段は縁遠いサンゴやヒトデのこと、食用としても馴染みがあるウニ、ナマコ、ホヤなどの話は新書版ではあるが、圧巻である。著者が東工大で行った講義がもとになった内容だそうだ。先生得意の歌も出てくる。
 「ゾウの時間 ネズミの時間」もおもしろいが、充実度満点のおもしろさがあり、売れているのも頷ける。840円+税 の値段はお得だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/30 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/11 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/16 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/30 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/27 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/23 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/29 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/03 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/02 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/16 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/11 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む